モズクを麺に見立てて食べてみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モズクってよく見たら麺みたいに見えないだろうか。麺みたいにモズクを食べてみよう。そこにはきっと新しい世界が広がっているはずだから。

モズク。沖縄県のモズクはオキナワモズクという種類だそうで養殖もさかんです。

モズクの方言名は「スヌイ」。スヌイは「酢のり」から来ており、モズク酢として昔から食べられてきたのではないかと思われます。最近は天ぷらなんかもよく見かけますよね。

さて、そんなモズクですが、かつてDEEokinawaでは「流しもずく」はじめましたという記事でモズクをそうめんに見立てて流すという試みを行いました。今では結構流しモズクはイベントなどで行われているらしいですが、これが先駆けなんじゃないかと勝手に思っています。

そう。モズクは麺っぽいのです。

最近はロカボやらなんやらで糖質を含まない麺をレストランなどでも選べる時代がやってきました。そろそろモズクを麺として色々なものに活用する時代がそこまで来ているのではないでしょうか。

ではモズクはどこまで麺らしく振る舞えるのでしょうか。試してみました。

 

まずは王道、めんつゆ

というわけでまずはざるそばのそばの代わりにモズクを食べてみます。

これは皆さん、想像がなんとなくつきますよね。普通にうまいです。以外だったのはざるそばに付属の海苔。海藻に海藻なので全然ノーマークだったのですが、ちょっと味にアクセントがついてさらにおいしくなります。そのうちざるもずく、みたいな料理がでてきてもいいのではないかと思います(もうあったらすみません)。

 

じゃあ沖縄そばはどうだ

それでは沖縄県民の常食麺「沖縄そば」の麺をモズクにしてみたらどうでしょうか。余談ですが、沖縄そばにはモズクが入った「もずくそば」というメニューがあったりします。それの麺抜きのイメージですね。

なんということでしょう…!

完全に「モズクスープ」になりました。味はなかなか美味しいのですが、完全にモズクから「麺要素」が消え去りました。量が少なすぎたのかもしれない…と思い大量にモズクをいれてはみましたが、どこまで行ってもスープの具としてモズクが一歩後ろに引いてしまいました。

モズクスープとしては成立しましたが、沖縄そばとしては成立しない感じ。いや、食べる分にはそれでいいんですけど。

 

ラーメンならばあるいは

もう二番目の沖縄そばからすでに麺として成立してないのですが、ラーメンならばどうでしょうか。

用意したのはカレーヌードルとシーフードヌードル。もしもこれでモズクが麺として成立するならば、日清さんは麺の代わりに乾燥モズクをもどすタイプのカップヌードルを発売するべきだと思うのです。アイディア料ください。

予想外のことがおきました。

全然味がしないのです。うっすいカレー味のモズクを食べてる感じになりました。なんで?

海のものつながりで相性がよいのでは、と思ったシーフードヌードルもまさかのほぼ無味。カップヌードルの麺は少し縮れていてスープが絡みやすいのと、お湯で戻しているうちにスープを吸い込んで麺の味がしっかりとしてるのだと思います。

残念ながらモズクが入り込む余地はありませんでした。

 

ひょっとしたらパスタ

これまで「モズクは麺っぽい」という認識で突き進んできた企画ですが、暗雲が立ちこめてまいりました。でもここで終わる訳にはいきません。

パスタソースです。パスタソースをモズクにかければあるいは…!

ミートソースパスタならぬ、ミートソースモズク。うん。なんでしょうか。よく分からない味になってしまって混乱してしまいましたが、味は「ミートソースとモズク」。それ以上でもそれ以下でもありません。麺要素は皆無でした。

軽いグロ画像みたいになってすみません。モズクカルボナーラです。これがですね。全然あいませんでした。モズクをパスタ代わりにするのはかなり無理がありそうです。

パスタってあの麺の小麦の味があって始めて麺として成立してるのだな、というのがよく分かりました。

 

モズクは麺になり得ない


ボツ案:冷やし中華風

さて、モズクを麺のように食べる…色々試してみたのですが結局の所、ギリギリそばつゆで成立しただけで他はたいして美味しくないという結果に終わりました。結局のところ、モズクは三杯酢か天ぷらで食べるのが個人的にはベストなんじゃないかと思います。

本日は以上です。

月間ベストワースト受付中

関連する記事

フォローしたらいいことあるかもよ

DEEokinawaの新着記事や裏話、面白写真などが毎日届くかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ