沖縄はSNOWでどこまでかわいくなれるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
誰でも可愛く写ることができると評判のスマートフォンアプリSNOW。沖縄のあの人やこの人も可愛く変身して詐欺写が撮れるのだろうか。

SNOWとは?

皆様はスマホアプリのSNOWをご存じでしょうか。SNOWはカメラ越しの被写体の顔にリアルタイムで色々なスタンプを合成することができるアプリです。

snow01.jpg

たとえばこんなくたびれたオッサン(やんばるたろう)もSNOWで撮れば…

snow02.jpg

こんなに可愛くできるのです。リアルタイムの顔認識の精度もすごいし、あわせて色身や顔の形まで整えたりする機能も付いているのでこのアプリを使えば誰もがカワイイ写真が撮れてしまうという寸法です。技術の進歩ってすごいですね…!

まぁSNOWはすでに爆発的な人気なわけですが、なぜ今さらSNOWなのかというと、この前、団体旅行ナビという所の仕事で沖縄市の銀天街にある和田アキ子像とツーショットを撮る機会があったのです(行けば絶対会える!芸能人とツーショット写真【いいね!を貰える沖縄フォトスポット(1)】 | 団体旅行ナビ)。


台座には「魔除け像」と書かれています

こちらが和田アキ子像。1990年にテレビ番組の企画で銀天街に寄贈されたらしいです。めちゃめちゃ真面目な顔をしていますが…


この可愛さはなんだ

SNOWを通してツーショットを撮るとこの通り。なんでしょうか、この心温まるツーショット。心なしかアッコさんの顔も穏やかになりました。

SNOWを通せばなんでも可愛く写真を撮ることができる…


顔認識がうまくいかないとずっと顔を探してる

しかし、当然顔認識をベースに合成がされるため、あまりにも人間から離れたものは合成ができません。私たちはSNOWでどこまで沖縄を可愛くすることができるのでしょうか。限界にせまりました。

 

銅像はほぼ可愛くできる

さて、まずは手堅いところで銅像から行きましょう。先に例として出した通り、銅像は割と人を忠実に再現しているので比較的顔認識しやすいです。

稲嶺一郎先生像
なんかすみません

こちらは本部町健堅にある稲嶺一郎さんの銅像。もと元沖縄県知事稲嶺惠一さんのお父さんで政治家・実業家・軍人だそうです。可愛くなったかどうかはさておき、ふっさふさになりました。

野国総官像
ファンキーな感じに

我々は沖縄各地にある銅像を集めてなにかコンテンツができないか、というのをやっていたので銅像の写真は沢山あるのですが比較的近年に活躍された方をSNOWに通すと怒られそうなので、続いては歴史上の人物で行きましょう。嘉手納の道の駅にある野国総官の像。ものすごいファンキーな感じに仕上がりました。ちなみに手に持っているのはイモです。

てだこふくし像
1体だけを認識

こちらは浦添市社会福祉センター前にある「てだこふくし像」。英祖王が民衆とともにあった姿を像にかたどったものらしいですが、すこし顔の造形が甘く認識できたのは1体でした。

というわけで、一部認識できないものはありましたが、銅像はほぼ100%SNOWで写真を盛ることができました。まぁ銅像とSNOWでツーショットを撮るシチュエーションが全然思いつかないのですが。

 

神様も加工したい

つづいては、みるく様。みるく様とはミロクすなわち弥勒菩薩の沖縄の呼び方で、豊穣や生命の源のニライカナイからやってくるとされる来訪神。神もSNOWで認識されるのでしょうか。

赤田みるく様
愛らしいたれ目ちゃんになった!

那覇市赤田では、毎年みるく様を先頭に、子どもたちによる路次楽隊が「赤田首里殿内(あかたすんどぅんち)」を奏でて練り歩く赤田のみるくウンケーが行われます。
お腹丸出しのおじさんみるく様もSNOWで一気にかわいくなりました。

小浜島 結願祭のミルク様
ラップを唱えそう

八重山の小浜島で秋に行われる結願祭には2人のミルク様がいらっしゃいますが、そのおひとり。貫禄のある重鎮のようなミルクさまが一気に若返りました。YOYO!

波照間島 ムシャーマのミルク様
この帽子をお前に預ける

波照間島のムシャーマは、旧盆の中日(ナカヌヒー)に行われるお盆と豊年祭が合体したお祭り。先ほど小浜では2名と書きましたが、波照間島には3名のミルク様がおられます。その中のおひとりをゴム人間に。いや、もう何が何だか。

ちなみにすべてのみるく様が認識されるわけではなく、どうやっても認識されないみるく様がいたり。神の世界は奥深いのでございます。

 

SNOWの限界はどこか

さて、銅像から来訪神まで割とすごい顔認識を誇るSNOW。続いては限界に迫りましょう。

ゆるキャラ

エイ坊
いけた!でも誰!?

縄市のマスコットキャラクー「エイ坊」です。立体はいけるのは分かりましたが、平面ではどうでしょうか?

ナビィちゃん
いけた!

恩納村のマスコットキャラクター「ナビイちゃん」。比較的人間に近いキャラクターは認識してくれるのかもしれません。

他にも中城村のキャラクター、護佐丸くんもいけました。護佐丸くんはある日を境にリアルなバージョンからゆるキャラっぽいバージョンになったのですが昔のバージョンであれば認識してくれます。

健康パンの少女
コケコッコ

商品パッケージなんかからでも認識してくれるようです。これは加工前のほうがかわいかったような気もしますが。

歴代琉球王の肖像画、御後絵(おごえ)
我こそは琉球王なるぞ!

琉球王朝時代の歴代の王の肖像画である御後絵(おごえ)から尚円王。絵ではわりとデフォルメされていますが、ばっちりかわいくなりました。
 

ソニー坊や

沖縄の交通安全像、ソニー坊やはどうでしょうか?

いける。認識したりしなかったりを繰り返してチカチカしますが、いけました。このあたりが限界でしょうか?
 

ゴーヤー

結構な精度なのは分かったので最後にゴーヤーの中にニコちゃんはどれぐらいいるのかで顔を探したゴーヤーの切り口を試してみます。

…いけるのかよ!

 

まとめ

というわけで沖縄のあれやこれやをスマホアプリのSNOWを使ってかわいくしてみる試みでした。
ゆるキャラなんかはわりともともとかわいくデザインされているので、わざわざSNOWを使わなくてもいい気もしますが、SNOWにはかわいい系以外の加工もあるので、自分の好みに応じて沖縄のキャラクターたちを変身させてみるのも面白いかもしれません。ゴーヤーが認識されたのには驚きましたが。

とりあえず、編集部メンバーはみんなもういい歳のアラフォーのおっさんおばさんなのでSNOWの使い方に四苦八苦しましたよ、ということだけお伝えして本日の記事を締めたいと思います。嗚呼かわいいって、果てしない。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ