2015.12.03

ゴーヤーはどこが苦いのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゴーヤーは苦い。それは周知の事実なのですが、ワタは苦くないらしいのです。ではいったいどこが苦いのでしょうか

沖縄に来た当初ゴーヤーはワタが苦いからスプーンできれいにそぎ落とすべし!と教えてもらい、それから何年も親の仇のようにワタを削いでいたのです。

しかし、実はワタは苦くないらしいのです。
本当でしょうか。ではどこが苦いのか。本日はそれを調べたいと思います。


ゴーヤーは苦いけど中のワタは苦くないらしい


丸かじりしたら苦かった

部位をわけます

まずはゴーヤーを部位にわけましょう。

ワタ

つぶつぶ(左)、実(右)

それぞれを食べます。

ワタ

まずは苦くないらしいワタ。

 

本当に苦くありませんでした。
ワタは天ぷらにしたら美味しいそうなので、捨てていたのはもったいないですね。

やんばるたろうさんにも食べてもらいます。

 

苦そうな顔をしてますが、「苦くないよ!と言われて食べたのにほんのり苦い…」と思ったそうです。なんかごめんなさい。

続いて種です。

 

 

種も苦くありません。
ただ生は食べにくかったので、炒ったりすればそれなりに美味しいのかもしれません。

ワタと種はそんなに苦くないだろうと予想していましたが、ここからが苦さの本番(予定)です。
さっそく食べてみましょう。

 
あれ?そんなに苦くない?

 
苦くない?という言葉に気を許してまたもや「苦い..」と思ったやんばるたろうさん

苦くないことはないのです。でも全然我慢出来る程度の苦さです。
どちらかいうと青臭いのほうが強いかもしれません。

犯人はお前だ!つぶつぶヤロウ!

では最後です。皮の部分のつぶつぶ。
これまでの部位にはゴーヤー特有の苦さを感じなかったので、食べる前からわかっているのですが。


うぐぐ


うげー

バッチリ苦いつぶつぶ。苦い以外の何物でもありませんでした。
少量であれつぶつぶだけを食べるがこんなにつらいとは。

苦いのが苦手な人はつぶつぶを削いでみては

ということで、ゴーヤーの苦いところはつぶつぶ
実も苦いですが、つぶつぶと比べたら1/20ぐらいです。

苦いのが苦手な人はワタではなくつぶつぶを削いで食べてみてもいいかもしれませんね。
見た目がまったくゴーヤーではなくなるのが難点ですが。


安心してください。削いでますよ。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ