2018.11.15

ウェルカムマットコレクション vol.1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
店舗などの入口に敷いてある、靴についた汚れを拭き取るウェルカムマット。よく見ると、そこにも沖縄らしさが溢れているのです。

足元から感じる沖縄らしさ

お店などの入口に敷いてあるウェルカムマット。
ふだん何気なく通り過ぎていまうことも多いと思いますが、ちょっと注目してみるとそこにも沖縄らしさが溢れていました。
今日はそんな足元から沖縄らしさを感じるウェルカムマットをいくつかご紹介してみたいと思います。

mat01.jpg

配達無いけど美味くて安い♪ でお馴染み『ピザパルコ』のウェルカムマット。
ハイビスカスのイラストとめんそーれの文字から、濃厚な沖縄らしさをを感じます。

mat02.jpg

こちらは国立劇場おきなわのウェルカムマット。
シックな色合いとフォント使いで国立劇場ならではの格式の高さを演出しています。

mat03.jpg

沖縄そば家、玉家のウェルカムマット。
ミンサー柄、めんそーれ、パイナップル、と分かりやすい沖縄らしさをぎゅっと詰め込んだデザインです。
ミンサーとパイナップルがあるので、どちらかというと八重山寄りのデザインといえるかもしれません。

mat04.jpg

琉球銀行支店のウェルカムマット。
こちらは「いらっしゃいませ」とヤマトグチ(標準語)ながらハイビスカスが咲き乱れています。
グラデーションが効いて全体的に凝ったデザインです。

mat05.jpg

最後は豊見城市役所のウェルカムマット。
豊見城市の特産品であるマンゴーと美らSUNビーチ、そしてアゴがチャームポイントのマンゴーのキャラクター、アゴマゴちゃんもいます。マンゴーとビーチは写真素材なので、けっこう目が細かい高級そうなマットです。

というわけで今回は5つの沖縄ウェルカムマットをご紹介しました。
これからお店などに入る時には、ちょっと足元にも注目してみてください。
そして、ユニークなマットを見つけたら是非編集部まで情報をお寄せください。
またいくつか集まったら第二弾としてご紹介したいと思います。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ