沖縄のカラオケの「りれき」、饒辺愛子の曲が一番多い説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
何気なく、見ているだけだった、カラオケの「りれき」機能。僕は気付いてしまった、饒辺愛子の曲が一番多いんじゃないかってことに。

カラオケに行くと、一番最初に歌う曲に迷いませんか?時期によって変わるのですが、最近の私のマイトップバッターソングは「嵐の素顔/工藤静香」です。

♪あ~らしをっ!(ハイッ!)お~こして(GO!)みたいな掛け合いが出来たらよっしゃと心の中で思っていますし、それに感化されて誰かが2曲目に「慟哭/工藤静香」を入れてくれたら、シメシメです。

次はどの曲を入れようかという時に、便利なのが「りれき」機能。それを何気なく見ている時に気付いたんです。

「あれ?しょっちゅう饒辺愛子さんが出てくるなぁ」と。

饒辺愛子
65年に「なんた浜」でレコードデビューして以来、そのキュートさで県内外にファンの多い民謡歌手。特に88年にリリースした「肝がなさ節」が代表曲。自らが営む沖縄市の「民謡クラブ ナンタ浜」にて毎晩ステージが楽しめる。

饒辺愛子さんと言えば、肝がなさ節などのヒット曲で知られる、言わずと知れた沖縄民謡界を代表する歌手。
演歌・民謡世代の方が集まれば、一番多く歌われているのは饒辺愛子さんに違いない!

というわけで、やって参りました「カラオケハウスとまと宮平店」さん。お食事メニューは定食屋さながらのラインナップということもあり、お昼から夕方の時間帯に掛けては、年配の方も数多く利用されています。今回の調査にはうってつけです!

実際に食堂的な感じで利用できるスペースがある

 

デンモクのりれきを調べよう

・複数のデンモクのりれきを閲覧
・演歌・民謡の歌手を抽出してカウント
・歌手別に集計して、ベスト10を集計


クリックで大きくなります。

総集計数は330曲。それでは10位からランキング形式で発表しましょう!

10位 フランク永井 8回

その低音ボイスを忘れられない方多数。「有楽町で逢いましょう」がやはり人気。

次は同ランクが2人います!

8位 都はるみ 10回

♪あんこぉ~~~あん~こ~の「アンコ椿は恋の花」でコブシの効いた歌声を披露しているのだろうか。

8位 北島三郎 10回

日本歌謡界のオヤジ、サブちゃんの人気は根強い。愛馬キタサンブラックも絶好調。

まだ、饒辺愛子さんは出て来ません。かなり上位にはいると思います。演歌民謡系のラジオ番組でよくリクエストされているので、カラオケでも歌われているはず!
ちなみに「饒辺(よへん)」という読みは地名にもあって、うるま市与那城にあります。

次も同率で3人が並びました。

5位 島倉千代子 11回

人生いろいろ経て来た先輩方、お千代さんを歌って思い出話に花が咲きます。

5位 舟木一夫 11回

学園ソングが印象的でいつまでも若々しい舟木一夫さんに、学生時代を馳せているのだろうか。

5位 饒辺愛子 11回

来たー!!ここで饒辺愛子さんランクイン!でも、5位か~。1位と思った~。しかし、上位!
歌われていた曲は「肝がなさ節(5回)」「麗しの琉球(3回)」などでした。県民におなじみ、お笑いポーポーの「カマド体操」が歌われていたのも上位ランクのポイント。

完全に個人的な予想ですけど、饒辺愛子さんは「よ」から始まるので、歌手検索する時に50音順で最後の方になっちゃうんですよね。これが「アイコ・ヨヘン」って名義だったらもっと増えていたはずです。

説の立証はなりませんでしたが、ランキングの続きはこちら。

4位 中島みゆき 12回

若い世代にもおなじみの「糸(3回)」「時代(2回)」「誘惑(2回)」など多数。

3位 西郷輝彦 15回

昭和の御三家、西郷輝彦さんには熱狂的なファンが一定数いらっしゃるのか、7連チャンと4連チャンで入れている人がいました。

2位 美空ひばり 26回

「真っ赤な太陽(3回)」「越後獅子の唄(3回)」など多数。「愛燦々」や「川の流れのように」が1回も歌われていなかったのは世代の通か。

1位 石原裕次郎 33回

「赤いハンカチ(4回)」「北の証人(4回)」「黒い海峡(4回)」など多数。ぶっちぎりの33回!

次点…三橋美智也・五木ひろし・テレサテン(7回)/山里ゆき子・大津良子・赤木圭一郎(6回)/フォーシスターズ・城間和子(5回)など

懐メロカラオケ歌唱回数TOPは石原裕次郎さんでした。さすがは国民のボス!美空ひばりもそりゃあ女性歌手では1位だと納得。ワンツーはぶっちぎりでした。
そんな中、饒辺愛子さんは、全国的にレジェンドの歌手に混じって第5位!やはり、沖縄では饒辺愛子さんの曲を歌っている人は多かった!

沖縄の歌姫・饒辺愛子さんの生の優しい歌声を堪能したいという方は、沖縄市中の町の「民謡クラブなんた浜」へ!

「なんた浜」
【住所】沖縄市上地1-15-12 
【電話】098-932-5930
【営業】21:00-4:00
【定休】月曜日

 

ゲストライター

ooura-prof.jpg
ナガハマ ヒロキ
パーソナリティ・ライター。浦添市出身、1986生。現在レギュラーは、サンデーマグネット(日曜13時~13時20分・RBCiラジオ/コーナーレギュラー)・ラジオカーレポーター(ミュージックシャワー・あまくま訪問【月曜・金曜】シャキっとi【火曜】RBCiラジオ)。執筆媒体は、週刊レキオ(琉球新報副読紙)・沖縄タイムスプラス(沖縄タイムスWeb版)・おきなわマグネット・DEEokinawa・週刊ファミマガ等。司会業も絶賛稼働中。趣味は競馬と大相撲観戦。

HP・個人ブログhttp://office-fanfare.com/
twitter:https://twitter.com/nagahamahiroki
 

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ