2014.08.20

家でもA&Wのハンバーガーは再現できるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
沖縄を代表するファストフードチェーンのA&W(エンダー)。市販されている材料を使って、似た味が家庭でも再現できるのではないだろうか。

A&Wで使われている食材が買える

cookivano_01.jpg

浦添市牧港にあるイバノ。
いろいろなお肉(牛豚鶏はもちろんワニとかも)やワインにチーズ、調味料などの輸入食材が売られているお店です。イバノはA&Wのファミリー企業。なのでA&Wで使われている食材も売られていたりします。

cookivano_02.jpg

A&Wのバンズは「ホンコンベーカリー」の手作り。
あまり馴染みのない名前のパンメーカーですが、歴史は古く創業は50年以上も前のこと。A&Wのバンズが作られるようになったのは1977年から。ホンコンベーカリーがあったビルをA&Wが買い取った時、一緒に工場と従業員も引き継いだそうです。

このホンコンベーカリーのパンが買えるのはイバノのみです。
バンズの他にホットドック、食パン、レーズンブレッドなども売っています。

cookivano_04.jpg

パティ。ハンバーグですね。オーストラリアとニュージーランド産の牛肉を使ったパティ。6枚入りで372円。
これが店舗で使われているものと同じかどうかはわかりませんが、近い味になるのではないでしょうか。

それでは実際にA&Wで使われているバンズを使って、家庭でもA&Wの味を再現できるのか調理してみました。

再現するのは人気の2種類

cookivano_11.jpg
1番人気のモッツァバーガー
cookivano_13.jpg
野菜とお肉のバランスが良いハンバーガー

モッツァバーガーは人気ナンバーワン。トマトが2枚、レタスにオニオン。

cookivano_12.jpg
メルティ(とろける)リッチ(贅沢)
cookivano_14.jpg
パティとチーズが2枚ずつ入りボリューム満点

メルティリッチはそのボリュームで人気があります。ガッツリとしたハンバーガーが食べたい時はこちらですよね。

今回はこの人気の2種類を再現してみます。

材料はこちら

イバノで買ったゴマ付きバンズと、パティ以外に必要な材料を揃えました。

cookivano_09.jpg

こちらがモッツァバーガーで使われている材料。

・ホンコンベーカリー製ゴマ付きバンズ
・県内で製造されたビーフ100%パティ1枚
・60%以上のモツァレラチーズが入ったスライスチーズ
・ベーコン2枚
・トマトスライス2枚
・レタス
・オニオンスライス
・ピクルス


ソースは店舗で手作りされているという「モッツァソース」を再現。このソースはサウザンアイランドドレッシングに似た味のソースなので、マヨネーズとケチャップをベースに適当に混ぜ合わせます。

cookivano_07.jpg

こちらはメルティリッチの材料。

・ホンコンベーカリー製ゴマ付きバンズ
・県内で製造されたビーフ100%パティ2枚
・チェダーのスライスチーズ
・75%以上のゴーダチーズが入ったスライスチーズ
・ベーコン2枚

ソースは店舗で手作りされているという「A70ソース」というもので、酸味が際立つタルタルソース風のもの。これも適当にマヨネーズをベースにピクルスと玉ねぎを刻み入れ、ヨーグルトなどで酸味を足しました。

野菜とベーコンはそこそこ同じ味になると思いますが、チーズの味は違いが出てしまうかもしれません。

 

あとは焼くだけ

cookivano_15.jpg

冷凍のビーフ100%パティ。そこまで厚みはないので解凍しなくても冷凍庫から出してそのまま焼きあげることができます。つなぎがほとんど入っていないためか、とても崩れやすいのでひっくり返すのが難しい。

cookivano_19.jpg

なんてことのない普通の市販されているベーコン。カリカリになり過ぎないところで火からおろします。

cookivano_17.jpg

バンズは内側だけ焼きます。軽く焼き色が付く程度が目安でしょうか。

 

モッツァバーガーを作る

これで全ての材料が準備出来ました。さっそく具材を挟んでいきましょう。

cookivano_34.jpg

まずはモッツァバーガーです。A&Wのバーガーの中でもとりわけ多く具材を使っています。

ivanomozza.gif

重ねる順番は下から上へ

・バンズ
・サウザンアイランド風ソース
・パティ
・チーズ
・ベーコン
・トマト
・ピクルス
・レタス
・サウザンアイランド風ソースもう一度
・バンズ

cookivano_43.jpg

挟み終わりました。レタスとトマトの彩りが美しいですね。

cookivano_46.jpg
自家製モッツァバーガー カーリーフライコンボ
cookivano_47.jpg
A&Wモッツァバーガー カーリーフライコンボ

参考までに店舗で買ってきたものを並べてみました。かなり似たものができたのではないでしょうか。
それでは食べてみましょう。

 

 

 

あ、これ完全にモッツァバーガーだわ。そしてめちゃくちゃ美味い!

チーズの味の違いがはっきりわかりますが、バンズとパティの味はA&Wと一緒に感じます。
自家製ソースも近い味が再現できている気がします。

 

サイドメニューも

cookivano_16.jpg

A&Wで忘れてはならないのがサイドメニュー。中でも根強い人気なのがカーリーフライですよね。40代以上の方にはスーパーフライの方が懐かしい味で人気があると聞いたことがあります。

cookivano_20.jpg

実はこれもイバノで売っているのでご家庭でも楽しむことができます。この日買ったものは100gあたり58円。534g入りで309円でした。2.25kgで1286円というのも売ってます。ちなみにアメリカ製。

店舗で揚げるのと、家で揚げるので、味に違いが出てしまいますね。我が家では揚げ物は作らないので少量の油で揚げ焼きにしてしまったためカラッといきませんでしたが、揚げ物が上手なお宅でしたらA&Wの味を再現できるでしょう。

あとはルートビア。これはもうどこでも買うことができます。
近所で売ってないよ!という方は、こちらの記事「ルートビアの「ビア」をビールにしてみたい」で登場する植物を探して代替にしてみてはいかがでしょう。

 

メルティリッチを作る

cookivano_18.jpg

さて続いてはメルティリッチを作ります。A&Wの中ではガッツリ肉々しいバーガーです。

ivanomelty.gif

重ねる順番は下から上へ

・バンズ
タルタル風ソース
・パティ
・ゴーダチーズ
・パティ
・ベーコン
・チェダーチーズ
・タルタル風ソース
・バンズ

cookivano_30.jpg

挟み終わりました。ボリュームすごい。

cookivano_31.jpg
自家製メルティリッチ カーリーフライコンボ
cookivano_32.jpg
A&Wメルティリッチ カーリーフライコンボ

こちらも店舗で買ってきたものと並べてみました。持ち帰りに時間が掛かってしまったのもありますが、厚みが違います。

では実食です。

 

 

 

あ、これ完全にメルティリッチだわ。スーパーメルティリッチだわ。

タルタル風ソースの違いはありますが、モッツァバーガーの時よりも近いものができた気がします。パティとチーズ2枚はボリューム満点。

 

かなり近い味を楽しめる

ということで、A&Wの人気メニューを再現してみました。結果はかなり近い味が出せたということで大成功。
実際の店舗で使われているバンズが「買える」というだけでもA&Wファンにはたまらないのではないでしょうか。もしかしたらビーフ100%のパティも同じものなのかもしれません。

ホンコンベーカリーのバンズとオリジナルパティを使って、A&Wの味に近づけつつオリジナルなバーガーを作って楽しんでみるのも楽しいかも。

ちなみに今回のお値段は、自家製モッツァバーガーは363円。自家製メルティリッチは348円でした。野菜の時価やベーコンの種類などによって変わるとは思いますが、参考価格まで。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ