どん亭開南店が独自の進化をとげている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ほぼ沖縄ローカルといってよい、牛丼チェーン店の「どん亭」。どん亭開南店はどん亭の中でも独自の進化をとげているらしい。というわけで今回はどん亭開南店よりお送りします。

沖縄ローカルっぽい牛丼チェーン「どん亭」


(この写真はどん亭安里店)

沖縄に住んでいる方は「どん亭」に一度くらいは行ったことがあるんじゃないでしょうか?

吉野家が狂牛病騒ぎで牛丼を自粛していたときも、粛々と牛丼を出し続けていた「どん亭」。国際通りで酒を飲んだ帰りに締めで立ち寄って、あまりのボリュームに気持ち悪くなってしまった「どん亭」。

そんなどん亭ですが、実は焼肉「安安」の系列店だというのをご存じだったでしょうか。…僕は知らなかったのでなんかすごくびっくりしました。

http://www.fuji-tatsu.co.jp/dontei/index.html

そしてホームページを見る限り、どん亭は沖縄に4店舗、神奈川に2店舗があるのみのようです。

どん亭のメニュー一覧
牛丼メイン

そんなどん亭ですが牛丼を中心に、カレー、沖縄そばなどを食べることができます。

 

どん亭開南店だけなにかが違う

そして、本日の話題ですがこの「どん亭」、明らかに開南店だけが独自路線を突き進んでいるのです。
というわけで本日はどん亭開南店よりお送りいたしたいと思います。

 

1.開南どん亭のここがスゴイ メニューがオリジナル

まずはお店の前から。ステーキ丼なるメニューがあります。

さらにお店の前。鶏モモ唐揚げライスなるメニューも。


お店の中のメニューも。多分どん亭って牛丼がメインだと思うのですが、牛丼よりもステーキ丼がものすごいプッシュされてます。

ステーキ丼は単品290円。さらに週末・平日もステーキ関連の料理は安くなっている模様。

 

2.開南どん亭のここがスゴイ 沖縄そば食べ放題

そして、先ほどからちらほら写真に写り込んでいるので気になっている方も多いと思いますが「沖縄そば食べ放題!」の文字が。

なんとどん亭開南店では、19-24時の店内飲食時限定で「沖縄そばの食べ放題」ができるのです。

システム的には店内で300円以上の食事をした場合は、200円プラス、唐揚げメニューは100円プラスで沖縄そば食べ放題ができるようです。

 

沖縄そば食べ放題に挑戦

せっかくなので沖縄そば食べ放題を体感してみることにします。沖縄そば食べ放題は食券機から購入できるようです。

今回は唐揚げメニューとそれ以外を頼んだので200円と100円の食べ放題食券。

頼んだのはWステーキ丼(390円)と

表にも飾ってあった鶏モモ唐揚げライス(500円)。どちらも割と大盛りで結構なコストパフォーマンスです。

そしてこれが「沖縄そば食べ放題」。頼むと小さめの器に入った沖縄そばと「沖縄そばおかわりカード」なるものが出てきます。沖縄そばを食べ終わったら、カウンターにおかわりカードと空の器を置くとおかわりができるシステム。

どん亭開南店の沖縄そばは、カマボコ・ネギ・錦糸卵が具になっていて、カツオベースのあっさりとした沖縄そば。食べ放題とはいえ、しっかりとした味付けで普通にうまいです。

食べ終わってカウンターに置くと

おかわりが出てきました。沖縄そばの永久機関の完成です。

わんこそば感覚でひたすら食べられますが、割とメインの料理もボリューミーなので僕は3杯が限界でした。

 

どん亭開南店に急げ

というわけで、どん亭の開南店のご紹介でしたが、なぜ開南店だけが独自の路線を突き進んでいるのかは結局謎のままでした。推測ですが、このあたりは農連市場なども近く、割と安価でがっつり食べられる食堂が多いような気がします。

それらの食堂に対抗するため、どん亭開南店では独自のメニューや食べ放題などをやっているのではないでしょうか。

まぁ、4店舗しか沖縄にはどん亭がないので独自路線ともいえないのかもしれませんが。

ともあれ、沖縄そばならいくらでも食べられるという猛者やどん亭ファンは是非開南店にいってみてください。ただ、沖縄そば食べ放題をするとついつい食べ過ぎてしまうので、お気をつけください。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ