2021.11.17

沖縄のスーパーで買える外国のお菓子を食べてみた(後編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
沖縄のスーパーマーケットで買える、日本では馴染みのないカラフルな外国産のお菓子。いったいどんな味わいなのか?実際に買って食べてみた。

沖縄のスーパーでは珍しい外国産のお菓子がたくさん売られている

沖縄には米軍基地がある影響で外国人が数多く暮らしていたり、かつてアメリカ統治時代があったりすることから、アメリカ文化がとても身近にあります。その影響もあってか、沖縄県内の一般的なスーパーマーケットのお菓子コーナーには、外国産のお菓子がやたらたくさん並んでいます。

気になった外国のお菓子を実際に食べてみようという企画の後編として、今回はスナックやチョコレートを攻めてみます。
クッキーやマシュマロ、グミなどを紹介した前編をまだ見てないよという方はぜひ併せてチェックしてみてくださいね。

スナック系

・Ligo ポテトチップス バーベキュー味

レーズンでおなじみのブランドLigoのポテトチップス。他にオリジナルとサワークリームオニオン味もあったのですが、バーベキュー味を選んでみました。

チップスターのような成形タイプのポテトチップスです。パリッとした食感とバーベキューソースを連想させる甘辛いフレーバー。コーラとかビールとか一緒に飲みたくなるやつですね。ちょっと警戒してた油臭い感じとかも特になく、普通に美味しいポテトチップスであっという間になくなりました。

お気に入り度 ★★★

 

・Ligo ポテトスティック

同じくLigoのポテトスティックです。さきほどのチップスはマレーシアでしたがこちらの原産国はアメリカ。同じブランドの商品でも原産国が違うとかあるんですね。原材料はかなりシンプルで、ポテト、食塩、植物油脂のみです。

パッケージが少し変わっていて、紙でできた筒の上下に金属の蓋がついている形状です。開封するには紙筒の上部についているつまみをピーっと引っ張ります。

開封したところ。細いスティック状のポテトが入っています。原材料どおり、薄い塩味のみのとてもシンプルなじゃがいもの味わいです。サクサクカリカリとした食感で、こちらも変な油臭さはなく美味しかったです。

お気に入り度 ★★★★

 

・プレッツェル ベーコンポテト味

お次は中国のプレッツェルです。今回はベーコンポテト味を選びましたが、他にサラダ味とピザ味がありました。

個包装を開けてみるとこんなかんじ。グリコのプリッツよりも太くてサクサクとした食感で食べごたえがあります。ベーコンポテト味ということでしたが、個人的にはあまり好きな味ではなかったです。こんどサラダ味食べてみよう。

お気に入り度 ★

 

・コンボス チェダーチーズ味

お次はアメリカのクラッカー、コンボスです。コンボスってたしか以前、日本でも販売されていましたよね??テレビCMもやっていたのを覚えています。いつの間にか見なくなりましたが。

そうそうこれこれ!短いちくわのような形状で中にチーズが詰まったクラッカーです。表面の大きめの粒の塩がアクセントになっていて美味しいです。なにかに味が似てるなーと思っていたのですが、あれだ。リッツだ。わりと食べごたえがあるので、1袋食べたらお腹が膨れました。

お気に入り度 ★★★★
 

スイーツ系

最後はチョコレートです。チョコバー系は売り場のなかでも種類が豊富で、どれもパッケージがよく似ているのでなかなかチョイスを迷いました。
 

・ホッパーズ モルトミルクボール

アメリカのチョコボール、ホッパーズです。パッケージがいかにもアメリカ!といった雰囲気でかわいいですね。

中身がこちら。森永チョコボールをひとまわり大きくしたサイズ感です。割ってみるとモルトミルクがたっぷり詰まっていて、表面のチョコよりも多いです。サクサクした食感で、このモルトミルクがかなり甘いです。脳天に突き刺さる甘さ。

お気に入り度 ★☆☆☆☆
 

・ターノック チョコレート ワイファークリーム

お次はイギリスのチョコバー、ターノック。これは比較的どこのスーパーでもレジ横などでよく見かける気がしますがはじめて購入しました。

断面はこんな感じ。ウェハースをチョコレートでコーティングしたキットカットのようなチョコバーでした。商品名のワイファークリームというのはきっとウェハースのことですね。ウェハースがサクサクで、チョコレートも甘すぎずとても美味しいです。これは見かけたらまた買ってしまうはず。

お気に入り度 ★★

 

・セレナタ トリプロ

お次はギリシャ共和国のチョコレートバー。ギリシャ!遠くからやってきたんだな、おまえ。

商品名にトリプロとあるとおり、山が3つくっついたような形をしています。中はウェハースと甘いココア風味のクリームがたっぷり。ほんのりヘーゼルナッツの風味もします。このココアクリームがわりと独特な味わいで甘さも濃厚でした。お土産とかでいただくような、ザ・外国のチョコレートという印象です。

お気に入り度 ★☆☆
 

・セレナタ ツイン

最後は同じくギリシャのチョコレート、セレナタです。さきほどはトリプロでしたが今回はツイン。

開けてみると2本のチョコバーが入っていました。ターノックよりもさらにキットカットっぽいですね。サクサクと軽いウェハースの食感と薄めのチョコレートのバランスが良くて美味しいです。セレナタでいえば、個人的にはトリプロよりも断然ツイン派!

お気に入り度 ★

 

意外と美味しいぞ、外国お菓子

というわけで沖縄のスーパーで買える外国産のお菓子、前後編に分けて実食レポートをお届けしました。
食べる前は「いやいや、やっぱり日本のお菓子がいちばん美味しいわ〜」なんて、過去の経験(お土産でもらう外国のお菓子は大概まずい)からちょっとした偏見があったのですが、意外と普通に美味しいものも多くて驚きでした。

その他にもまだまだ紹介しきれていないお菓子が売り場にはたくさんあると思うので、気になる商品があったら試してみると楽しいですよ。お値段も日本のお菓子と比べると安いものが多いので、紅芋タルトやちんすこうに飽きた友人へのバラマキ土産にもいいですね。

と、ここまで記事を書いてみて、これらのお菓子から摂取したカロリーが恐ろしくなってきたのでちょっくら運動して来ます。
それでは、また!

月間ベストワースト受付中

関連する記事

フォローしたらいいことあるかもよ

DEEokinawaの新着記事や裏話、面白写真などが毎日届くかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ