沖縄のゆるキャラ達に年賀状を送ってみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
沖縄のゆるキャラ達に年賀状を書いたら返してくれるんだろうか。試してみた。

届け!年賀状

さて、年も明けて2014年。すでに旧正月も過ぎてしまい、今更感が半端ないのですが本日は年賀状のネタでございます。

以前、デイリーポータルZさんでゆるキャラに年賀状を出してみるという記事がありまして、記事の中では割とゆるキャラは気さくに年賀状を返してくれているのです。

ならば沖縄のゆるキャラ達に年賀状を出したら年賀状は返ってくるんでしょうか?

というわけで本日は「沖縄のゆるキャラに年賀状を書いてみる」という試みです。

 

ゆるキャラに書いた年賀状

時間を巻き戻して2013年12月30日。しこしこと年賀状を書きしたためます。本当はもっと早く年賀状を出したかったんですが、自他共に認める超筆無精の僕はギリギリまでやる気が起きなかったのです。

沖縄でゆるキャラ、といえばかなりの数がいます。全員に送る訳にはいかないので、今回は沖縄タイムスさんが作った「沖縄ゆるキャラカレンダー」に載っているゆるキャラ19体、さらに琉球新報のゆるきゃら「りゅうちゃん」を加えた計20体に年賀状を書いてみることにします。

これらのゆるキャラたちは沖縄のゆるキャラ達の中でも有名どころ、まさにゆるキャラヒエラルキーの頂点に位置する「沖縄のゆるキャラ20傑」と言えるんじゃないかと思います。

ただ年賀状を送るだけでは味気ない…ということでそれぞれのゆるキャラに童心にかえって質問も書いてみました。きっと子どもだと分かればより年賀状を返してくれるんじゃないか、という下心もアリアリですけど。

ワラビー(沖縄タイムス社)
りゅうちゃん(琉球新報社)
うらちゃん(浦添市)
八重瀬のシーちゃん(八重瀬町)
ピカリャー(竹富町)
アゴマゴちゃん(豊見城市)
ぱいーぐる(石垣市)
護佐丸(中城村)

中城村の護佐丸の「にんじん」の下りですが、護佐丸が手に持ってるやつ「島にんじん」らしいのです。着物の柄も島にんじん柄なんだとか。

いもっち(嘉手納町)
はえるん(南風原町)
ナビィちゃん(恩納村)
いとちゃん(糸満市)
くーみん(久米島町)
なんじい(南城市)
ぶトモー(本部町)
おおぎみシーちゃん(大宜味村)
だちびんくん・ゆしびんちゃん(なは市場振興会)
みーや(宮古島市)

だちびんくん・ゆしびんちゃんの体重はカレンダーに「日本一重いゆるキャラ」という紹介があったため。

エイ坊(沖縄市)
ぎーのくん(宜野座村)

 

なんか気の利いた質問が思いつかなかったキャラクターや失礼な質問もありましたが、まぁこれでよしとしましょう。ゆるキャラの宛先についてはネットで検索して、市町村の広報だったり、観光協会だったり最もふさわしそうな場所を選びました。


ドキドキしながらポストに。

ポストに投函して、ゆるキャラからのお返事を待ちます。

 

ゆるキャラは年賀状を返してくれるのか

明けて2014年。ゆるキャラ達から年賀状は返ってくるんでしょうか?時系列で見ていきましょう。

 

1月9日


まさかの正装!

一番最初に年賀状を返してくれたのは宜野座村のキャラクター「ぎーのくん」。宜野座村は沖縄本島の中央に位置するため、「おへそ」がチャームポイントのキャラクターです。

「ぎーのくんはいつもはだかなんですか?」という問いかけには「たまには洋服も着るんだよ!」とのこと。確かに年賀状ではぴっしりスーツでキメています。


よしのりくん ← 本名です。

続いて届いたのは「なは市場振興会」の「ゆしびんくん」「だちびんちゃん」

日本一体重の重いゆるキャラということで「ふたりあわせてたいじゅうはどれくらいですか?」という質問をしましたが、体重は210kgだそうです。超重量級です。


トートバッグ、テーマソングのCD、レシピブックなど

そして、年賀状に同梱されていたグッズの数々。


お心使いに良心が痛い

…これは流石に謝らないといけない。ということで後日電話にて趣旨を説明しておきました。「子どもかと思ったよ!」ということで前に作ったものでたまたま在庫があったノベルティを一緒に送ってくれたのだそう。

すみません…!34歳のおっさんですみません…!

 

1月10日

続いて来たのは南風原町のはえるん「とくいなカボチャ料理はなんですか?」の問いに「南風原のカボチャ料理みーんな大好きだルン!」という回答。ひまわり畑と青空をバックにしたはえるんの写真がなんかシュールな感じです。

はえるんと同じ日に届いたのは久米島町の「くーみん」「くーみんは泳げますか?」の問いには「昔は泳げたけど、今は泳げません。空は飛べます」との回答。キャラクターはホタルがモチーフなんでそういうことなんだと思います。

 

1月15日

続いては「おおぎみしーちゃん」「シークヮーサーの妖精なんですか」という問いかけに「妖精です。シークヮーサーをおいしく食べてくれると、とてもよろこびます」との回答。イベントの告知もしっかりと。ちなみに左側にいるのは森の妖精「ぶながや」です。

 

1月20日

続いて届いたのはうちわ…?

と思いきや、うちわ型のハガキでした。「なんじいは何歳なんですか?」の問いには「ひみつなん♥」とさらっと流されました。しかしながら、ちょっと変わったポストカードでお返事をくれるあたりに、なんじいのゆるキャラとしての風格と年の功がうかがえます。

 

1月30日

最後に年賀状をくれたのは宮古島市の「みーや」「みーやはいつも半袖なんですか?」という質問について「サンサンと輝く太陽の下で元気いっぱいだからいつも半袖だよ!」という回答。最近寒いので風邪をひいていないことを願います。

みーやからのお返しの手紙は1月末だったのですが、1月31日が旧正月だったのでひょっとしたら、旧暦にあわせて返してくれたのかもしれません。

 

年賀状を返してくれたのは20体中7体だった。

この記事を書いている2月11日現在、届いている年賀状は以上でございます。年賀状を出した時は「これ一通も返信なかったらどうしよう」と思ってましたが、割とみんな気さくに返してくれています。しかも100%質問にも答えてくれています。これは嬉しいですね。

一方、年賀状がかえってこなかったゆるキャラもいましたが、正確な住所が分からないため年賀状がそもそも届いていない、質問がくだらなすぎて返したくなかった、ゆるキャラが年賀欠礼などいろいろ可能性があるかと思います。

ともあれ年賀状を返して頂いたゆるキャラの皆様ありがとうございました!そして子どもっぽく質問書きましたけど、3月で35歳になります!ごめんなさい!

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ