2019.02.14

君は山芋てんぷらを知っているか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サーターアンダギーによく似た『山芋てんぷら』というお菓子がある。いったいどんな味わいなのだろうか。

山芋てんぷらとはなんぞや

先日近所のファーマーズマーケットを訪れた際に、巨大なサーターアンダギーのようなものを見かけました。

のようなもの、というか見た目はサーターアンダギーそのものなのですが、袋を見ると商品名には『山芋てんぷら』とあります。しかし私のイメージする山芋の天ぷらとは一線を画す姿です。いったいどういうお菓子なのでしょうか。そもそもお菓子なのでしょうか。購入してみました。

原材料には小麦粉、砂糖、卵、ピーナツバター、マーガリン、山芋、牛乳、膨張剤が使われています。
サーターアンダギーとの大きな違いは山芋が入っていること。そしてピーナツバターとマーガリンもサーターアンダギーにはあまり使わない気がします。

特大とあるとおり、その重量は堂々たる197g。200g近くあります。どすこい。
 

とにかくでかくて満腹感がすごい

お皿に出してみましたが、なんだろう、ゴツゴツとした唐揚げかなにかに見えます。

割ってみてもサーターアンダギーそのものでした。そして肝心の味わいはといえば、一般的なサーターアンダギーと比べ少し甘さが控えめのような印象。表面はさっくりしていますが、中心部分はかなりしっとりとしています。特に山芋の風味のようなものは感じませんでしたが、これは私の舌が鈍感なだけかもしれません。全体としては、お菓子といって間違いなさそうな甘い味わい。

ですが、朝食に食べるには重たすぎました...。お昼ご飯の時間も過ぎた現在、まったくお腹が空いていません。

というわけで本日はサーターアンダギーによく似た山芋てんぷらのご紹介でした。よく見かけるものではありませんが、時折ファーマーズマーケットやスーパーの郷土菓子コーナーに並んでいることがあるかもしれないので、沖縄菓子好きな方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ