名護市ゆるキャラ市民投票から見る名護市のイメージとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゆるキャラは対象の特長をうまくディフォルメしたものが多い。というわけで名護市ゆるキャラ市民投票にノミネートされた100体のゆるキャラから名護市の特長を抽出してみた。

名護市ゆるきゃら市民投票に行ってきた


個人的には1番「おおとり先生」が推しキャラでした。

最近、読谷村でイメージキャラクターの総選挙が行われたのをご存じでしょうか?最近このように市町村のキャラクターを決めるために広く投票を行うケースが増えているようです。


相変わらず格好いい建物

変わってこちらは名護市の市役所。ここ名護市では3月10日から14日まで名護市観光協会により「ゆるキャラ市民投票」なるものが行われました。

この市民投票は昨年11月から年齢・地域・プロアマ問わずの公募で集まったキャラクターの中から一次審査を通過した100点の候補を掲示、「これは」と思うゆるキャラに一人一点応募できるというもの。その中から最終審査を経て、名護市のゆるキャラが決定するというわけです。

で、今日の本題なんですが「ゆるキャラ」ってその土地の色々な特長をうまくデフォルメしてると思うんです。ということはこの100点の名護市のゆるキャラ候補たちを見れば、みんなが考える名護市の特長というかイメージが分かるんじゃないでしょうか?

というわけで本日はこの名護市ゆるきゃら市民投票の100体のゆるキャラのメインになっているものを分類して、それぞれ集計、何が多いのか調べてみたいと思います。ちなみに、ゆるキャラは結構色んなものが混ざり合ったりしてるんですがそのあたりは見た目で割とおおざっぱに分類しています。

 

それではさっそく見ていきましょう。

 

パインアップル

まず最も多かったモチーフは「パインアップル」。パインといえば東村が有名な気もしますが、名護市には「パイナップルパーク」という観光施設もあるのでイメージが強いのかもしれません。

…途中明らかに緩くないやつもいましたが、パインひとつとっても色々なキャラクターがいますね。最近のゆるキャラってどれも可愛いやつが多いので、個人的にはエッジが効いたやつの方が面白いんじゃないかとは思います。

 

ガジュマル

名護市のゆるキャラのモチーフとして次に多かったのがガジュマル。「ぴんぷんガジュマル」は名護市のシンボルとして有名ですよね。ガジュマルは名護市の木にもなっているようです。

途中ででてきた45番は「がじゅまる願太」と言って既にゆるキャラデビュー済みのキャラクター。名護の町でもちらほら見かけることができます。

 

アグー

名護市では絶滅に瀕した沖縄在来種の豚「アグー」を復活させ2013年に「アグーの里」宣言を行っています。最近睾丸問題が持ち上がってますが、豚をモチーフにしたゆるキャラも多かったです。

 

名護とアグーを掛け合わせて「ナグー」みたいなネーミングが多かったように思います。

 

名護といえば毎年1月に開かれる「名護さくら祭り」が有名です。というわけで桜をモチーフにしたキャラクターも結構いました。

桜をモチーフにしたキャラクターってどれも可愛くなりますね。

 

ジュゴン

名護の東海岸側ではジュゴンが観測されています。ということで、以下ジュゴンをモチーフにしたキャラクターです。

ジュゴンもキャラクターとしては結構可愛いですよね。

 

イルカ

続いてイルカ。なぜ名護でイルカなのかは過去の記事を見て頂ければ幸いです。

最後のキャラクターは見た目、パインなんですが「パイナップルを食べて育ったイルカ」という設定のようなのでイルカでカウントしておきます。

 

リュウキュウメジロ

リュウキュウメジロって聞いたことがなかったんですが、名護市の鳥らしいです。名護市のマンホールにも描かれていますね。

 

ヒージャー

名護で特に山羊が有名な訳じゃないと思いますが、沖縄県民に(主に食用として)愛されるヒージャー。名護市でも勝山というところでヒージャーオーラセー(闘山羊)が行われたりしていますね。

 

シークヮサー

こちらは沖縄の柑橘類「シークヮサー」をモチーフにしたキャラクター。先述の名護市の勝山ではシークヮサー祭が行われたりします。

 

コノハチョウ

コノハチョウは名護市のシンボルのひとつ。ここまで来ると知っている人はあまり居ないかもしれません。

 

その他

最後に分類できなかったものです。

ヤンバルクイナや名護の偉人である名護親方、名護の花のテッポウユリ、IT拠点都市などがモチーフになっています。このあたりでキャラクターを作った人はかなりニッチな所を狙ってきているんじゃないかと思います。

 

ゆるキャラ100体から見る名護市のイメージとは

以上ゆるきゃら市民投票のゆるキャラ100体でした。結構な分量だったので、お昼休みにこのページを見ている方が休み時間内にここまで読めたかどうかが不安です。本当は各キャラクターにそれぞれ解説が付いており、もっと細かくご紹介できるんですがあんまり長いとアレなんでまとめに入ります。

それでは改めてゆるキャラのメインモチーフから名護市のイメージをまとめてみましょう。

上位はパインとがじゅまる。このふたつだけで全体の46%を占めています。パインについては他のモチーフのキャラクターでも使われている事が多いので「名護=パイン」というイメージはこの図よりも多いんじゃないかと思います。

がじゅまるについてはなぜかアグーのキャラクターの頭に生えている事が多かったようです。パインアップルだと植物×植物で分かりにくいからなのかもしれません。

因みに名護市は市の鳥がリュウキュウメジロ、市の蝶がコノハチョウ、市の魚がシロギス、市の貝がスイジガイなんですが小物としてこれらの要素を取り入れているキャラクターはいても、それ自体がキャラクターになっているというのはほとんどありませんでした。このあたりは割とマイナーな存在なのと単純にキャラクター化するのが難しいからなのかなと思います。

まぁ長々書きましたが、ゆるキャラの傾向から見る名護市のイメージ=パインってことでいいんじゃないのかと思われます。

 

市民投票結果は近日公開予定

というわけで本日は名護市のゆるキャラ市民投票からお送り致しました。皆さんもこの中から推しキャラを探して応援して頂ければと思います(投票はもう終わったので心の中で)。

投票の結果は集計されて、最終選考が行われた後、正式にゆるキャラが決定するようですので期待に胸を膨らませておこうと思います。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ