日本初!?玉泉洞に地下40mのポストが爆誕!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
南城市にあるおきなわワールドの鍾乳洞、玉泉洞の中に「洞くつポスト」なるものが設置されたという。一体どのようなものなのかお披露目式に参加してみた。

そろそろ新年が近づいてきましたが、皆様年賀状は既に投函されてますか?年賀状の投函は12月15日からスタートということでそろそろ我々DEEokinawaも年賀状作成に焦りが見え始めております(まだ何もやってない)。

そんなことはさておきまして。2015年12月15日。

南城市にある「おきなわワールド」の鍾乳洞「玉泉洞」にて、日本初のポストがお披露目されると聞いてやってきたのです。

 

玉泉洞のポストは地下40m

玉泉洞といえば国内最大級の鍾乳洞。鍾乳石の数は100万本以上で国内最多、全長は5000メートルで国内最大級といわれています(こちらの記事もどうぞ)。

ポストを探して洞くつを降りていくと


歩いて現場まで移動するなんじい。中の人お疲れ様です。

見慣れた後ろ姿が。あれは南城市のキャラクター「なんじい」です。

初恋広場のお披露目式会場
なんじいの後ろにある怪しげなモノ

なんじいのお尻を追いかけてやってきたのは玉泉洞内にある「初恋広場」。そしてなんじいの後ろには怪しげなオブジェが。


偉い人のお話

そう。このオブジェこそが日本初の「玉泉洞・洞くつポスト」。洞くつにポストが設置された例はいまだかつてなく、国内でも初のことなのだそうです。ちなみにこのポストは私設ポストで、投函された郵便物はスタッフが回収後、郵便局に渡すシステムなのだとか。

そんな「玉泉洞・洞くつポスト」どんなものなのか皆さんも気になるところだと思います。それではその姿をいよいよお目にかけたいと思います。

 

これが洞くつポストだ

除幕されてあらわれたのはレトロな丸形のポスト。洞くつらしくコウモリが手紙を持ってあしらわれています。


南城市立百名小学校3年生の皆さんが手紙を投函

このポストですが、単に設置場所がユニークなだけではありません。

手紙を投函すると、コウモリの目が光り、コウモリの鳴き声が流れるという無駄に凝ったギミック付きです。こういう無駄に凝るところ、僕は大好きですよ。おきなわワールドさん。

 

洞くつポストは2016年1月3日まで


こうやってみるとなんかシュール

この洞くつポストは2015年12月15日から2016年1月3日まで設置。うまくいけば2016年夏くらいから玉泉洞内に常設される予定なのだそうです。

スタンプコーナー
特別な記念スタンプが押せる

ポスト前のスペースにはここでしか押せないスタンプも用意されているので、旅の記念に、県内に住んでいる方もちょっと変わった場所からの手紙の投函ができそうです。

おきなわワールドのチケット売り場では洞くつポストの設置を記念して、玉泉洞オリジナルポストカードも販売。1枚150円だそうです。手ぶらでおきなわワールドに来てもこれさえあれば洞くつポストを利用できますね。

 

そんなわけで本日は南城市はおきなわワールドより、日本初の洞くつポストのご紹介でした。今年の年賀状は洞くつから投函してはいかがでしょうか。DEEokinawaの年賀状も余力があればこの洞くつポストから投函してみようと思います。どうぞご期待くださいませ。それでは本日は以上です。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ