2011.04.26

トックリキワタの綿を有効活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
春に綿毛を飛ばすトックリキワタ。トックリキワタの綿は枕やクッション、救命胴衣に利用されると聞いたのでやってみました。

トックリキワタ

トックリキワタという木をご存知でしょうか?
10月〜12月には鮮やかなピンク色の花を咲かせる木です。
kiwata_00.jpg

花が咲き終わった1月ぐらいから実をつけるのですが、実がわれると中から綿毛が出て来てふわふわと舞います。
トックリキワタの街路樹が多い国道なんて、綿が舞いすぎて道路が真っ白になるぐらい。
量が多すぎてキレイというより汚い気がしませんか?

聞くところによると、トックリキワタの綿は枕やクッツション、救命胴衣の詰め物として利用できるそうです。
これはやるっきゃない!

そういえば前に拾ったことがあった

数年前に採集したトックリキワタ。
kiwata_001.jpg
一番右側のものは手で触ると綿毛が飛んでいきました。
ふわふわ舞う綿を追いかけて集めるのは、シャボン玉を捕まえる子ども並の忍耐と体力がいりそうです。

そこで、まだ固い左側の実を家に持ち帰って数ヶ月放置してみたところ、むくむくと成長して爆発。
kiwata_002.jpg
触ると飛んじゃうぜ!状態。
おおお!

つまり、トックリキワタの綿は割れる前に収穫して集めておけば綿がとりやすいのです。

2月上旬のある日

実をつけるトックリキワタに何やら怪しい影が。
kiwata_03.jpg

ニョキニョキ
kiwata_02.jpg

あ!
kiwata_01.jpg

収穫完了しました。
kiwata_05.jpg

4月のある日

数年前の失敗「家の中で放置したら家が綿毛だらけに」を考慮し今回は外で放置していました。

それから数ヶ月。

正直すっかり忘れていて、気付いたときには雨に濡れ、風に吹かれ悲しい状態になっているのがいくつか・・。
kiwata_06.jpg
やばい

慌てて集めたトックリキワタの実。
kiwata_07.jpg
なんか想像と違う。
雨風の影響か、綿が膨らむ前に干涸びてしまった印象です。

しかし無理矢理割ってみると、繊維質。
kiwata_08.jpg

おや?
kiwata_09.jpg

数年前の綿が箱入り綿だとすると、こちらは野良綿ですが、綿が収穫できました。
kiwata_10.jpg
茶色いとか、汚いとか言わないで。

その後も

kiwata_11.jpg
ブワっと出たり
kiwata_12.jpg
ダメな子がいたり

なんだかんだでこれだけの量になりました。
kiwata_13.jpg

綿の中から種などを取り除いてみると、なかなか上質な綿に見えるのではないでしょうか。
kiwata_15.jpg

トックリキワタの綿を枕やクッション、救命胴衣に利用したい!

出来た綿を袋に入れてみます。
kiwata_16.jpg
少ない・・。

とりあえず枕にしてみましたが、量が少なすぎて枕感はほぼゼロです。
kiwata_17.jpg

いいこと思いついた。

袋をギュッと結び
kiwata_20.jpg

バケツに浮かべます。
kiwata_21.jpg

そして塩を入れるソルトおじさん(130g)を
kiwata_19.jpg

こうして
kiwata_22.jpg

こうして
kiwata_23.jpg

こうだ!
kiwata_24.jpg

浮いた!!!

まとめ

トックリキワタの綿は『ライフジャケット』ならぬ『ライフベッド』にもなる。

kiwata_25.jpg
ソルトおじさんがすごく気持ち良さそうで羨ましかったので、私もライフベッドで水の上をぷかぷかしてみたいです。
その場合はトックリキワタの実を何個集めればいいのでしょうか。

とりあえず、種を蒔くところからはじめてみようと思います。
kiwata_18.jpg
 

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ