沖縄吉野家、次なる新メニューは「タコSoba」だ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
地域限定メニューが豊富なことで有名な沖縄の吉野家だが、今回新たに「タコSoba」なる新メニューが発売されていた。いったい沖縄の吉野家はどこにむかっているのでしょうか。

吉野家。恐らく誰もが知っている牛丼チェーン店ですが、沖縄の吉野家を運営しているのは「株式会社沖縄吉野家」という会社で沖縄にしかないオリジナルメニューを展開しています。

そういえば吉野家では沖縄そばも食べられるらしい

チェーン店の沖縄限定メニューコレクション Vol.1よりタコライス。

さらにタコライスの変化球「半熟てりタコ」。

もちろんちゃんと牛丼もあるのですが、沖縄のローカルフードを取り入れつつそれをさらに捻ってきてるのでもう何屋さんなのかちょっと分からなくなってきました。

そんな沖縄の吉野家ですが

ついにタコライスの具を沖縄そばの麺に乗せた「タコSoba」が新登場しました。いったい沖縄の吉野家はどこにむかっているのでしょうか。

 

でも結局食べてみる

沖縄そばの麺にタコライスの具を乗せた「タコそば」は吉野家オリジナルというわけではなく、ちょっとしたカフェのメニューとして存在していた気がします。

タコライスの具に沖縄そばの麺なのでだいたい味は想像がつくのですが、やっぱり気になったので食べに行ってみました。

沖縄吉野家の「タコSoba」は並盛り350円、トク盛り580円。テイクアウトすることはできず店内でしか食べられません。そして「タコSoba」はドレッシングを選ぶことが可能だそうで、サルサソースか胡麻ドレッシングかを選んでオーダーできるようです。

なお、いつの間にか「半熟てりタコ」「ビフタコ」は販売終了になってました。沖縄限定メニューは一部の定番商品以外は割と短命でなくなってしまう気がします。

さて、こちらが「タコSoba」並盛りです。ちょっと見えにくいですが沖縄そばの麺の上にチーズ、タコスミート、レタス、そしてサルサソースが乗っています。ちょっと胡麻ドレッシングも気になりますね。

辛さ調節用にハバネロソースも付いてきます。このあたりは吉野家で提供されているタコライスとほぼ同じです。

さて、気になる味ですが吉野家の沖縄そば麺はあまりコシがありません。どちらかというと学校給食のソフト麺みたいな感じなんですが、これはこれで食感的にアリかもしれません。全てを混ぜながら食べるとタコライス風のまぜそばみたいな感じになります(感想がそのままですみません!)。

 

沖縄の店内でしか食べられないレア感

そんなわけで沖縄吉野家の「タコSoba」についてのご紹介でしたが、個人的になんとなく、なんとなくなのですが、結構早く販売しなくなってしまうような気がしています。

多分「タコSoba」が食べれるのは今だけ。興味のある方はぜひ足を運んでみてください。

しかし、沖縄の吉野家は割と攻めてる気がしていつもワクワクしてしまいます。そろそろ沖縄天ぷらとかがでてくるんじゃないでしょうか。期待しています。

月間ベストワースト受付中

関連する記事

フォローしたらいいことあるかもよ

DEEokinawaの新着記事や裏話、面白写真などが毎日届くかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ