• ねこが市長?初代市長を決める「ニャハ市長選挙」(那覇市非公認)を密着取材
2018.10.19

ねこが市長?初代市長を決める「ニャハ市長選挙」(那覇市非公認)を密着取材

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
那覇市長選挙の前哨戦として行われた、架空都市「ニャハ市」の初代市長を決定する「ニャハ市長選挙」。いったいどのような選挙だったのでしょうか?今回はその全貌をお伝えしたいと思います。

ニャハ市長選は那覇市長選挙の前哨戦(那覇市非公認)


立候補ねこ7匹の勇姿

県知事選、宜野湾市長選から豊見城市長選、那覇市長選と選挙ラッシュの沖縄。
そんな沖縄で9月22日から10月6日まで、架空都市「ニャハ市」の初代市長を決定する選挙が行われました。

この企画は沖縄に住む「島猫」をこよなく愛する沖縄県内の「ねこメディア」のクリエイターたちが集い発足した「島猫力向上委員会」が企画したもので、後日行われる那覇市長選挙の前哨戦と名打って行われたもの。

いったいどのような選挙だったのでしょうか?今回はその全貌をお伝えしたいと思います。

選挙は立候補ねこ募集から始まった

立候補者の募集期間は9月12日から12日の1週間。誰でも立候補できるわけではなく、条件があります。募集期間中に自分のねこが出馬できるかどうか、真剣に悩んだ方も多かったのでないでしょうか?

ニャハ市長立候補募集ポスター
立候補募集ポスターバトル編

条件としてまず「ねこ」であること。
那覇市在住の飼いねこまたは看板ねこ(年齢税別問わず)で、1飼い主につき1候補のみなどをクリアしていること。

また、市長・副市長に当選したあかつきには、島猫力向上委員会とともに全てのねこたちのため、広報活動などの手伝いを昼寝の邪魔にならない程度に協力することになります。

参加費用としてニャハ選挙管理委員会に供託金5,000円を支払いますが、これは選挙運営及び印刷物に使用し、一部は(一般社団法人)琉球わんにゃんゆいまーるへ寄付されるという仕組みになっています。

 

初代ニャハ市長選に7人の侍ならぬ7匹のねこが出馬表明


候補ねこ一覧

立候補した猫7匹は全て保護されたねこ達。この時点ではまだ飼い主が決まっていなかった保護ねこの「グルー(仮名)」が特別枠で参加です。

各候補の自己アピールと推薦人からの熱いメッセージがポスターに込められています。(この記事では一部内容を省略させていただいています。ポスター内容を詳しく知りたい方は島猫力向上委員会のFacebookまたはinstagramをご覧ください)。

それでは、各候補の皆さんを紹介していきましょう。

 

にゃんにゃん丸(男の子/1.5歳)

にゃんにゃん丸候補。好きなことは近隣パトロール、好きな食べものは県産ササミ。3か月で保護されたその日から、店頭で大の字で眠る大物ということで、その大物ぶりから沖縄県立図書館一日館長を務めたこともあります。

ニャンニャン丸候補(右)と妹のチャーミーちゃちゃ丸(左:保護猫・6か月)さんとのツーショット。

 

フジ(男の子/5歳)

続いてフジ候補。好きなことはプリンターの上で寝て、たまにテスト印刷をして調子を確認することと、ボスとして犬1匹、猫3匹の統率をとることだそうでリーダーシップには優れていそうです。

他人が家に来た時など何気にガードしようとする男気も持ち合わせているそうです。あと無類の味噌好き。

 

おもち(男の子/4才)

おもち候補。「日々癒しをお届けします!」のPR通り、日々癒しをお届けする業務を全うしているそうです。

猫が苦手な人でも「おもちは大丈夫」と言ってくれるほど、大人しく人なつっこい癒やし系。

 

ぶん太郎(男の子/8才)


ゲストライター・ちゃーりーさんの会社で飼ってる猫

デザイン事務所の看板猫として約7年の間、社内を癒し、人間関係を円満にしてくれているというベテラン壮年ねこ。


ヘリオス酒造のリキュール『蔵ねこのゆずシークワーサー』のモデルでもあるぶん太郎候補

どんな来客にも物怖じせず、時には接客し、クライアントの広告モデルとして活躍しているのだそうです。

 

梅にゃん(女の子/6才)

今回の立候補ねこの中で唯一の女性ねこ候補である梅にゃん候補。


お手をする梅にゃん候補

先代猫店長がどこかから連れて来たそうで、先代猫店長を継いで店番をしているそうです。

 

クロチャン(男の子/5才)

クロチャン候補。順応性が高く面倒見の良いボス猫で他に血の繋がっていない4匹の後輩猫達の毛繕いを毎日したり、悪さをしていると飼い主に報告に来たり、外に宅急便のお兄さんがいると報告に来たり番犬のような猫だそうです。

ピアノ教室にピアノの音色を聴きに毎日やってきたのが縁で保護されるというすごい出会いもポイントです。

 

グルー(仮名)(男の子/4ヶ月)

そして仮名で立候補のグルー(仮名)候補。すぐにゴロゴロしてしまう抱っこ好き。4ヶ月という最年少候補です。


幼少期のグルー候補

「モフモフ長毛イケニャンの俺と一緒に住まないか?」というホストみたいな自己PRがすごいです。

 

ニャハ市長選挙投票所の様子


牧志第一公設市場の投票所

9月24日、いよいよ投票が始まりました。県民の台所「牧志第一公設市場」を始め、那覇市内各地に投票所が設置され投票がスタートしました。


支持するねこに投票する支持者

選挙ポスターに掲示されたねこ達の可愛さもあってか、市場に設置された投票用紙100枚はあっという間になくなり急遽追加する事態に。メディアにも取り上げられ、インスタやSNS、店頭アピールで投票率が日を追う毎に公表され、選挙戦も白熱してきました。


蔵ねこのゆずシークワーサー

投票所設置初日、国際通りにあるビアレストラン「バッカスの胃袋」(旧ヘリオスパブ)が1日限定投票所となり、ぶんたろう候補がモデルを務めたリキュール「蔵ねこのゆずシークヮーサー」を呑みながら、島猫映画「Nyaha!Part#0」を観るというまさに猫づくしなイベントも開催されました。


上映会には一般の方も無料参加OK

可愛いねこの映像と、ねこになりきった沖縄よしもと芸人さんのアフレコが楽しくて観客も喜んでいましたが、映画の後半には地域とねこの共存を目指す取り組みのTNR(注1)活動の記録もあり、人とねこの共存と関わりを考えさせられる場面もありました。

(注1)TNRとは 飼い主のいないねこを捕獲し(Trap)不妊手術を行い(Neuter)元の場所に戻す(Return)活動で、のらねこが繁殖しないようにして殺処分される数を減らす目的で行われています。不妊手術済みのねこは目印として片耳をV字にカットしてあるので「さくらねこ」と呼ばれています。

 

選挙終盤!週末の各選対事務所を訪問

投票締め切りは開票日の前日、6日15時です。台風24号の影響もあり、支持層による選挙活動は苦戦したようですが、各候補ねこ達は各自普段通りにマイペース。可愛さパワー全開で人々を癒したり、店に訪れるお客様のおカメラ撮影に対応したり、家族ねこの面倒を見たりしながら選挙活動を行っています。自慢の特技でゆるーく最後の票を集める候補もいました。各候補にインタビューを試みました! (セリフはあくまで書き手の妄想です)

にゃんにゃん丸さん


身だしなみにこだわるにゃんにゃん丸候補

新たに引き取られた保護ねこの妹に付きまとわれながらもグルーミングを欠かさない清潔男子。「結果がどうなろうとも、身だしなみには普段から気をつけてますニャ。」

 

フジさん


家族と共に選挙事務所(自宅)でくつろぐフジ候補

同居人の先輩ワンコとも仲良しなフジ候補。「今回は保護犬や保護ねこに関心を持ってもらおうと思い立候補しました。後は静かに家族と共に結果を待ちますニャ。」

 

おもちさん


癒しパワー全開のおもち候補

お店に入るといつもと同じように優しく出迎えてくれた癒し系王子。「得票とか難しい事考えてないで僕と一緒に寝転んでごらん。気持ちいいニャン。」と愛くるしい魅力を振りまいていました。リラクゼーション効果アップ間違い無し!

 

ぶん太郎さん


書斎でくつろぐぶん太郎候補

「台風に続く台風の中、投票してくれる人がいるなんてありがたいね。後は天命を待つ、かニャ。」貫禄十分なぶん太郎候補です。

 

梅にゃんさん


体重を公開中の梅にゃん候補

「選挙選じゃなくてもお手、おかわりの特技は見せるし、アイドルが嫌がる実際の体重だって平気で公開出来るニャ。愛されキャラですから!」さすが紅一点!

 

クロチャンさん


お気に入りのバックでくつろぐクロチャン候補

「台風やら選挙やらバタバタしているけど、このバッグに入ってピアノを聴くのが格別なんだニャ。選挙?明日は明日の風が吹くさぁ。」長時間の移動も苦にならなかったようです。忍耐力ありますねぇ。

 

グルーさん


遊説中のグルー候補

イケにゃんのグルー候補には時間が合わず残念ながら会えませんでしたが、なんと選挙中に里親さんが決定したそうです!めでたい!

 

いよいよ開票!


開票作業

連続して訪れた台風25号も去り、開票日当日は晴天です。那覇大綱挽が開催される日とあって、外では爆竹やら掛け声で賑やかです。開票作業は「沖縄ラフ&ピース専門学校」にて行われました。

中には解読不可能な票も…。

各候補せめぎ合う中、ついに開票結果発表です!

有効投票数 1,386票のうち、

クロチャン 316票
ぶん太郎  226票

(得票数公開は上位2候補まで)

ということで、初代ニャハ市長はクロチャン候補、初代ニャハ副市長はぶん太郎候補に決定しました!
おめでとうございます!
なんとリアル那覇市長からもお祝いコメントが届いたそうです!(あくまでも今回の選挙は那覇市でなくニャハ市の市長選挙です)

 

初代ニャハ市長:クロチャンコメント


初代ニャハ市長:クロチャンさん

この度、初代ニャハ市長にボクを選んで下さりとても嬉しい気持ちでいっぱいです。
わざわざ投票に足を運んでいただいた皆さん、本当に本当に有難うございました!
ボクは四年前は野良猫でした。
そのボクが今こうしてニャハ市長に任命され、保護猫代表として今後は、人と動物達が幸せに共生出来る明るく楽しい未来を目指して頑張っていきたいと思います。
企画して下さったハチさん。アリガトウニャ。

初代ニャハ副市長:ぶん太郎コメント


初代ニャハ副市長:ぶん太郎さん

まずは投票、応援していただいた皆様へ感謝の気持ちでいっぱいです。市長にはあと一歩及びませんでしたが、市長猫さんと協力し、ニャハ市を盛り上げていけるよう頑張りますニャ!

柄の通り、白黒つけるニャハ市政に期待が高まります!
今回立候補した他のねこ達も今後ニャハ市の活動に協力することがあるかも?
何はともあれ各候補たちと飼い主さんが、人とねこの楽しい暮らしをもっとたくさんの人々に知らせる広報活動が大事な役目のようです。

最後に、ニャハ市選挙管理委員会の畑井モト子さんよりコメント頂きました。


島猫力向上委員会の皆さん

「マスコミにも取りあげられるなど、こんなに盛り上がるとは思っておらず、正直驚いています。ねこは人を惹きつける魅力があるのかもしれないですね。これからもねこと人が共存できる架空都市「ニャハ市」を盛り上げることで、猫好きだけでなくそうでない人も里親探しやTNR活動などに興味を持ってもらえるきっかけになればいいなと考えています。」

というわけで無事終わったニャハ市選。これを機に、沖縄の猫たちの認知や地位向上が進んで行くとよいですね。

 

協力・資料提供:島猫力向上委員会、ニャハ市選挙管理委員会
Facebbok:https://ja-jp.facebook.com/shimanecopower/

 

おまけ

もし、ねこが市長になったら…の妄想ポスター。いい味出てます。こちらも是非ご覧ください。


「市長!副市長!おもちゃの取り合いで喧嘩はおやめください!」


「市長!ちょっとカリカリこぼしすぎ!」


「市長!答えられないからって取材のカメラを噛まないでください!」


「市長!来客です!段ボール箱から出てきてください!」

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ