2014.01.15

100円弁当の世界(南部農林高校周辺編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お昼休みの楽しみのひとつ、それは「お弁当」。沖縄のお弁当は安くて美味しい物が多いのです。

沖縄県内で売られている100円弁当のみを取り上げている、100円弁当の世界。
前回は、牧志公設市場周辺で見つけた100円弁当を紹介しました。

100yenbento_05.jpg
牧志公設市場周辺では、太平通りで売っていた
100yenbento_29.jpg
野菜、お肉、魚系とバリエーション豊富でした

ここで言う100円弁当とは、チャーハンやスパゲティ、沖縄そばやタコライスなどの単品料理ではなく、ご飯とおかずが入っていること。探してみると意外と少ないんですよね(100円のお弁当がある事自体が衝撃ですが)。
さて、2回目となる今回は、豊見城市長堂にある南部農林高校周辺のお弁当屋さんで探してみました。

高校周辺がアツイはず

100yennanbu_15.jpg

南部農林高校の周辺には、コンビニの他に4件のお弁当屋さんがあります。どのお店も、お昼時は絶えずお客さんが訪れています。

100yennanbu_14.jpg
南農前商店
100yennanbu_19.jpg
一番安いお弁当で300円
100yennanbu_22.jpg
のりちゃん弁当
100yennanbu_21.jpg
一番安いお弁当で250円

最初に見た2件のお弁当屋さんには100円弁当は売っていませんでした。おにぎりや沖縄そばは100円で売っていたんですけどね。

食堂 美江

100yennanbu_02.jpg

南部農林高校並びにある食堂美江。
パッと見は普通の食堂で、お弁当が売ってなさそうな感じですが、11時過ぎになると店内に並び始めます。

100yennanbu_01.jpg

メニューにもしっかり百円弁当の文字が。
その他には、百円チャーハンや百円そば、250円弁当、ソーキそば300円(安い!)カツカレー350円(安い!)など、どのメニューもかなりリーズナブル。学生はさらに50円引き。こんなに安くていいのか?と心配してしまいますが、お昼時になるとお客さんが続々とやってきます。
探していた100円弁当は2〜3種類。その中から2つ買ってみました。

豚肉たまご(100円)

100yennanbu_07.jpg

まずは豚肉の上に薄焼き玉子が乗ったお弁当。ズシリとした重さがあります。でも100円。

100yennanbu_08.jpg
ごはんはiPhone3枚分くらいの厚みはあるでしょうか。だいたい300グラムくらい
100yennanbu_09.jpg
タレがごはんに染みて美味しい

薄めの上品な味付けで豚肉の味をよく味わえる一品。
肉と御飯の量が同じくらいのボリュームがありますが、タレがご飯に染みて、そこに薄焼き卵も加わるので飽きずに食べられる。箸ではつゆだくご飯が食べにくいので、スプーンでわしわしと豪快に食べたい。

ゆかり+唐揚げ(100円)

100yennanbu_04.jpg

続いてはシンプルな100円弁当。ゆかりがまぶされたご飯に唐揚げが2つ。

100yennanbu_05.jpg
大きな唐揚げが2つ。しっとりモチモチ系
100yennanbu_06.jpg
安定のゆかりご飯

何とも懐かしい味。ゆかりご飯+唐揚げは、運動会の味を思い出すのは私だけでしょうか。
肉々しく油っこいお弁当が多い中、紫蘇のさっぱり感がとてもうれしい。先ほどの豚肉たまごとセットで買うと幸せになれるかもしれません。

100yennanbu_03.jpg

持ち帰りでも甘いアイスティーが付いてきます。あ、甘い!

弁当R2

100yennanbu_16.jpg

南部農林高校から200mくらい離れた場所にある弁当R2。

100yennanbu_25.jpg

こちらはお弁当の種類が豊富でその数は30種類以上!お値段は100円〜400円。どれも見るからにボリューム満点です。

100yennanbu_23.jpg
300円以上買うとサービスそばが付いてくる
100yennanbu_24.jpg
みそ汁は50円。300円以上買うとサービス

お弁当を300円以上買うと、サービスそば(麺は5本くらいだけど)か、みそ汁のどちらかを選べます。お弁当に汁物があるとホッとしますよね。

100yennanbu_17.jpg

レジの横にある100円弁当の棚。こちらの100円弁当はどのようなものでしょうか。

とりマヨ・ぶたマヨ(各100円)

100yennanbu_11.jpg

R2の人気商品だという、とりマヨとぶたマヨ弁当。どちらも味付けした肉に、マヨネーズを掛けたシンプルなお弁当。

100yennanbu_12.jpgのサムネール画像
とりマヨ
100yennanbu_13.jpg
ぶたマヨ

どちらもパッと見は、ご飯の量に対しておかずが少ないように見えますが、どちらのお肉もしっかりと味が付いているので実はちょうどいい。
とりマヨは、マヨネーズがくどいかと思ったけど、しっかり甘めの味付けとマヨネーズがよく合う。
ぶたマヨは、とりマヨと同じ味付けかと思いきや、焼き肉のタレ的な甘辛の味付けでこれまたマヨと合う。
最後は蓋についたマヨネーズをかき集めたくなるくらいの相性。おにぎりバージョンもあるのでお急ぎの方はそちらもOK。

とり+野菜(100円)

100yennanbu_26.jpg

甘辛く味付けされた鶏肉と野菜炒めのハーフアンドハーフ。これも100円です。店頭に並んでいなくても作ってくれました。

100yennanbu_27.jpg
シャキシャキの野菜炒めはだしの味
100yennanbu_28.jpg
鶏は噛めば噛むほど甘みが

鶏の甘辛煮(多分とりマヨと同じ)と野菜炒めの栄養満点コンビ。しっかり味付けされたもも肉の旨味がシャキシャキ野菜の旨味と相まって大満足できるお弁当です。

沖縄のワンコイン弁当は100円弁当

ということで2回目の100円弁当の世界は、南部農林高校付近のお弁当屋さんを紹介しました。
前回の牧志公設市場周辺は、野菜・魚・お肉などバリエーション豊富でしたが、今回はお肉が中心でしたね。高校の近くということもあって育ち盛りの学生には肉が喜ばれるのでしょうか。

場所によってお弁当の中身が変わる、何とも奥が深い100円弁当の世界。次回は中部付近で探してみたいと思います。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ