2021.12.28

ステーキのようにアレンジして楽しめるジャッキーポテトスナック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
12月21日に発売されたばかりのジャッキーステーキハウスのポテトスナック。そのままはもちろん、ステーキのように調味料でカスタマイズしても楽しいスナックだった。

あのジャッキーからスナックが新発売

先日コンビニで買い物をしているときに目に飛び込んできた、黄色いド派手なパッケージのスナック。
その名もジャッキーステーキハウス ポテトスナック ビーフ&塩コショウ味

01.jpg

そう、那覇市西町にある、あのジャッキーステーキハウスから発売された新商品のようです。(公式サイトのドメインが steak.co.jp というのがすごい)

04.jpg

ジャッキーステーキハウスといえば言わずもがな、県内外に根強いファンを持つ老舗ステーキ店。アメリカ世を思わせる懐かしい雰囲気とステーキの美味しさで、平日でも地元客と観光客が入り混じって行列を作るほどの大人気店です。

02.jpg
店舗でおなじみ『力がつきます!』のキャッチコピーがニクい

そんなジャッキーから発売されたこのポテトスナック。なにがすごいかというと、カルビーや山芳など大手菓子メーカーとのコラボ商品ではなく、どうやらジャッキーが独自に開発した商品のようなのです。

06.jpg
販売者の欄にも有限会社ジャッキーステーキハウスとある

07.jpg

開封してみるとおせんべいのような形のポテトスナックが。タイ料理とかに時々付いてくる揚げえびせんにちょっと似ている気がします。

08.jpg

原材料はうるち米と乾燥マッシュポテト。いわゆるポテトチップスではないのでお間違いなきよう。
食べてみると、バキッザクッとした固めの食感にビリリとブラックペッパーが効いてパンチのある味わい。間違いなくビールが欲しくなるやつです。お子様のおやつというよりは大人の酒のつまみに良さそうです。
 

せっかくなのでカスタマイズしてみよう

このポテトスナックは、お店で食べるステーキのように自分好みにいろいろ調味料でカスタマイズして楽しむことが提案されています。ちなみに私はステーキは塩コショウのみか、(あれば)そのお店独自のステーキソース、終盤でA1ソースをちょい足しするのが好きです。

05.jpg

それならばやってみようじゃないか。ということで冷蔵庫にあった調味料でいろいろ試してみました。

09.jpg

まずはマヨネーズ。間違いなく美味いです。マヨネーズのおかげでブラックペッパーの刺激がまろやかになって永遠に食べ続けられそうです。

お次は粒マスタード。ビネガーの酸味で口の中がさっぱりしますが、粒マスタードの風味が強くてポテトスナックとあまり合わない印象。粒じゃないマスタードなら良かったかも。

タコスでおなじみのサルサ。こちらもトマトのフレッシュ感がブラックペッパーの辛さを和らげ、ナチョス風にバリバリいけちゃいます。サルサは野菜なのでスナックの罪悪感も無し。

BBQソース。ふんわり鼻に抜けるスモーク風味とまろやかな甘みがポテトスナックとめちゃめちゃ合います。美味い。

最後にわさび。ステーキをわさびで食べるのもけっこう好きなんですが、ポテトスナックとはあまり合わないかも。というか塊のままだとかなりツーン!ときたので醤油やポン酢で溶いたものをつけたほうが良さそうです。

というわけでいろいろカスタマイズしてみましたが、私のいち押しはマヨネーズとバーベキューソース
もちろんそのまま食べても美味しいですが、みなさんも家にある調味料で自分好みの味わいを探してみてはいかがでしょうか。

DEEEXPO'22開催決定!

関連する記事

フォローしたらいいことあるかもよ

DEEokinawaの新着記事や裏話、面白写真などが毎日届くかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ