2012.02.03

気になったお菓子を食してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
道の駅やファーマーズマーケットには気になる食べ物が多い。今回は気になるお菓子を取り上げてみたいと思う。

沖縄のお菓子(おやつ)やお土産といえば何だろうか。
ちんすこう?サーターアンダギー?タンナファクルー?ちんぴん?などなどいろいろありますが、定番のお菓子以外を求めるアナタにオススメできる、ちょっと気になっていたお菓子を集めてみました。

チョコもち

名護にある、道の駅許田。ここの定番商品である『チョコもち』。約15年前から売られている商品なのでご存じの方も多いはず。
しかしここでしか買えない(最近はネットショプで買えるけど)ので、メジャーなお土産にはなりきれていない気がする。

curiousfood_04.jpg
名護特産。
curiousfood_03.jpg
試食できるのがうれしい。

パックで売られている他、単品で買えるのがありがたい。

curiousfood_19.jpg
一つ160円。

材料は、もち米、チョコレート、ココナッツミルク、卵。
水分は一切使用していないそうだ。

curiousfood_20.jpg

水分を使っていないからなのか、食感はもっちり。

空港で売っていればお土産として買って行きたいんですけどねぇ。。

んむがぁやーきー

んむがぁーやーきー。初めて聞く人には何のことだかわからないだろう。
これは今川焼のこと。今川焼は地方によって、大判焼き(東京など)、おやき(北海道や青森)、回転焼き(大阪など)、二重焼き(中国地方)や御座候(関西地方)などなど、名称が異なる。

沖縄は、たい焼きや今川焼(大判焼き)を売っているお店が少ない。天ぷら屋のほうが圧倒的に多いですよね。

curiousfood_18.jpg
5個で315円。
curiousfood_17.jpg
看板の案内に沿って行くと...

この『んむがぁーやーきー』だが、糸満の白銀堂近くに看板が出ている。看板の案内に沿って行くと小さなお店がある。残念ながらこの日は休みだった。
お店以外では糸満ファーマーズマーケットで売っている。

curiousfood_21.jpg
3個だと189円。
curiousfood_22.jpg
ラップで包まれている。手作り感たっぷり。

curiousfood_23.jpg

私の知っている今川焼と比べると、厚さが1/4くらいしか無い。
皮?はホットケーキミックスを使用。ほんのり甘く、しっとりした食感。

この『んむがぁやーきー』だが、賞味期限がかなり短くお土産向きではない。当日、もしくは翌日の早い時間に食べきることをオススメします(腐らせた経験あり)。

やきもちやき

うるま市名物?らしい『やきもちやき』。商品名で買ってしまった。商標登録されています。

curiousfood_11.jpg
5色入り480円。
curiousfood_28.jpg
今回は緑のよもぎやきもちやき。100円。

curiousfood_32.jpg

よもぎが練りこまれた餅の中につぶあん。表面を軽く焼いてあるので、外はパリっと、中はもちっとしていて美味しいです。

砂糖粉菓子

未来ぎのざで売られている『砂糖粉菓子』。

curiousfood_08.jpg

DEEイチオシのお菓子である『いちゃがりがり』のとなりにあるのが『砂糖粉菓子』。

30代以上の方は懐かしいのではないでしょうか。

curiousfood_29.jpg
5袋で100円。
curiousfood_30.jpg
半分に切られているストロー。

curiousfood_31.jpg
ストローで吸って食べるお菓子。

原材料は、上白糖・粉ミルク、以上。シンプル。
味は想像できる味そのまま。甘い粉ミルクです。カロリー高そう。

5袋入っているので、配ったり、他のお菓子づくりに使えそうですね。

ブルース

curiousfood_14.jpgのサムネール画像
各所で『お土産ランキング』1位らしい。
curiousfood_13.jpgのサムネール画像
防腐剤を使用せず、体に優しいそうです。

町で『ウワサ』らしくWebでも『ウワサ』らしい三矢ブルース。
カスタードとブルーベリーの2種類ある。以前、カスタードを食べたことがあるので、今回はブルーベリーをゲット。
幻の味とありますが、道の駅許田や石川の駅、おんなの駅などですんなりと買えます。

curiousfood_24.jpg
お値段550円ナリ。半分の大きさも売って欲しい。
curiousfood_25.jpg
ブルーベリージャムがかかっています。

curiousfood_26.jpg

カステラ?っぽいが食感が全然違う。もっちり・しっとり・ふんわりと説明があるがその通り。
口当たりが軽いので食べすぎ注意。

curiousfood_16.jpg

ちなみに恩納村にある『おんなの駅』では、ブルースの耳が売っています。切れ端ですね。耳はここでしか買えないそうです。

クリームチーズジャロー

一体何のことじゃろーか?

curiousfood_02.jpg

説明はこう書いてある。

ジャローとは?ゼリーのことです。
アメリカ人の発音を耳で聞いたまんま付けた、沖縄らしいネーミングです♪

隠し味はなんと!?セブンアップ(7UP)
味がまろやかになります。隠し味までアメリカーン♪

沖縄では、水のことをアイスワラー(ice water)と言うことがあるが、ジャローは初めて聞く。
ゼリー→ジェリー→ジェァリー→ジェァロー→ジャローなのか(無理やり)。

鶏の鳴き声コケコッコーがクックドゥードゥルドゥーに聞こえるくらい違うのだから、ゼリーがジャローに聞こえてもおかしくないのか。ネイティブな発音ができる友達がいたら聞いてみて欲しい。たぶんジャローとは聞こえない(と思う)。

curiousfood_33.jpg
お値段480円。ずっしり重いです。

気になる原材料は、フルーツ、ブランデー(オトナ!)、ゼラチン、セブンアップ(隠し味)、砂糖、クリームチーズ、さくらんぼ(これはフルーツではないのか)。

curiousfood_34.jpg

直径は約13cm、高さ4cm。

curiousfood_35.jpg

なんだろう。どこかで食べたことがある味なんだけど、思い出せない。クリームチーズの味はする。アメリカーンな隠し味であるセブンアップの味はまったくしない。まぁ隠し味だからでしょうね。

他にも気になるものがたくさんある

道の駅や物産センターには、まだまだ気になるお菓子がいっぱいある。
お菓子以外にも、地域の特産品を使った加工品も多く、こちらも気になるところ。

いろいろかき集めて『勝手に物産展』でも開催してみようと思います。

curiousfood_27.jpg
伊平屋産うずまきもち。
curiousfood_09.jpg
宜野座村じゃがもち

新春書き初めで『食べすぎない』と書いた私ですが、早速食べすぎて(しかも甘いもの)しまい後悔しているところです。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ