2012.02.20

やえせ桜まつりライトアップの絵

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2月12日(日)まで行われていた第6回やえせ桜まつりライトアップ。桜を見るつもりが、主に小学生の絵を見てきました。

沖縄の桜

沖縄の桜は緋寒桜といって花の部分が何重にも重なり雨風にも強い、色が濃い南国の桜。
1月下旬頃から県内のあちこちできれいな花を咲かせています。

民家の軒先でもこんな風に立派に咲いています。

沖縄の桜の名所といえば
・八重岳
・今帰仁城跡
・名護中央公園
・与儀公園
などなど主に北部が有名ですが、南部の八重瀬町でも桜まつりライトアップがあると聞いたので行ってきました。

やえせ桜まつりライトアップ

今年は開花が遅かったようで、予定していた期間よりライトアップが延長されました。
ライトアップ最終日に「桜を見よう!」とウキウキと行ってきたのですが、
私の目に入って来たのは

すっかり桜が散り終わった緑の木々。

延長しすぎたのではないか!

去年はこんなでした。

こんなのが見たかった。

すっかり悲しい気分になったのですが、階段に灯っていた周辺の小学校の子どもたちが描いた絵がとてもすばらしかったので、今回は絵に注目してみたいと思います。

題して「第6回やえせ桜まつりライトアップの桜は散っていたので、子どもたちの絵を見た」

ピーマン

八重瀬町のピーマンは、肉厚で大きく甘みがあるのが特徴です。町内の小学生にも人気があり、小学校でピーマンの収穫体験やピーマンの歌が作られCD化されるなどピーマンの話題がつきません。
八重瀬観光ホームページより)

八重瀬ではピーマンが小学生にも人気があるそうです。

ピーMAN!怖い
まさしく人気があります!!
と、思いきやピーマンぽつん。
侘び寂びがわかる小学生でしょうか。

港川人

およそ1万7000年前に存在していたとされている人類。
1967年、沖縄県島尻郡具志頭村港川(現在の八重瀬町字長毛)の海岸に近い石切場で骨が発見された。(wikipediaより)

題は「やえせ」ですが
眼光の鋭さは港川人だと思います。
と、思いきや眼光の鋭くない港川人も。
剛毛さは素晴らしいです。

謝花昇

沖縄自由民権運動の父と称される人物である。
沖縄県島尻郡東風平町(現在の八重瀬町)出身。東京帝国大学農科大学卒業。沖縄県最初の学士でもある。(wikipediaより)

偉人自ら「いじんです」
と言ってしまうフランクさ。
よく見ると謝花昇「くん」
と書かれています。偉人だぞ!

トビウオ

トビウオは八重瀬の町魚です。

上からの絵。発想が天才。
トビウオの中に猫が飛んでいるぞ!

やえせ

犬がめっちゃ怒ってます。
八重瀬には有名な犬がいるんでしょうか。
八重瀬の特産物オンパレード。
芋が明らかに寝ています。
伝統芸能とサトウキビ。
そしてその上を飛ぶトビウオ!

エイサー

なぜ熊がエイサーを?
なぜ頭にタケコプター?

サクラ


花<幹

まとめ

ということで、子どもの絵を見ていろいろ言ってきましたが、最後に大人が描いたであろう絵もご紹介させていただきます。


サツマイモ擬人化。ちょっと怖め。

小学生から大人まで一貫する自由な発想力。
八重瀬に果てしない可能性を感じてしまいました。
今後も期待しております!

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ