2012.09.24

ウチナー串カツを開発してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大阪名物ですが、最近沖縄にも増えてきた串カツ屋さん。沖縄の食材を使った新たな串カツメニューの開発に挑戦してみました。

大阪名物の食べ物のひとつである串カツ。ソース二度漬け禁止で全国的にも有名ですね。
最近は沖縄県内でも美味しい串カツが食べられるお店が増えてきて、大阪人にとっては嬉しいところです。
豚肉、牛肉、うずら、ししとう、れんこんなどのスタンダードな具材から、プチトマト、チーズ、はたまたアイスなど、店によってそのバリエーションも豊か。

そこで、せっかくなら沖縄の食材を使ったウチナー串カツを開発してみようじゃないかということで、今回知人から紹介していただいた串カツ屋さんにご協力いただくことにしました。

今回の被害協力店舗はこちら。

kushi34.jpg

那覇市若狭にあるカクテルプラザビル1Fに、9月20日にオープンしたばかりの串カツ屋「なんでですのん?」さん。

kushi01.jpg

オーナーの齋藤さんは、元は東京で焼き鳥屋さんを営んでいらっしゃったそう。
研究を重ね2年がかりで作ったオリジナルソースをつけていただく美味しい串カツと軽妙なトークがウリ。沖縄では珍しい立ち飲みスタイルを気軽に楽しんでほしい、ということでこのお店を開店したそう。
ちなみに店名の「なんでですのん?」の由来はというと、齋藤さん評いわく"常に適当な人生を送っている" という神戸在住のとある社員さんの口癖からとったそうです。

kushi02.jpg

もちろん二度漬け禁止です。
 

8種類のウチナー食材

今回は齋藤さんにお願いして、DEE的ウチナー食材セレクションを持ち込ませていただきました。

shimapan03.jpg
食材1:赤かまぼこ
お正月や旧盆のクワッチーでおなじみ
shimapan04.jpg
食材2:天使のはね
ふわふわ食感がくせになる
shimapan05.jpg
食材3:紅いもタルト
沖縄を代表するお土産といえば
shimapan06.jpg
食材4:くるま麸
もちろん麸久寿さんの麸
shimapan07.jpg
食材5:じーまーみとうふ
もっちり食感がたまらない
shimapan08.jpg
食材6:すくがらす
1瓶に約650匹入ってましたね
shimapan09.jpg
食材7:ゼブラパン
昔から
県民に愛されている巨大な菓子パン
shimapan10.jpg
食材8:海ぶどう
ぷちぷちの食感が観光客に人気

以上のラインアップです。
さて、果たしてこのなかからウチナー的串カツのスターはうまれるのでしょうか。
 

さっそく揚げていただく

それではこれらをひとつずつ揚げていってもらうことにしましょう。
揚げ方や順番はプロである齋藤さんにお任せすることに。
当然ながらどの食材も今まで揚げたことは無いそうですが、今回は全て衣をつけず素揚げでいくそうです。

まずは赤かまぼこ串・・・

kushi11.jpg

でかいわっ!!!

ちなみにこの揚げ油は特別な豚脂(ラード)を使っているそうですが、こんなことしちゃって大丈夫なのでしょうか。

kushi12.jpg

続いて紅いもタルト串。

kushi13.jpg

ゼブラパン串も丸々1個。はじめて見る新鮮な光景です。
えっと、齋藤さんは実はDEEのなかの人なんですか?

shimapan14.jpg
くるま麩はさすがにそのままだとフライヤーに入りきらないので輪切りに
shimapan15.jpg
じーまーみとうふはさすがに串が打てないので網の上で
shimapan16.jpg
フライング天使のはね
shimapan17.jpg
すくがらすは数匹串に刺してこいのぼり状態に

kushi18.jpg

腰の引け具合が心境をよく物語っていますね。
そしていよいよ最後の食材、海ぶどう。これも串は打てないので箸で油の中に投入することに。

kushi19.jpg

海ぶどうのぷちぷちとした食感の正体は、茎についたたくさんの小さな水疱。
そう、この後起こるであろう惨事を全員ある程度予想はしていました。
していましたが・・・

kushi20.jpg

予 想 以 上 。

最初は油の中でシュワワーと静かな音をたてていた海ぶどう。
2秒後ぐらいに「パチッ」と言ったかと思うと、なんと、揚げ油がシャワー状態に。

とりあえず全員素早くその場から逃げたので幸い大事にはいたりませんでしたが、一歩間違えば大やけど&火災の危険性がありますので、海ぶどうは揚げちゃダメ、絶対。

kushi23.jpg

マブイが落ちた齋藤さん。とりあえず、床から天井まで油が飛び散ってベットベトです。

kushi22.jpg

海ぶどうは見るも無残な姿になっていました。
ごめんなさいごめんなさいごめんなさい。
 

気をとりなおして試食タイム

とりあえず無事、8種類のウチナー串カツ(串揚げ)が完成しました。

shimapan24.jpg
赤かまぼこ:普通。揚げても揚げなくても同じ。
shimapan25.jpg
天使のはね:ふわふわ食感がサクサクに変わってわりと美味しい。
shimapan26.jpg
紅いもタルト:全体的にものすごくこってりしているけど、タルト生地がサーターアンダギーみたいになって美味しい。
shimapan27.jpg
くるま麸:噛むと油がじゅわっと染み出してくる。油を食べているような感じ。
shimapan28.jpg
じーまみとうふ:揚げだし豆腐のようになるかと思いきや、溶けた。
shimapan29.jpg
すくがらす:とにかく塩辛い。塩抜きしたもの or 生スクであれば普通に美味しいはず。見た目がこいのぼりみたいでかわいい。
shimapan30.jpg
ゼブラパン:くるま麸同様、噛むと油と溶けたクリームが染み出してくる。揚げパンというには重すぎる甘さ見た目はラフテー。
shimapan31.jpg
海ぶどう:爆発の衝撃でほぼ消滅。

というわけでDEEらしく全体的に残念な結果となりましたが、このなかでなんとかメニュー化できそうなものは無いか齋藤さんに伺ってみたところ、「天使のはね」と「すくがらす」はアリかも、とのことでした。
それならば期間限定でDEEメニューとして置いてもらえないかちょっと打診してみたのですが、うまく話をはぐらかされてしまったので、どうやらそれは無理な相談だったようです。

ちなみに、この記事を読んだ人も食材を持ち込みで揚げてもらうことってできますか?と聞いてみると「いいよ!」とおっしゃっていたのでチャレンジャーな方は是非。もちろん食材によっての可否アリ、揚げ代は要相談です。
 

総評

海ぶどうは揚げちゃダメ、絶対。

kushi35.jpg
(ごごごご迷惑おかけしました・・・。)

最後に断わっておきますが、「なんでですのん?」さんは普段はちゃんとした美味しい串カツ屋さんです。
お近くに寄った際は是非、ひょいと気軽に立ち飲みを楽しんでみてくださいね。

kushi33.jpg

ソースが絶品です!

-----------------------------------------------------------------------------
串カツ屋「なんでですのん?」
-----------------------------------------------------------------------------
住所:沖縄県那覇市松山1-34-3 カクテルプラザビル 1F
TEL:070-5560-0155
営業時間:17:00〜朝 6:00(!)
串1本 80円〜

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ