幻の吹き矢喫茶「サンレモン」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
かつて沖縄にあった吹矢喫茶の話をしようと思う。その名は「サンレモン」。2009年の話である。

さて、本日はかつて沖縄に存在した、幻の吹き矢喫茶の話をしようと思います。その喫茶店の名前は「ドライブイン サンレモン」。329号線沿いの奥間あたりにありました。


お店の外観の写真が無いのでGoogleストリートビューからお送りします。

僕がこのお店に始めて入ったのは大学生の頃で、多分2000年とかじゃないかと思います。その頃は割と普通の食堂みたいな所だったのですが、なぜかランチタイムは「1時間以内に食べると100円引き」みたいなことがメニューに書かれていて「?」と思った記憶があります(あとで店主らしき人に聞いたら「客の回転をよくするため」みたいな事を言ってた気がする)。

そして時は流れて9年後。

まだDEEokinawaを始める前の僕は会社員でしたが、サンレモンの異変に気づきます。

吹矢!

一体どうしてしまったというのでしょうか?気になった僕は再びサンレモンに足を運んでみることにしました。

本編と関係無いけど
インド人が怖い

サンレモンは1階が駐車場、2階が店舗という構造だったのでドキドキしながら駐車場に車を停めます。

囲碁と将棋と週刊コミックが並列で書かれているところに若干の違和感はありますが、看板は普通。しかし駐車場の奥にすでに異変がありました。

吹矢の的。

 

吹き矢喫茶の中に

ここまで吹矢を推している喫茶店が未だかつてあったでしょうか。この時点でもうお腹いっぱいな気がしないでもないですが、ここまで来たら店内に入らねばなりません。

僕は意を決して店内に、歩を進めました。

観葉植物がすごかった
ちょっと小洒落た店内

9年ぶりに足を踏み入れた店内は前とそこまで変わっていないように見えたんですが…

…!

吹矢300円!

吹矢の隣に立っているテントも気になりますが、そんなことより吹矢です。いつの間にかサンレモンは吹矢喫茶へと変貌を遂げていたのです。

テーブルにはメニューと一緒に吹矢がいかに健康に良いのかという説明書きが。なんでも吹矢は気功やヨガと同じ腹式呼吸を使うので健康にすごくよいということです。もうなんだか訳が分からないよ!

メニューはほぼカレーがメイン
インドカレー

ここで吹矢をすれば話が広がったんですが、客は僕一人。マスターもメニューを取りに来る時しか出てこず、結局インドカレーを食べてこの日はすごすごと帰ったのでした。

 

サンレモン、その後

その後、サンレモンの事などすっかり忘れていた僕は2010年にDEEokinawaという沖縄B級ポータルで記事を書くことになるのですが、「是非ともサンレモンは記事にしたい」そう思い立って再びサンレモンに向かいます。

カレーハウスになってる。

いつの間にか吹矢喫茶サンレモンはカレーハウスサンレモンに華麗な転身を遂げていたのでした。

店内の吹矢が設置されていたスペースは壁で覆われ、店自体がかなり縮小されていました。

メニューはいよいよカレーオンリーに。

その時頼んだイカスミカレー。味は覚えていませんが、印象に残っていないということはびっくりするほどおいしいわけでも、まずいわけでも無かったんだと思います。

 

それからしばらくして、いつの間にかお店は店名も変わって中華料理みたいなお店になっていました。

マスターはどこに行ってしまったのか、なぜ吹矢を推していたのか、今では知るよしもありませんが、いつか世に出そうと思ってなかなか出せなかったサンレモン、本日のコネタとしてご紹介いたしました。

時代の先を行きすぎたのか、単なる思いつきだったのか今でもこの道を通るとあのとき吹き矢をやっておけば、と思う日々でございます。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ