海洋博公園にはオリジナルのコップのフチ子さんがある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
海洋博公園にはオリジナルのコップのフチ子さんが販売されている。これがコンプリートしたくなる魅力に溢れたやつなのだ。

旅行の楽しみといえば、その当地でしか買えないものを買うことだと思うのですが、こと沖縄で言うとここでしか買えないんじゃないかと思って買ったものが国際通りの土産物屋でも販売されていた(しかも安く)というショックな体験をされた方も多いのではないでしょうか。

人にもよるとは思いますが、できればお土産的なものはそこでしか買えない、ユニークなものを買えたらいいなぁと個人的には思うわけです。

さて、そんな皆様に今回ご紹介したいのが本部町にある美ら海水族館のある海洋博公園。

沖縄観光のド定番でもあり、自信を持って進められる観光スポットです。

そしてこちらをご覧下さい。ガチャガチャです。

皆さんは「コップのフチ子」というコップのフチにつける玩具をご存じでしょうか。そう。海洋博公園にはオリジナルのコップのフチ子が販売されているのです。

まぁフチ子さん自体はは1種類で、あとはジンベイザメ、ナンヨウマンタ、カクレクマノミ、アオウミガメなど水族館の生きものメインになっています。


フチ子さん欲しい…!

 

ガチャを回してみる

ぜひ全部コンプリートしたいところなのですが、ガチャは1回400円。結構いい金額するのです。とりあえず一回やってみました。

さて、中身を開けてみます。

アメリカマナティが出てきました!

こちらは説明書。ちゃんと海洋博公園の情報を盛り込んだ作りになっています。ちなみに手に持っているのはキャベツでマナティ館に行くとたまにマナティが食べ残したキャベツが水槽の片隅にあったりします。

コップのフチ子さんのパチモンではなく、ちゃんとキタンクラブ(コップのフチ子さん出してる会社)から出ています。

さて、では実物を見てみましょう。

どうですか、可愛くないですか?

コップにつけるとこんな感じです。コンプリートしたくなってきました…!

と、言うわけで本日は「海洋博公園にはオリジナルのコップのフチ子さんがある」というお話でした。たまに美ら海水族館には遊びに行くので、少しずつ集めてコンプリートしたいと思います。

ちなみに1種類シークレットがあるのですが、美ら海水族館に行ったことがある人ならば何なのかおぼろげに見当がつくと思います。多分アレですよね…!

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ