2018.03.15

ウォーキングでハートを描きたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イオンモールライカムの周囲を歩くとハートが描けるという、その名もハートロードウォーキング。一周およそ2kmの道のりに挑戦してきた。

ハートロードウォーキングとは

少し前のことですが、Facebookを見ていたらこんな情報を見かけました(なんか最近このパターン多いですね)。

北中城村健康サポートチームプロジェクトが主催している『ハートロードウォーキング』。
なんでもイオンモール沖縄ライカムの周囲をぐるりと歩くと、その軌跡がハートのかたちになるんだそう。
各市町村それぞれ、日々様々なプロジェクトを企画・開発していると思いますが、このことに気づいた人はちょっとすごいんじゃないかと思います。

投稿を見たのは1月だったのですが、真冬だし寒いから無理と思っていたらいつの間にか3月になり、早くも太陽が気合を入れだしたので、重い腰をヨイショと上げて行ってみることにしました。

受付はイオンモールライカムの正面、ライカムウェルカムステーションと呼ばれるエリアにある『トラベルマートきたポ』もしくは『北中城村観光協会』。

カウンターでハートロードウォーキングに参加したい旨を伝えると、すぐに無料でスタンプカードを発行してもらえます。

自分の好きなときにウォーキングをし、終わったらこのカードを持ってもういちどきたポまたは観光協会に行けばスタンプをもらえるという仕組みだそう。ハートロード一周が約2kmだそうなので、一周なら2km、二周なら4kmになるというわけですね。いつどれだけ歩いたかについては、完全に自己申告だそうです。

果たして本当にハートの軌跡を描けるのか、今回はアプリで計測しながら実際にウォーキングしてみることにしましょう。

コースは、イオンモールを時計回りにまわる『まーいコース』と反時計回りにまわる『ぺーちんコース』の2通り。受付の方いわく「お好きな方でどうぞ!」とのことだったので、今回はまーいコースでいくことに。
ではいざ、スタート!
 

たかが2km、されど2km

この日の最高気温は24度。しまった。うかうかしているうちに夏が来てしまったようです。

歩道は広く、まだ新しい道のためか雑草なども生えていないのでとても歩きやすいです。
左側に見切れている建物は、病食巡礼の旅で登場した中部徳洲会病院。ウォーキングなので、かっこいい建物をじっくりと見ることができます。

イオンモールの敷地を出て最初の曲がり角まで来ました。遠くに中城湾が見えます。絶景。
しかし受付の方が「コース沿いの目印をたどって歩いてくださいね」と言っていたわりにここまで全く目印が無く不安になってきたところにようやく。

ここまでの距離、400mだそうです(反対周りのぺーちんコースの人は1600m)。
けっこう歩いた気がしたけど、まだまだだな。


しかし暑い...

気温は高いものの海からの風がわりと涼しく真夏のようなことはなかったのですが、西日の時間帯に差し掛かっていたこともあってとにかく眩しい。帽子とサングラスを持ってこなかったことを悔やみつつ、ずっと敬礼した状態のまま歩を進めます。
 

ハートのいちばん下までやってきた

イオンモールの裏側あたりにやってきました。
ちょっとした広場になっており、その片隅になにやら石碑のようなものが見えます。

北近づいてみると、中城村旧字比嘉集落跡地の案内でした。

このあたり一帯はイオンモールができる前は米軍のアワセゴルフ場だったことは記憶に新しいですが、さらに遡って第二次世界大戦前までは比嘉という集落があったそうです。イオンモールができるときに、永く後世に集落の名前を残すために石碑を建立したとのこと。ウォーキングしていなかったらなかなか見る機会が無かったと思うので嬉しい発見です。

ちなみに、ちょうどこのあたりで1kmを超えました。よし、あと半分だ。
軌跡を見てみると「ワ」のような「ク」のような形をしていますね。

このあと長く続く直線の緩やかな下り坂は、イオンモール南通り(東西線)と名付けられた通り。
こちらも日差しを遮るものがなにもないので、引き続き敬礼スタイルで歩いていきます。それにしてもここまで、すれ違った人数はゼロ。もし向こうから同じく歩いている人がやってきたら、思わずハイタッチぐらいはしていたかもしれません。

歩いて歩いて、ついに国道330号線に突き当たりました。

バス停からイオンモールに伸びているあの階段を登ればきっとゴールまで近道ですが、軌跡がハートじゃなくなってしまうのでぐっとがまん。もう少し、もう少しや...。


ここまで1800m。ゴールはもうすぐ!

ついに最後の曲がり角。イオンモール正面が見えてきました。

巨大シーサーの真横を通過するときにアプリから2kmのお知らせが。
 

ついにゴール!ハートは描けたのか?

そしてついにゴール!
受付をしたきたポとは反対側にある、北中城観光協会にたどり着きました。
2km、意外と長かった。そしてめっちゃ汗かいた。


ぺーちんコースの場合はここがスタート地点になる

それではアプリの計測結果を見てみましょう。

ここまで写真を撮りながらゆっくりめに歩いて25分。なかなかいい運動になりました。
道幅も広く、高低差もあまり無いので歩きやすかったです。

観光協会の方に、ウォーキングしてきた旨、そして距離を告げて距離に応じてスタンプシールを貼ってもらいます。今回は2kmなので1枚。
北中城村の地域活性化キャラクター「北」「中」「城」の頭文字をとって名付けられた「北」のぺーちん、「中」のゆくりん、「城」のまーい、という三種類のシールから好きなものを選ばせてもらえました。なんとなくで「ゆくりん」をチョイスしましたが、今回まーいコースを歩いたので「まーい」でお願いすればよかったなと後から思った次第です。

さて、ハートウォーキングというからには、しっかりハートが描けているのでしょうか。
改めてアプリを見てみましょう。

ハート...

ハー...ト...?

 

 

きっぱり「これはハートだ」と言い切るにはいささかいびつなフォルムですが、いちおうハートが描けていたようです。
ハートのいちばん下の部分がギザッとしているのは比嘉集落の石碑を見るためにウォーキングコースからちょっとだけ内側に入ったから。アプリの精度ってすごい。
 

最後にワナが待ち構えているから気をつけて

あー歩いた歩いた。いい運動したわー。と晴れ晴れした気持ちで、うっかり視線を向けてしまったのです。

......ハッ!
今まで私はいったい何をしていたのだろう...!

消費カロリー:90
摂取カロリー:194

というわけで、100カロリー以上のオーバーにて本日ゲームセット。
ハートロードウォーキングの後はすぐ近くにあるブルーシールの誘惑に皆様お気をつけください。さ、もう一周してくるか...。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ