2010.09.13

あのまんじゅうを大量に作ってみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
沖縄には気になる食べ物がたくさんある。 今回はアノまんじゅうをたくさん作ってみた。

まずは見本を。

この一文字を見て何を想像するだろう?
まんじゅうと答えた人は鋭い。
そう、沖縄には「まんじゅう」といわれる物がある。
まんじゅうにでかでかと「」と書かれている物だ。
月桃(サンニン)の葉で包まれ、中には餡が入っている。
IMG_7040.jpg
まんじゅう」の有名なお店といえば那覇市首里久場川町にある「ぎぼまんじゅう」

首里のぎぼまんじゅうのまんじゅう。ちょっとややこしい。

IMG_6964.jpg
狭い路地を入って行く。
IMG_6959.jpg
首里名物らしい

お店に入るといきなり「何個ですか?」と聞かれる。
「2個ください」と答えると
の字はいれますか?」と。
ここでは「」以外の文字も入れてくれる。

ぎぼまんじゅう以外のお店ではこんな変わり種も珍しくない。
IMG_2680.jpg
イオンで売ってた大吉まんじゅう。こんなのも書いてくれるはず。
書くところをカメラで写そうと思ったのだが、超高速の職人技で筆を走らせたため写らなかった。
(2つ買って書いてもらったのだが1秒かかってないと思う)
IMG_6961.jpg
シュシュっ!っと一筆書き。職人技をここに見る。
なぜ「」の字のまんじゅうかというと、昔から沖縄では祝い事の時「の」の字を書き「のし」の代わりとしたそうな。
どうやら縁起物らしい。
何も書かれてない白いまんじゅうは法事などで使われるそうだ。
実はこの「まんじゅう」登録商標なのはご存知だろうか?
IMG_2682.jpg
まんじゅうは、登録商標です。
知りませんでした。ごめんなさい。(でも®マーク付いてないし...普通名称化しつつある気が)
登録商標か...それならば違う文字を書いて違うまんじゅうにすればいいじゃないか。
っていうことで。

イチからまんじゅうを作る。

準備したものはコチラ。

IMG_7522.jpg
なぜか食紅4色揃えた。

  • 小麦粉 (やっぱり沖縄製粉の羽衣でしょう)
  • ベーキングパウダー (膨らまし粉)
  • つぶあん (これも作るのは大変なので)
  • 食紅 (とりあえず4色)
  • (シュッと一筆書き用)
  • 紙コップ (食紅溶かす用)

そういえば、まんじゅうを作った事がない。
いろいろと検索してみたけどイマイチわからない。
まあいいや、細かい所は気にしない。最初の何個かはどれだけ膨らむか実験的に作ってみよう。

まずは小麦粉とベーキングパウダーをフルイにかけて混ぜ合わせ、ぬるま湯で溶かした砂糖水を入れコネコネ。

IMG_7524.jpg
小さいフルイしかなく、いきなりイライラする。
IMG_7528.jpg
ザルで応用。意外とフルえるじゃないか。
IMG_7529.jpg
サラサラになって何かうれしい。
IMG_7531.jpg
ホイッパーで混ぜたらくっついて再びイライラ。

ホイッパーにイライラしたので手でこね始める。

IMG_7535.jpg
本当にまんじゅうになるのか不安。
IMG_7540.jpg
なんとなく10分くらい寝かせてみる。

つぶあんを包んで蒸し上げる。

IMG_7543.jpg
今回は一口サイズでこしらえる。
IMG_7546.jpgのサムネール画像
ひたすら包む。まだ不安。

お借りしてきた蒸篭に入れて10分くらい(アバウト)蒸す。

IMG_7550.jpg
ふぞろいのまんじゅうたち
IMG_7554.jpg
せいろがマイブームになりそうな予感

約10分後...

IMG_7556.jpg
割れてるけど今回は気にしない。

わわわ!膨らんでる!ちょっとさぁたぁちゃんみたい!
ではさっそく試食をば。

IMG_7564.jpg
なにか皮が分厚く、あきらかに薄皮まんじゅうでは無い。

パクっ...むしゃむしゃ...

塩っぺえ!!うわ、なんだこれ。
少ししたらあんこの甘さがやってくるけど。
もしかして...

どうやら塩と砂糖を間違えるという古典的なギャグをしてしまったらしい。
[言い訳]
我が家にはちょっとイイ塩が3種類、砂糖が1種類あるのだが、どれも同じ容器で表示があるのは1つだけ。
見た目も砂糖とちょっとイイ塩はほとんど変わらない。

IMG_7570.jpg
1つだけSaltの表記が...

確か塩まんじゅうってこんな味だったような。
なかなか美味しいけど次は確認して砂糖を入れよう。

気を取り直してもう一度。本番いってみよう。

再びフルイにかけコネコネして餡を包む。
今回は本番なので月桃に包んで蒸してみた。

IMG_7729.jpg
月桃の香りはいいですね。
IMG_7561.jpgのサムネール画像
だんだん手慣れてきたので上手くなってきてる。

IMG_7725.jpg
美味しそうに蒸しあがった!

結局この作業は3回行った。
さあ、つぎはお楽しみの...

筆入れ!

食紅()をお湯で溶かす。ワクワク。

IMG_7728.jpg
ただならぬ雰囲気の食紅()
IMG_7730.jpg
ちょっとだけで真っ赤っか

 

IMG_7733.jpg
とりあえずあの文字を...
IMG_7736.jpg
NOまんじゅう

たぶんみんな書くだろうNOまんじゅう。
くだらないと言われようがNOまんじゅうは書いてみたかった。

でも本当にやりたかったのはコレ

50音まんじゅう

まんじゅうから始まりまんじゅうまでの46個
この写真を撮ったときの達成感といったらもう。

IMG_7738-2.jpg
「わゐうゑを」は「わをん」だけにした。並びがおかしいのは気にしない。

まんじゅうが使えないのでNOまんじゅう。

IMG_7739.jpg
すごく楽しい。もっと書きたい。

これ、お祝い事とかでプレゼントしても楽しいかも。
名前を組み合わせたりしてもいいと思う。


IMG_7770-2.jpg
知れば知るほど☆ラビリンス DEEおきなわ プレオープン記念まんじゅう

DEEおきなわオープンの際はもっと派手に作ってみようか。

感想

最初はどうなることかとヒヤヒヤしたが、楽しく美味しくできた。
もう作り方を調べないでもまんじゅうが作れるだろう。

さすがに作りすぎたので友達におすそわけ。
しばらく我が家のおやつはまんじゅうに。

ああ、まんじゅうこわい。

ぎぼまんじゅう


大きな地図で見る

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ