2011.08.30

ビックアイス(BIC ICE)でアルバイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
社長さんのインタビュー「BIC ICEの真相に迫れるか!?」が好評だったビックアイスの第2弾。 今回はBIC ICEでバイトしちゃった編です。

8月末のうだるような暑い夏の日、前回のインタビュー時にお願いしていたアルバイトを決行してきました。

アルバイト場所へ

アルバイト場所は、今帰仁村のわるみ大橋のふもと。
前日に電話をしたら「朝の10時に現地集合で」と言われました。

ちなみに本島各地の道路沿いにビックアイスはありますが、アルバイトする子たちは一度各地の集合場所へ集まってから車でそれぞれの地域へ移動するそうです。

アルバイト先のわるみ大橋へ。
行ってみるとすでにビックアイスの冷蔵庫が設置されていました。

おおー!

現場到着の連絡を入れるとすぐにスタッフのKさんが現れ、店舗出店の準備をしてくれました。
 

これがビックアイスの冷蔵庫の中身だ!

電源などはなく分厚いクーラーボックスのような仕組み。
現在は白のバニラ味と黄色のシークヮーサー味の2種類があります。

出勤簿に記入します。

アナログですね。

さて、わるみ大橋にはここだけで扱われている特別なアイスがあります。
普段はカフェでしか食べられないワッフルコーン(300円)

運搬が困難なためカフェの近くでしか取り扱っていないそう。
というかその横のもちかえりパック(1000円)、そんなのあったんだ。

作り方を教えてもらうついでに1つ頂きました。

ウワーイ!

朝のビックアイスは美味しいと聞いたことがありますが、昼下がりに買うよりも冷凍状態が良く、キンキンに冷えていてシャリシャリとシャーベット感が強く美味しかったです。

準備は整った。

さぁやるぞ!

アルバイト開始

わるみ大橋は本部半島と屋我地島を結ぶ橋。
橋の中央からは美しい景色が見ることができる、観光スポットです。

実際多くの人が近くの駐車場に車を止めて、橋を渡っていくのですが

誰も目にも止めない。

あれ??

さすがに午前10時からアイスを食べる人は少ないか!?
しかしアイスを食べる人はいなくても暑いのです。

このときの気温32度。

パラソルはあるものの、真上から陽があたるので日影が小さい。

気を紛らわすために積極的に売ってみます。

「アイスはいらんかえー?」

陽射しがギラギラと容赦無く照りつけます。

・・・暑いうえに誰も来なくなった。
 

高校生じゃないの!?

お昼を過ぎると徐々に人が来てくれるようになりました。

アルバイト姿もだんだんさまになってきているんではないでしょうか。

売れた個数を記入しておきます。

暑さのせいか、ワッフルがワーフル(沖縄方言で豚小屋)に。

わるみ大橋は完成してまだ半年なので、珍しさもあってか地元の人も遊びに来ているようでしたが、その中の何人かに
「あい!あんたなんね?高校生じゃないでしょ!」とご指摘を受けました。

ビックアイスのアルバイト=高校生という図は定着しているようで、どうみても高校生じゃない人間がアイスを売っていることに、ひとこともの申さずにはいられなかったよう。

当日はtwitterでも
「チームDEEokinawa、ワルミ大橋のたもとで BIC ICE 販売中!
 ワッフルコーンはここだけ。買ってね!」

と流していたのですが、返信にも
「うわーすごい違和感!!売り子が高校生じゃない〜〜www」
というコメントを頂く始末。

心はいつだって10代なのに!!

しょうがないので、高校生のフリをしてみましたが、

bicice_22.jpg
(パラパラのつもり。)

自分のなかの高校生像が1990年代で止まっているため、どうしても古くささを感じずにはいられないのでした。
 

ビックアイスの不思議にお答えしましょう

さて、前回のインタビューで迫れなかったビックアイスの不思議。
今回はアルバイトをすることでいろいろ判明致しました。

1.どうやって来てるの?
集合場所からワゴン車で配属先まで移動。
足(車やバイク)のある人は現地集合、現地解散でも可。

2.勤務時間は?
10時から18時ぐらいまで。
休憩は適当にとっていいそうです。

3.トイレは?
これは聞き忘れたのですが、わるみ大橋近辺に公衆トイレがなかったため最寄りのスーパーまで車で借りに行きました。
往復7kmでした。遠い。

4.ごはんは?
休憩中にとってくださいね、と言われたものの持ち場を離れることもできず、結果的にこんなことになりました。

隠れ食べ

5.給料は?
こちらは最後に。

暑すぎてわかったこと

橋の上なので風があって過ごしやすいと思われた配属先でしたが、当日はこともあろうか無風!
15時ぐらいからはぐったり。

暑すぎて溶けそうなアイスを守るために、冷蔵庫に水で濡らして絞ったタオルをかけて必死で励まします。

アイスちゃん頑張って!

いやー、本当に暑かった。
アルバイト=高校生限定、ではなく
「暑すぎて体力のある高校生にしか無理」なんだとからだで知りました。
 

友人が来てくれた

片道1時間半かけて友人が遊びに来てくれました。
DEE被害者の会の海彦くんとエリちゃん。と、myco。

うちなーんちゅーながら実は BIC ICE 初体験だという、とぐっちゃん。

ありがたいけど、あなたたち揃いも揃ってなんてモノを差し入れるんですか!
(※mycoの手元に注目)
そんなもの持ってきちゃいけません!

こちらはアルバイト中ですよ!

飲めるわけないったら!

飲めるわけは・・・

・・・。


「ウワー!」
ごめんなさい。飲んじゃいました。

アルバイト終了

午後6時。西日がきつくてパラソルの影も細くなってきてもう本当にダメだと膝をつきかけたその時、とうとう現れました。

機材回収車とおじさん。

手慣れた速さでパラソルや、冷蔵庫を片付けていきます。
 

 

回収時間は約5分でした。
はやい!!

ここが最初の回収場所で、これから北部各地数ヶ所をまわるそうです。
頑張ってください!

つわものどもが夢の跡。

というわけで、無事やりとげました!
bicice_41.jpg
心なしか最初より肌の色が黒くなってるような。

さて、最後に気になるバイト代です。
1日のアルバイト代は最初に頂くのですが、そこから
・今帰仁までの交通費(ガソリン、高速代)
・飲食代
・その他経費
もろもろもろもろ差し引いて結局手元に残ったのは・・・


あ、あれれ!?

休憩時間を抜いても7時間は働いているので時給に換算すると・・・。
これ以上は言えない!!

ということで体力的にも金銭的にもなかなかタフなアルバイトなのでした。
※普通は那覇から通わないのでこのようなことはありません。

でも楽しかったけどね!!
高校生じゃないのにお買い上げいただいたみなさん、遠くまで買いにきてくれた友人、そしてビックアイスのみなさま、ありがとうございました。

美味しいからよく買っていましたが、今回の取材を通じてスタッフのKさんには本当によくしていただき、ビックアイスがますます好きになりました。
みなさんもお店を見かけたらぜひ買ってあげてくださいね。
大変なアルバイトなので、彼女たちに労いの言葉などもかけてあげると、とても喜ばれると思いますよ!

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ