2012.07.19

夏でも溶けないチョコは沖縄の日差しにも負けないのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近コンビニで見かけるようになった夏でも溶けないチョコ。果たして沖縄の日差しにも負けずに溶けないでいてくれるのでしょうか。検証してみました。

いやあ、夏ですね。夏満開ですね。
日本でいちばん南に位置するここ沖縄ですが、夏の気温は高くてもせいぜい32〜3度ほど。
天気予報を見ていると本土のほうが気温が高く猛暑となっていることが多いようです。そう、沖縄は日陰に入ると案外涼しくある意味避暑地といえますね。

しかし日差しに関しては本土のそれとは桁違い。
洗濯物を干す、車の運転をする、などの日常生活シーンで油断するといつの間にかこんがり小麦色。
横断歩道の信号待ちでは、電柱の影に知らない人と仲良く一列に並んでいたりするのも沖縄ではよくある光景です。

そんななか、去年あたりからコンビニで見かけるようになったのが “夏でも溶けないチョコレート”
チョコ大好き人間の私にとって、人類の科学もとうとうここまで到達したかと感激を覚えざるを得ない逸品です。
そんな夏でも溶けないチョコ。本土のメーカーから発売されているわけなのですが、これらは果たして沖縄の日差しにも耐え得る設計になっているのでしょうか?

気になったので検証してみることにしました。
 

溶けないチョコ勢揃い

choco01.jpg

コンビニで調達してきた夏でも溶けないチョコたち。
いわゆる焼きチョコ系が多いですね。

choco02.jpg
ベイク(ショコラ、ホワイト)
choco03.jpg
チョコッシュ(塩ショコラ・塩ホワイト)
choco04.jpg
チョコまで焼いた!たけのこの里
choco05.jpg
「お口でとろけて手でとけない」でおなじみm&m's

choco06.jpg
比較用として普通の板チョコも用意

choco08.jpg

さあ選手出揃いました。
思う存分沖縄の夏の日差しを浴びてもらいましょう。
 

10分経過

まずは10分経過したところで様子を観察。

choco10.jpg

右端の板チョコの色が明るくなっている以外は特に変化無し。

choco11.jpg
エッジがとれてきています
choco12.jpg
さわってみると表面がとろけた!

早速板チョコの表面が日差しによってとろけました。
ただ、まだ中まで全て柔らかくなってはおらず芯が残っている感触でした。チョコのアルデンテですね。
 

20分経過

そして20分が経過。雲が多かったので晴れたり曇ったりしています。

choco13.jpg

板チョコがさらに丸みを帯びてきています。

choco14.jpg
ベイク(ホワイト)がうっすら汗をかいています
choco15.jpg
m&m'sも裏側を見ると油が滲み出しています

板チョコ以外目立った変化は無いものの、持ち上げてみるとベイクのホワイトとm&m'sに関してはアルミホイルと接していた部分にしっとりと脂汗をかいていました。
 

1時間経過

そしてじりじりと1時間が経過。

choco16.jpg

板チョコはもはや泥と化す寸前。

choco17.jpg
さっきは変化の無かったチョコッシュ(塩ショコラ)からも脂汗が
choco18.jpg
ベイク(ホワイト)はすでに汗だく状態

チョコッシュ(塩ショコラ)、ベイク(ホワイト)、m&m'sに関しては脂分がにじみ出てきているものの、その他のチョコに関しては特に変化無し。予想以上に暑さに強い仕様となっているようです。
 

2時間経過

そして2時間が経過。ここで検証終了とします。

choco19.jpg

時刻は15時過ぎ。最近は20時頃まで明るいのでまだまだ日差しは弱まりません。

choco20.jpg

板チョコは完全に溶けて、あたり一面に甘い香りが立ち込めていました。
アリにたかられなくてよかった...。
 

検証の結果

それではひとつひとつ変化を見ていきましょう。

choco34.jpg
板チョコ Before
choco35.jpg
After:泥になりました
choco21.jpg
チョコッシュ(塩ショコラ)Before
choco22.jpg
After:裏側にうっすら汗をかいています
choco23.jpg
チョコッシュ(塩ホワイト)Before
choco24.jpg
After:変化なし
choco25.jpg
ベイク(ショコラ)Before
choco26.jpg
After:変化なし
choco27.jpg
ベイク(ホワイト)Before
choco28.jpg
After:裏側にたっぷり脂汗をかいています
choco29.jpg
チョコまで焼いた!たけのこの里 Before
choco31.jpg
After:変化なし
choco32.jpg
m&m's Before
choco33.jpg
After:裏面にたっぷり脂汗&表面のコーティングがとれてつや消しに

というわけで、日差しに対する強度順に並べるとこうなりました。

1位:ベイク(ショコラ)、チョコッシュ(塩ホワイト)、チョコまで焼いた!たけのこの里
2位:チョコッシュ(塩ショコラ)
3位:ベイク(ホワイト)
4位:m&m's



圏外:板チョコ

各社各製品、予想以上に夏の暑さに強い設計となっているようです。いやあ素晴らしい!
チョコを選ぶ際の参考にされてみてはいかがでしょうか。

choco36.jpg

ちなみに、見た目と持ち上げた感触で特に変化の無かったベイク(ショコラ)ですが、指で軽く押してみるとパリっと割れて内側はふんにゃふにゃにとろけていました。侮る無かれ、沖縄の日差し...!

月間ベストワースト受付中

関連する記事

フォローしたらいいことあるかもよ

DEEokinawaの新着記事や裏話、面白写真などが毎日届くかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ