2019.02.08

ミニチュア旗頭でお祝いしたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
沖縄本島中南部のまつりなどでよく目にする旗頭。あれのミニチュアを作ってケーキに立てたら、お祝いのメッセージ飾りとして使えるのではないだろうか。

先日、家族の誕生日だったのですが、100均でバースデーケーキに立てる数字キャンドルを探していると、最近はケーキに立てるいろんなデコレーションパーツが売られていることに気が付きました。
ガーラントと呼ばれる賑やかな三角旗や、プロップスと呼ばれるメッセージ吹き出しのようなものまで。
昔はせいぜい年齢の数の棒状のキャンドルと、薄いチョコレート板に書かれたメッセージぐらいだったのになぁ...と感心するとともに、もしかしたらこれを沖縄っぽいものでも作ることができるのでは思い立ったのです。

そこで白羽の矢が立ったのが、旗頭(はたがしら)です。まぁタイトルで既にばれてますが。
ここで旗頭について軽く説明しておくと、旗頭とは沖縄県中南部で行われる豊年祭や綱引きなどのまつりで目にする『幟(のぼり)』の一種。各字ごとに様々なデザインで作られ、村のシンボルであり守り神のような存在ともいわれています。
これまでの記事でも『全島旗頭フェスティバル2012』や『旗頭であの人を応援したい』、その他いろいろなまつりのレポート記事などにちらほらと登場しています。

そんな旗頭。各字のモットーである『瑞雲』『和氣』などの旗字が書いてあるスペース(上の写真で『島』と書いてある部分)にお祝いのメッセージを書き込めば、沖縄らしいケーキのデコレーションとして使えるのではないでしょうか。
というわけで、ケーキに立てられるミニチュア旗頭を手作りしてみることにしました。

まずは旗の本体部分を作っていく

実際の旗頭を作ったときのことを思い返しつつ、あれのミニチュア版ということで材料は竹ひご+家にあるものでなんとかなりそうです。まずは100均で竹ひごを買ってきました。

これを旗竿として適当な大きさに切り、組み立てていきます。

実寸の旗頭を作った際に苦戦した接合部分は、針金入りのペーパータイを使うことでなんなくクリア。はずれないようにぎゅっと締めておきます。たまたまですが、竹ひごの色あいと馴染んでいい感じ。

メッセージを記入する旗の部分はしっかりとした固さが欲しかったので画用紙で作ることに。旗竿に合わせた大きさに切り、那覇大綱挽行列の旗頭の画像を参考にしつつ、縁取りをマジックで黒く塗りつぶしていきます。

そして旗を竿に通す『耳』の部分。これも実寸のときは旗を通す前に竿を組み立ててしまい苦労しました。今回は細く切った折り紙で旗竿にくっつけていくことに。

このとき、仮止めはセロハンテープではなくマスキングテープを使うのがポイント。このあと旗の内側を糊付けをするときにセロハンテープだとくっつかなくなってしまうからです。

旗竿に『耳』を通して固定したら、糊付けしてパタンと閉じて接着。

これで旗部分は完成です。
 

トゥールーはやっぱりアレだよね

そして旗頭の命ともいえる、旗の上にのせる飾り『トゥールー(灯籠)』部分の制作に移ります。

息子のねんどと折り紙を拝借しました(許せ息子よ)。
トゥールーのモチーフですが、DEEといえばやっぱりアレですよね。

つるんと美味しそうにできました。

灯籠を支える『さんまー』と呼ばれる部分は月桃の葉っぱをイメージして折り紙で作ります。

月桃の葉っぱに見えるように適当に折ったら、中心にキリで穴を開け旗竿にブスッと通します。

さいごにトゥールーをのっけたら。

ミニチュア旗頭の完成です!
...ちょっとこれは、想像していた以上にかわいい出来栄えなんじゃないでしょうか。
 

ケーキに立ててお祝いしてみよう

それでは早速ケーキに立ててみましょう。

ちなみにローソンで買ってきたこのラズベリーショコラケーキ、GODIVA監修のやつで450円もしました。いや、めぼしいケーキがこれしかなかったので買いましたけどね。450円でした。せめて2回言わせてくれ。

で、こう。

お誕生日、おめでとう!

カジマヤー、おめでとうございます!

ちょっとケーキとのサイズ感が合ってないような気もしますが、これはわりとかわいいのではないでしょうか...!

旗字部分を取り外しできるようにしておけば、お誕生日はもちろんのこと、結婚式やカジマヤーのお祝いとかでも使えます。なんて画期的かつ経済的!トゥールーのモチーフをいろいろ変えても楽しいですね。

というわけでミニチュア旗頭をケーキのお祝いメッセージ装飾にする試み、意外とうまくいった気がします。
どこかの企業さんがちゃんとした商品を作ってくれないか期待しつつ、そのときはちゃっかり監修しますので、お声がけをお待ちしております。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ