2013年、空弁の旅

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
空港で販売されているお弁当「空弁」。那覇空港にはどれくらいあるのだろうか。

沖縄の空弁を食い尽くせ

普段全く出張がない(出張するような仕事がない)DEEokinawaですが、昨日miooonが言及しているように東京に出張する機会がありました。せっかくの出張なので、何かネタをやらねば…!ということでスイカを持って行ったりしたわけですが、本日は空弁についてお送りしたいと思います。

「空弁(そらべん)」とは空港で販売されているお弁当のことで駅弁の空港版という感じですが、那覇空港にも結構空弁があるらしいのです。そこで今回は出張にかこつけて那覇空港にある空弁を集めて食べてみようという話になりました。

 

空弁を探してみる

それでは早速、那覇空港にて空弁を探してみましょう。

まずは出発ロビーの外にある空港2階のファミリーマートから。那覇空港限定の空弁を扱っています。

空弁っぽいのは「焼鯖寿司」「琉球島和牛のサイコロステーキ弁当」「琉球島和牛のゴーヤータコライス」の3品。他にもじゅーしーおにぎりだったり、タコス巻きだったり、ポーク卵おにぎりなどが空弁ブースで販売されていました。

続いて出発ロビー内の売店の空弁を探してみます。

うちなー御膳
黒米やもずくてんぷら、クーブイリチーなど沖縄のもの9品が入ったお弁当
あぐー丼
沖縄在来豚あぐーの焼肉弁当っぽい感じ
大東寿司
大東島名物、大東寿司はこの日入荷待ち。
紅豚しょうが焼き
沖縄のブランド豚、紅豚のしょうが焼き弁当。まさかの1200円。
黒糖味噌かつサンド
カツサンドのソースが黒糖味噌らしい
沖縄彩り御膳・炙り角煮丼・ゴーヤー丼
ご飯の上にそれぞれのものが乗ってる感じのお弁当
美(ちゅ)らサンド
ゴーヤーとサーモンとローストビーフとBLTのサンドイッチ
愛(かな)サンド
豚肉のミルフィーユカツのサンドイッチ
らふてぃ寿司・ぐるくん寿司
この日はまだ入荷していなかった
がんじゅうしぃー
ジューシーおにぎりが月桃の葉でつつまれたもの
黒米おにぎり・ポーク卵おにぎり
黒米のおにぎりと定番のポーク卵おにぎり
ゴーヤーラフテー丼
ラフテー+ゴーヤーチャンプルーがご飯の上に

…どうせそんなに種類も無いだろうと思っていたのですが、那覇空港内には20〜30種類は空弁があるようです。これを全部集めて食べ比べるのは金銭的にも体力的にも無理がある…!

 

食い尽くせないのでいくつか食べてみる

というわけで、全部は食べられませんので編集部でいくつかピックアップして試食するということになりました。

アグーのメンチカツサンド

アグー焼肉で有名な那覇市久茂地川沿いの「炭火焼と泡盛 玄」がプロデュースした、「あぐーメンチカツサンド(780円)」。

赤いパッケージが眼をひきます
中にはふっくらしたメンチカツサンドが3切

メンチカツは分厚く、柔かでジューシーなお肉。3切れは少ないかなとも思いましたが、見た目以上にボリュームがありました。ただ冷たさが気になったので、レンジで温めて食べるとより美味しいかもしれないです。

 

沖縄名物 ポーク卵むすび

「沖縄名物ポーク卵むすび(650円)」。ポーク卵おにぎりは沖縄っぽいし、手軽に食べられるファーストフードだと思います。

こちらが蓋を開けたところ。うん…なんか違う。想像していたポーク卵おにぎりと。こちらは玉子の寿司の反対側にポークがついているような形状になっています(ご飯は酢飯じゃなくて普通のご飯)。左隅に添えられているのはガリ。全体的に寿司とおにぎりの中間をいっているようなものでした。

沖縄で売られているポーク玉子おにぎりって割と大きめなので、こんな感じで小さいサイズだと確かに食べやすいのかな、と思いました。…味は普通でした。

 

うちなー食堂 スパムカツゴーヤーエッグサンド

ハムカツならぬスパムカツとゴーヤー入りのたまごサラダを挟んだ「スパムカツゴーヤーエッグサンド(600円)」。

濃厚な味のスパムカツとやさしい味のたまごサラダが好バランス。こちらもあぐーメンチカツサンド同様、3切れ入りですが見た目以上のボリュームがあるので、空弁のなかではコストパフォーマンスが高いほうなのではないでしょうか。ゴーヤーは少し無理やり入れた感がしないでもありません。パンがふわっふわで美味しかったです。

ゴーヤーが苦手な人は姉妹品のスパムカツエッグサンドをどうぞ。

 

琉球島和牛のゴーヤータコライス

こちらは先述の通り、空港内のファミリーマートで販売されている「琉球島和牛のゴーヤータコライス」。お値段は698円です。

ご飯の上にタコライスミートとゴーヤーが乗っている感じのお弁当なんですが、沖縄っぽいものを適当に集めたわけではないようです。ゴーヤーには鰹節がまぶされてチャンプルーになっており、タコスミートもきっちり味がついてます。これは普通にうまい。

 

焼鯖寿司

こちらも空港内のファミリーマートで販売されている「焼鯖寿司(580円)」。沖縄なのに何故鯖なのかは分かりませんが。パッケージによると “油みそを使い沖縄風に仕立てました” とのことです。そこはかとなく漂う無理やり感。

こんがりと焼き目がつけられた鯖
シャリとの間にはガリと油味噌が

香ばしく焼かれた鯖の身が分厚く、しっかりと昆布だし(?)の風味も感じられて美味しかったです。ネタとシャリの間にガリと油味噌が入っており、酸味と甘みが絶妙なバランスでさっぱりと仕上がっていました。機内で食べるにも程よいボリュームです。

 

まとめ


(写真整理してたら旧石垣空港でも空弁売ってた。)

というわけで空弁を集めてみましたが皆さん如何だったでしょうか。

なんか数が多すぎてうまいことまとめられませんでしたが、これから沖縄にご旅行、沖縄から出張などで那覇空港を使われる方は是非チェックしてみてください。

それにしても空弁って、沖縄の要素を凝縮してお弁当にしているわけで、そう考えて改めて各お弁当を見てみるとだいたい、ゴーヤー入れておけばいいか、みたいな風潮を感じます。やっぱり沖縄といえばゴーヤーなんですかね。
あと関係無いですが豚の角煮料理ラフテーは、そろそろ「ラフテー」なのか「ラフティー」なのか統一して欲しいところです。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ