ウチカビで金風呂を再現したい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ウチカビとは沖縄のお盆で使われるあの世のお金だが、これを風呂に満たせば金風呂ができるんじゃないか。

いやー旧盆ですね。本日は旧盆の最初の日「ウンケー」。ご先祖様をお迎えする日ですが、今年はあわや台風11号直撃かということでちょっとヒヤヒヤしましたね。台風は沖縄本島からそれたものの、あの世の交通機関のダイヤが乱れていないことを願いたいところです。

さて、我々DEEokinawaのお盆ネタを振り返ってみますと

ウークイの夜に中野さんのお宅にお邪魔してきた
旧盆のスーパー事情を調べよう
旧盆の準備はお済みですか?
沖縄のお盆をシミュレートしてみた
お盆でご先祖様はどのぐらいのお土産だったら持って帰ることができるのか?

などなど色々と記事を書いてきた訳なんですが、本日はお盆ネタとして僕がずっと温めておいた「ウチカビ」「金風呂」についての記事を皆様にお届けしたいと思います。


通貨単位は "元(グヮン)"

「ウチカビ」とはあの世のお金のことで旧盆やシーミーの時に燃やすことによってご先祖様に送金するというものです。中国にも紙銭というやつがあって、もともとは中国由来のものらしいですね(かつてDEEokinawaではウチカビができるまでもレポートしておりますのでそちらもよろしければ参照してください)。


雑誌の怪しい開運グッズでよく見た気がする

一方「金風呂(かねぶろ)」は富と成功の象徴であり、誰もが有り余る富みを得たら一度は試してみたいお金の使い方ではないでしょうか。

しかしながら、浴槽を札束でいっぱいにする…その夢を実現するためにはかなりの量の紙幣が必要で有り、秒速で一億稼ぐレベルくらいにならないと実現できないのではないかと思われます。

 

…そこで僕は考えたのです。


とりあえず15セット買ってきた

ウチカビだったらそこまで高くないので金風呂がつくれるんじゃないかと。

 

ウチカビで金風呂を作る

用意したウチカビは15セットで、ウチカビ1束が100円(税別)。合計すると1,620円でした。「ウチカビだったら安く金風呂にできるんじゃないか」ということでまとめ買いしてみたものの割といい値段になってしまい、冒頭でちょっと心が折れかけました。

まぁ1,620円は手痛い出費でしたが、これから始まる体験に比べたら安いものなのかもしれません。自宅の風呂に身を沈め、早速ウチカビを満たしていきます。

1束目

ウチカビをお風呂に入れると
こんな感じです。

2束目

パラパラっと
こんな感じです。

3束目

あー。

4束目

なるほど。


お前は邪魔だ。

そういうことね。

5束目

これ。全然ウチカビ足りないわ。

購入したウチカビの3分の1を消費した時点でこれ。ウチカビは20枚が一束になっていたので、100枚が浴槽に入っていることになるんですが、全然ウチカビで風呂が満ちる様子はありません。

これはもっと多くのウチカビを買い足す必要があるようです。しかし、ウチカビ15束で1,620円。1,620円といえばAmazonでSサイズのパンパースが買える値段なのです。DEEokinawaでは基本取材経費は自分持ち。このままウチカビを買い足して行くとうちの子のオムツ代が危うい…!

 

ズルしよう。

このままでは、悲しい結末にしかならないことは目に見えています。そこで…

居間にあったクッションを身体の間に敷き詰めて、その上からバスタオルを敷きその上からウチカビを配する形に変更してみました。金風呂は浴槽全てを金で満たすことに意義があるような気がしてなりませんが、この際金風呂っぽく写真に写れればよしとしたいと思います。

というわけで

作業を再開していきます。ウチカビが必要なのは表面上だけなのでこれならば15束でもいけそうです。6束,7束とウチカビを敷き詰めていき、9束投入した所で大体表面を覆う事ができました。

それでは早速、皆様に出来上がったウチカビ金風呂をご覧に入れようと思います。


イメージとの落差。

………。

なんだこれ。

確かに浴槽はウチカビで埋まっているんですが、全然ゴージャス感がありません。うっかり目を細めてみると肩の辺りが不自然に盛り上がっているので黄色い聖衣(クロス)を身にまとった人のようにも見えてしまいます。…こんなはずじゃなかったのに。

 

奥の手を出そうじゃないか

いや、皆さん。記事を閉じるのはちょっと待って下さい。あと「これワースト記事だな」って思うのも。

実は僕には奥の手があるのです。

それがこの「琉球冥界銀行券」です。

琉球冥界銀行券オモテ
琉球冥界銀行券ウラ

この琉球冥界銀行券はウチカビを現代風にアレンジしてできたまさに、新しいウチカビということで一万円札そっくりなウチカビ(線香の香り付き)が100枚入っているのです。その一万円札そっくり度合いは偽札事件に発展するなど物議を醸し出したらしいのですが。

沖縄にはウチカビで子どものためにあめ玉買いに来た幽霊の話なんかもあるんですが、現代社会においてリアルでウチカビで買い物しようとしたらまぁ、詐欺ですよね。

この一万円札に檄似のウチカビ、これを配していけば割とそれっぽくなるんじゃないでしょうか。

はじめっからこのウチカビ使えよ、って思った方も多いと思うんですがこれ100枚入りで700円なんです…。それなりの量を用意するのは金銭的に厳しかったんですよね。きっとあの世でもセレブ御用達なんだと思います。

そんな話はさておいて、それでは琉球冥界銀行券を加えた、ウチカビ金風呂をご覧下さいませ。

おお!ちょっと金風呂っぽくなった!


ヒャッハー!

あの世のお金だと分かっていても、ここまで来るとちょっとテンションが上がりますね。というわけでご自宅に大量にウチカビが余っている皆さん、ウンケー用にウチカビを大量に買い込んだ皆さん、ぜひとも一度「夢のウチカビ金風呂」を試してみては如何でしょうか。ちょっとリッチな気分になること請け合いですよ!


何やってたんだろ…。

ただちょっと冷静になると、ものすごく空しいですが。

 

やってみたかったんだ。

というわけで「ウチカビで金風呂を作る」本日の記事は如何だったでしょうか。よく考えると勢いだけの記事になってしまった感が否めないのですが、まぁそこは旧盆に免じて許してくださいませ。

使い終わったウチカビはウークイの時に使いたいと思いますが一気にこんなに燃やしてしまうと、あの世でインフレが起きないか心配です。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ