2016.06.28

数百メートルにマンホールが100個近くある道があるらしい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
読者の方から那覇にマンホールがびっしりある道があると教えていただいた。なんのためか調べてくださいとあったが、そこはスルーしてただただマンホールの数を数えてきた。

先日読者の方からメールをいただきました。

「近所でよく使う那覇市寄宮の黒丸宗通りから入るすーじみちがあるのですが、数百メートルの距離にマンホールがびっしりと並んでいるのです。普段車でしか通らないのですが、徐行しながら数えると100個近くありました
住宅街なので下水やらその他の用途もあるかと思いますが、短い距離になぜあんなに地下への入口があるのか、地下はどうなっているのか気になってしまいました。」
島袋さんありがとうございます。

数百メートルにマンホールが100個近く!
そんなつげ義春もびっくり(勝手なイメージです)の細道が本当にあるのでしょうか。
教えてもらった場所に行って数えてみました。

マンホールとは

教えていただいた場所は那覇市寄宮の「カラオケ本舗まねきねこ那覇寄宮店」の近くにある「いそしぎおでん」というお店の横から入り、黒丸宗通りに抜ける道のようです。
壁には「三原大石通り」と書いてありました。

地図で確認するとここから黒丸宗通りに突き当たるまでは400m。
こんな普通の道に本当に100個近くマンホールがあるのでしょうか。

ちなみにマンホールとはman(人)+hole(穴)を組み合わせた言葉。
管理(点検・修理・清掃・排気など)を目的として作業員が地上から出入りできるように地面にあけられた縦孔を指します。
道路には多くの鉄の蓋がありますが、止水栓のような小さすぎるものはカウントせず、汚水マンホールを数えていきたいと思います。

マンホールを数える

それでは数えます。本当にただただ数えるぞ。

123

456

789

10

11,12,13,14,15,16

17,18,19,20

21

22,23,24

25,26,27,28,29

30,31

なんだ。この記事は。と思っているでしょう。
ただただマンホールを数えているだけでつまらないでしょう。
でも夏空の下、日傘もなく帽子もなく、朦朧としながら頑張って数えたんですから。
さらりと結果だけ伝えるわけにはいかないんですからねッ!

...。

32,33

34

35,36,37,38,39,40

41,42,43,44

45,46,47

48,49

50,51,52,53

もうめちゃくちゃ暑くて、倒れるかと思いました。でも気を緩めると何個目かわからなくなってまた最初からになってしまう...。
頑張りました。頑張ったんです。

...。

54

55,56,57

58,59,60,61,62

63

64,65,66,67,68,69,70

おかしいやん。なんでこんなにあるの?

...。

71,72

73,74

75,76,77

78,79

80,81,82,83,84

85,86,87,88,89,90

91,92,93

94

94で黒丸宗通りに到着。
400mで94個!
親の仇かってほどマンホールがある場所とかあったし、なんでしょうこの道は。

歩いたのは地図の左側の赤いラインです。
通常は何個ぐらいなんでしょうか?念のため並行している道(右側の赤いライン)も数えてみました。

こっちはマンホールが綺麗に直線で並んでて、それはそれで怖かったのですが。

54個でした。

ということは最初の道は普通の倍近くあるのか。

4mにひとつマンホールの道

というわけで読者の方からいただいた100個近くマンホールがある小道は本当に存在しました。
400mに94個のマンホールということは4mにひとつマンホールがあるということですね。
水玉恐怖症の人には怖い道かもしれません。そんなことはないのでしょうが。

そして、本来の疑問「なぜこんなにマンホールが集中しているのか。地下はどうなっているのか」はまた調査できたら調べてみたいと思います。なぜなら今日は小ネタですから。
本日は以上です。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ