2011.10.19

アメリカの屋台はどうなっているのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
秋と言えばお祭り。お祭りといえば屋台。沖縄のお祭りの屋台ラインアップは、どこも同じようなもので少しつまらないと思いませんか?じゃあ基地内のアメリカ屋台はどうなんだ!ということで調査してきました。

基地の島と呼ばれるここ沖縄では、しばしば米軍基地内でフェスティバルやフリーマーケットが行われています。
ふだんはIDや関係者のエスコートが無いと入れない場所ですが、この日ばかりは一般の人も入場可となるのです。

ふと思ったのが、沖縄のおまつり会場の屋台といえば焼き鳥・焼きそば・お好み焼き・沖縄そば、たまにヤギ汁・牛汁など、どこも似たようなラインアップだったりしますが、果たして基地内のおまつりの屋台はどうなっているのだろう?
というわけで、先日行われたフォスターフェスティバルで調査してきました。

foster01.jpg
R58からゲートにたどり着くまで30分以上の渋滞。免許証など身分証明書を提示する必要があります。
foster02.jpg
フェスティバル会場の入口では荷物チェックとボディチェックが行われます。

フェスティバルのときはゲートチェックが行われるためかなりの渋滞が発生します。
時間に余裕をもって出かけましょう。
 

いきなりアメリカン

ゲート内に足を踏み入れるとそこはアメリカでした。
車は日本と同じ左側通行ですが、とにかく建物がデカイ。

foster03.jpg

ついでに犬もデカイ。熊かと思いました。

foster04.jpg

ビールはオリオンビールではなく、miller(ミラー)ビール。
アメリカンサイズのでかいカップになみなみ注いでくれて3ドルでした。安い。

foster21.jpg
休憩中でしょうか。仲良くホットドッグを食べていました。
foster22.jpg
装甲車とフェンスを隔てて。これも基地内フェスタならではの光景。

foster31.jpg

ステージプログラムをチェックしてみましたが、ほぼ知っている出演者はいませんでした。
「この日のためにわざわざ来日してくれたシンガー、◯◯です!ヒーハー!」というノリで紹介されていたので、アメリカ人的にとってはメジャーな方たちなのかもしれません。

それでは屋台を見てまわりたいと思います。
 

フード

とにかくいちいち規模がデカイ。
まず目に入ったのは、大人気のピザ・ホットドッグ・ハンバーガーのブース。

foster12.jpg

foster13.jpg
車がまるごとピザオーブンになっていて焼きたてが運ばれてきます。
foster14.jpg
マヨネーズ・ケチャップ・マスタードのディスペンサー。家に欲しい。

そして会場奥のほうの屋台ブースに、英語の幕がデカデカとかかげられた屋台を発見。
スモークのいい香りにつられて近づいていくと。

foster20.jpg
BBQ HEAVEN!

foster23.jpg
肉!

foster24.jpg
肉!!

foster25.jpg
肉!!!

とにかく肉がデカイ。
ついでに炭焼きグリルもデカイ。
なんなら焼いている人もデカイ。

焼いている人がデカイとなんだか美味しそうに見えるマジック。
日本の屋台では見かけない、スモークチキン・スペアリブ・シシカバブーなどが販売されていました。
甘辛いバーベキューソースがたっぷり塗られたスペアリブは、ぎっちり噛み応えがあってワイルドなお味。「肉喰ってる!」感がムンムンでした。ちなみに部位的にはスペアリブ=ソーキですね。

foster16.jpg

こちらは炭焼きスモークチキンレッグとレモネードの屋台。
やっぱりグリルがデカイです。タイヤ付き。
こちらのジョンソンさんはこの日のために、なんと800ピースものチキンを仕込んだそう。

foster17.jpg
キュートなレモネードガールズ。スマイル0ドル。
foster18.jpg
見よ、チキンがパッツンパツン。

foster19.jpg
チキン・コーン・コールスローサラダのコンボで7ドル。
チキンの皮がぱりっとしていて中はジューシー!油っこくなくて、表面のヒッコリー風味のスモークソースが絶品でした。手作りのコールスローサラダも美味しかったです。
アメリカ屋台ならではの味。

foster05.jpg
一日分のカロリーが補えそうな枕サイズのスナックたち。
foster06.jpg
ホットケーキの生地を揚げたようなファンネルケーキ。美味しいけどもちろん激甘。

キッズランド

会場奥にはキッズランドが。10ドルで一日遊び放題。

foster26.jpg

T-REXの口の中に自ら吸い込まれていく人々。シュール。

foster27.jpg
移動式バイキング。ちょっとした遊園地のよう。
foster28.jpg
逆バンジー。人気で長蛇の列ができていました。

遊具もやはりアメリカっぽくて規模がデカイです。
日本のおまつりのキッズランドといえば、せいぜいふわふわバルーンやボールプール程度でしょうか。
バイキングやぐるぐるまわる飛行機形の乗り物などの機械式の遊具は、遊園地の無い沖縄の子どもたちにとっては珍しく楽しいでしょうね。

foster07.jpg
エアガンの的当てもありました。3ドル。
foster08.jpg
本物っぽい。こちらの屋台は大人に人気でした。

グッズ

ここでしか買えないグッズの屋台もいくつか並んでいました。
定番のTシャツはなぜか全てキッズサイズのみ。

foster35.jpg

foster34.jpg
どちらかというと青年以降の男性が必要としているはず。
foster36.jpg
こういうことは幼少からの教育が大事ですね。
foster29.jpg
TOMODACHIワッペンは1000円。
foster30.jpg
陸・海・空・自衛隊のもありました。

いちおう日本の屋台も

アメリカの屋台と日本の屋台はだいたい半々ぐらい。
基地内に住むアメリカンのファミリーもたくさん訪れるので、その方達にとっては日本の味のほうが目新しいのかもしれません。

foster10.jpg

foster09.jpg
的のイラストがス◯ムダンク。
foster37.jpg
最近は金魚すくいならぬ、プリキュアすくいなんてものがあるようです。

まとめ

総評としては、アメリカの屋台はとにかくデカイ。

1〜2品買ったらもうおなかいっぱいであまりいろいろ食べることはできませんでしたが、見てまわるだけでもじゅうぶん楽しめました。豪快な炭焼きのチキンやスペアリブは日本の屋台では見かけることは少ないと思うので、本場の味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ちなみに会場内では円での支払いもOKですが、ドルのレジと円のレジが分けられていて円のほうだけ行列していることが多かったので、ドルを持っていくと便利です。今ならレートもいいですしね。

foster32.jpg
会場内にはATMカーもありました。至れり尽くせり。

foster33.jpg
今回訪れたキャンプフォスターでは、10月29日にもハロウィンイベントで一般の入場ができるそうです。
アメリカ式のお化け屋敷が登場するとか...。ジェイソンとか出てくるのでしょうか。

詳しい情報は MCCS の Facebook に掲載しているそうなので、興味のある方はチェックしてみてくださいね。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ