「ちゃんぽん」は交換可能か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
沖縄でちゃんぽんといえば麺類ではなくご飯ものを指す。麺類の長崎ちゃんぽん、ご飯ものうちなーちゃんぽん。両者の具を交換しても成立するのだろうか。

沖縄「ちゃんぽん問題」

沖縄に県外から来た人々が受ける代表的なカルチャーショックのひとつに「ちゃんぽんが麺類じゃない」というものがあります。


沖縄のちゃんぽん

そう。沖縄の「ちゃんぽん」といえばご飯の上に野菜炒めを卵でとじたものが乗ったものを指します。こちらについては「沖縄ちゃんぽん」という記事でもご紹介したことがありますのでそちらも参照くださいませ。


長崎ちゃんぽん

一方、沖縄県外から来た人間からすれば、「ちゃんぽん」と聞いて連想するのは麺類。鶏ガラと豚骨のスープに太麺、上に野菜とイカやエビなどの海鮮とカマボコが乗った「長崎ちゃんぽん」を連想するわけです。最近では「長崎ちゃんぽん」に対して、沖縄のちゃんぽんを「うちなーちゃんぽん」などと表現したりすることもあるようです。

さて、ここから本日の本題です。

長崎ちゃんぽんの上には野菜炒めが、うちなーちゃんぽんもご飯の上に野菜炒めを卵でとじたものが乗っているわけなのですが、両者を交換してもうまいんじゃないでしょうか。「長崎ちゃんぽん」と「うちなーちゃんぽん」それぞれの具を交換しても成り立つのか検証してみたいと思います。

 

まずは材料あつめから

というわけで、ちゃんぽんを集めます。まずは長崎ちゃんぽんから。


昔は那覇市泊あたりにもあった気がする

長崎ちゃんぽんといえばリンガーハット。沖縄でも4店舗あるらしいです。こちらは那覇市小禄店。

沖縄のリンガーハットにはゴーヤーちゃんぷる風ちゃんぽんなる沖縄限定メニューもあるのですが、ぐっとこらえて野菜たっぷりちゃんぽんをテイクアウト。

容器代30円を払えばお持ち帰り可能です。

 

続いてうちなーちゃんぽんを購入します。

割とちゃんぽんが有名なお店、58号線沿いのお食事処三笠松山店にやってきました。

お店の前の食品サンプルにもちゃんぽん
オーダーを受けて作ってくれる

しかし、ここで誤算が。


一般的でないちゃんぽん。しかしこれはこれでうまいのである。

お食事処三笠のちゃんぽんの具はタマネギと挽肉のみ。メニューにも「ちゃんぽん(三笠風)」と記載されており、一般的な野菜炒めの卵とじではないのです。


隣接してる上に店名も似てるのでよく間違える

このまま乗り切ろうと思いましたが、きちんとした検証にならない気がしてきました。仕方ないのですぐ隣の「お食事処みかど」へ。

ちゃんぽん(沖縄風)600円
カウンターから調理する様子もよく見える

こちらでもちゃんぽんをオーダーしました。


これこれ。これがうちなーちゃんぽん。

お食事処みかどのちゃんぽんは野菜炒めを卵とじした一般的な沖縄のちゃんぽんのようです。

これで材料は揃いました。最初に買った長崎ちゃんぽんがのびる前にちゃっちゃと検証を進めましょう。

 

ちゃんぽんを交換してみる

さて、おさらいをしてみます。

左は野菜炒めを卵でとじ、ご飯にのせた「うちなーちゃんぽん」、右は野菜と海鮮などの炒め物が豚骨・鶏ガラスープの麺の上に乗った「長崎ちゃんぽん」です。


お食事処みかど「ちゃんぽん(沖縄風)」

お食事処みかどのうちなーちゃんぽん。青菜と細切りのニンジン、キャベツ、そしてコンビーフハッシュ(コンビーフに角切りのジャガイモが混ざっているもの)が卵でとじられています。


リンガーハット「野菜たっぷりちゃんぽん」

こちらはリンガーハットの長崎ちゃんぽん。具はモヤシ、キャベツ、コーンにキクラゲ。カマボコと薩摩揚げ、エビ豚肉などが具として乗っています。

では早速交換していきましょう。

長崎ちゃんぽんの具だけを別皿に移します。

同様にうちなーちゃんぽんの具も別皿に。

長崎ちゃんぽんの具はさっと炒めて、溶き卵でとじます。

卵でとじた具をご飯の上にライドオン。

うちなーちゃんぽん(具は長崎ちゃんぽん)が完成。

つづいて長崎ちゃんぽんの麺の上に、うちなーちゃんぽんの具をライドオン。

長崎ちゃんぽん(具はうちなーちゃんぽん)のできあがりです。


左:うちなーちゃんぽん(具は長崎ちゃんぽん)、右:長崎ちゃんぽん(具はうちなーちゃんぽん)

…なんだか文字にするとややこしいですが、それぞれのちゃんぽんを交換することができました。見た目はそこまでおかしくないように見えますが、味はどうなのでしょうか。食べてみましょう。

 

ちゃんぽんの交換は可能なのか

では実食です。

まずはうちなーちゃんぽん(具は長崎ちゃんぽん)から食べてみます。まぁこれ検証を始める前からなんとなく分かってたんですが、これがまずいはずが…

……?

あ、これまずいわ。

普通にうまいだろうなぁと高をくくってたんですが、これ全然おいしくありません。長崎ちゃんぽんの具ですが基本そんなに味付けがされていないのです(リンガーハットはドレッシングみたいなやつをかけたりできる)。なんの味付けもされてない具を卵でとじてご飯にのせた形になってしまったので、野菜の素朴な味しか口の中に広がりません。

味の無い野菜炒めとご飯を一緒に食べてみる感じ。

では長崎ちゃんぽん(具はうちなーちゃんぽん)はどうでしょうか。

……。

……こっちもないな。

なんでしょうか。うちなーちゃんぽんの具は割とコンビーフハッシュの味が強く、味付けもしっかりしています。これとちゃんぽんのスープの相性が全然よくないのです。典型的な「味がケンカしている」というやつです。

その後、うちなーちゃんぽん(具は長崎ちゃんぽん)に長崎ちゃんぽんに付いてきた野菜ダレ(ショウガ味とゆず胡椒味)をかけて食べてみたり、

長崎ちゃんぽん(具はうちなーちゃんぽん)にお食事処三笠のタマネギと挽肉のちゃんぽんをのせて食べたりしてみたのですが、

どれもピンと来ず。

結論としては「ちゃんぽんの交換は不成立」という結果に終わりました。まぁうちなーちゃんぽんは作ってる様子をカウンターで見られたんですが、ただ野菜を炒めてるだけじゃなくてだし汁が入ったり、色々と味付けにも工夫があるようです。

同じように長崎ちゃんぽんの具もあのスープとうまいこと調和が取れるように薄い味付けなのかもしれません。そのあたりを無視して単純に入れ替えてもおいしく食べる事はできないのだろうと思われます。

 

適所適材なのかもしれない

というわけでちゃんぽんの交換をしみるという本日の記事、いかがだったでしょうか。これで成立するならばリンガーハットは沖縄限定メニューに「ちゃんぽんの具のちゃんぽん」みたいなメニューを作ればヒットするんじゃないかとか思ったのですが、まぁ難しいようです。

この企画で分かった事といえば…

うちなーちゃんぽん2つと長崎ちゃんぽんを食べると、死ぬほどお腹がいっぱいになるということでしょうか。皆様ご注意くださいませ。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ