2010.12.30

[コネタ] 沖縄の晦日そば事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
明日は大晦日。大晦日の楽しみといえば、ゆく年くる年を見ながら食べるおそば。沖縄ではやっぱりコレですね。

沖縄で "そば" といえば、ほぼ間違い無く沖縄そばを意味します。
そう、それはもちろん大晦日に食べる晦日そばもご多分に漏れず。

というわけでスーパーのそば売り場がどうなっているか調査に行ってきました。

目を見張る沖縄そばの充実ぶり

misokasoba01.jpg

あったあった、麺のコーナー。沖縄そばが棚ぎっしりに!

misokasoba02.jpg

糸満そば、八重山そば、宮古すば、与那原そば、首里そば・・・と郷土色豊かなのも特徴的。
ちなみに与那原そばが人気の様子。一緒にそばだしも売られています。

misokasoba03.jpg

大家族向け、1kg入り。どーん。

misokasoba04.jpg

さらにどーん。
ひとつのスーパーの中に、冷蔵ケースの沖縄そば特設コーナーが3つほど作られていました。

misokasoba05.jpg
あ、あそこにも特設コーナー。
misokasoba06.jpg
どれにしようか迷っちゃう!

どこを見渡しても沖縄そば、沖縄そば、沖縄そば。
もしかして、蕎麦粉で作られたいわゆる "蕎麦" は置いて無いのか?と探してみると・・・。

あった。片隅に。

misokasoba08.jpg
段ボールを開封して並べただけの簡素な扱い。
misokasoba09.jpg
晦日うどん?細くて長けりゃなんでもいいのか。

やっぱ年越しも沖縄そばだね

売り場の約9割を沖縄そばが占め、残り1割で蕎麦とうどんがひっそりと並んでいました。
やはり沖縄県民たるもの、年越しも沖縄そばで決まりですね。

misokasoba07.jpg

お湯を入れるだけですぐ食べられる生麺のカップタイプもありまっせ。

月間ベストワースト受付中

関連する記事

フォローしたらいいことあるかもよ

DEEokinawaの新着記事や裏話、面白写真などが毎日届くかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ