2017.12.12

瀬長島の子宝岩は本当に性別まで叶えてくれたのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠前に瀬長島にある子宝岩に女の子が欲しいと願って石を投げ入れた。それから2ヶ月後に妊娠発覚。そして先日、無事に出産。果たして産まれた子の性別は!?

みなさんは『瀬長島の子宝岩がもはやストラックアウト』という記事を覚えているでしょうか?
瀬長島に昔あった子宝岩が再現され、授かりたい子供の性別を願って、岩に開いている2つの穴に小石を投げ入れると子宝に恵まれる、というやつです。


男の子が欲しければ「上の穴」、女の子が欲しければ「下の穴」へ

半分冗談、半分本気で小石を投げたのですが、見事その2ヶ月後に妊娠がわかったわたし。子宝岩すごい。
ちなみに授かりたい子供の性別は第一子が男の子だったので、女子!


女の子の「下の穴」へ向かって石を投げるわたし
にしても、この言い方ね。

なかなか入らなかったのですが、5回ほど投げたら女の子の下の穴に入ったのです(だから言い方)。

そして先日、無事に第二子を出産致しました。子宝岩に願った通りであれば女の子が産まれたはずです。
産まれたのは女の子でしょうか、それとも男の子でしょうか。

birth01.jpg

どっち?どっち?
 

果たして、気になる性別は!?

birth01.jpg

はい、ばっちり女の子でした!!

というわけで瀬長島の子宝岩は本当に子宝をもたらしてくれるし、性別まで叶えてくれました。
(※あくまでも私が個人的に試した結果ですが。)

やー、よかったよかった。
 

余談ですが

性別判断という意味でこれは妊娠後の話ですが、沖縄の伊江島にはビジル石という石があり、持ち上げて重ければ男の子、軽ければ女の子、と胎児の性別がわかると言い伝えられる石があります。
参照)伊江島のビジル石で胎児の性別判断はできるのか?


第一子のときには持ち上げに行った

第一子を妊娠している時に持ち上げると、写真の通り「めちゃくちゃ重く」感じてこれは男の子かな、と思っていたら本当に男の子だったのです。
そして今回も行こうと思っていましたが、なんだかいろいろとあり行けなかったことをお知らせします。

※妊婦のときは重いものを持ってはいけないのですが、妊娠前に持った時はひょいと持ち上がったので、たぶん本当はそんなに重くない石だと思います。が、妊娠中の方がこれをするのは自己責任の上、体調には十分注意して行ってください。なんせ離島だし、何かあったら大変なので!

本日は以上です!

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ