2016.12.22

ほっこり人情味あふれる読谷物産館新聞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
読谷村のむら咲むらの向かいにある読谷物産館。レストランと土産物店が入った施設なのだが、地元スタッフの方が作ったという手描き新聞がなかなかいい味を出しているのでご紹介したい。

読谷物産館の手作り新聞

読谷村に『むら咲むら』という観光施設があるのはご存じの方も多いかと思いますが、道路を挟んで向かい側、広い駐車場側に『読谷物産館』という建物があります。

newspaper01.jpg

店内にはレストランと土産物店があり、むら咲むらを訪れる観光客がついでに立ち寄っていく一方、県民はなかなか訪れる機会の少なそうな施設です。そのなかで、パンフレットなどが置かれているコーナーでちょっと面白いものを見つけたのでご紹介したいと思います。

それがこちら。

物産館新聞。

読谷生まれ、読谷育ちの物産館スタッフ松田さんという女性が作られているそうです。

A4サイズのチラシをコピーしたものがバックナンバーも含め数部ずつクリアファイルに収められているのですが、その内容はすべて手描き。文字も絵もめちゃくちゃ上手いというわけではないのですが、丁寧に作られていてものすごく温かみがあり、ひと目見てハートをぐっと掴まれました。

内容は「トーカチ」や「カジマヤー」「タンカーユーエー」など沖縄ならではの行事についてわかりやすく説明されていたり、物産館のイチオシ商品や新入荷商品などの情報、村内のイベント情報などがぎっしりと詰まっています。おもわずバックナンバーがあるものは全て1部ずつお持ち帰りしてしまいました。

その他にも、ちょいちょい趣向を凝らしたディスプレイが楽しい店内。


どうです気になるでしょう

むら咲むらの近くを訪れた際には是非物産館にも立ち寄り、松田さんの人情味あふれる手描き新聞をチェックしてみてくださいね。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ