2019.08.22

丼まで食べられる!うるマルシェの沖縄ソバのパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
うるま市にあるうるマルシェのベーカリーコーナーで、丼まで美味しく食べられる沖縄ソバのパンが販売されているという。早速確かめに行ってきた。

ピザの次はパンだ

ピザの上に沖縄そばがのった衝撃のビジュアルの『PIZZAパルコには沖縄そばのピザがある』という記事を紹介したのは4月のこと。
そして先日Facebookをチェックしていたところ、こんな投稿を見かけました。

お、お、沖縄そばがパンの丼に入ってるうううう〜!

これはPIZZAパルコのうちなーすばピザに勝るとも劣らない衝撃。
早速確かめに行ってきました。


楽しいですよね、うるマルシェ。

正面入口から入って右側にあるのがこちらのカフェ・ベーカリーコーナー。
店内ベーカリーで製造した、様々な種類のパンが販売されています。カウンター席も設置されているのでイートインも可能。

どのパンも美味しそうなのですが、『ベーカリーのパートさんが寝ずに考えた(たぶん・笑)地産地消メニュー』コーナーがすごくユニークなのです。
沖縄くんちゃまベーコンのツナポテタマ、浜比嘉島の塩じゃがパター、島ネロ唐揚げチキンパン、ナンデ!キーマゴーヤーカレーパンなど、地元の食材を使って創意工夫を凝らした美味しそうな惣菜パンが数種類が並んでいます。

そんななかでも、特に異彩を放っていたのがこちら。

沖縄ソバのパン!

POPには『うるま市石川にある「仲本製麺所」の沖縄ソバを使用。沖縄ソバがそのままパンになっちゃった!』とあります。

ひとつ204円(税込み220円)。さっそく購入しました。
 

沖縄そばが食べたい、でもパンも食べたい...そんな欲張りな貴方に

さっそく店外のベンチでいただくことに。

袋から出してみるとこんなかんじ。手のひらサイズの小ぶりなパンの丼に、三枚肉、紅しょうが、ネギがのった立派な沖縄そばです。丼の部分は胚芽パンでしょうか。胚芽の粒々が見えています。

特に感動したのがここです。高台がついてる!!!
見えない部分までリアルさを追求しています。これ考案したパートさん、すごい。

かじってみると、丼の底までしっかりとソバが詰まっていました。
沖縄そばの焼きそばを使った焼きそばパンは見たことがありますが、ここまで沖縄そばそのものを再現したパンは初めて。

ピリッとした紅生姜と香ばしく炙られた三枚肉を麺と一緒に頬張ると、汁気はないけれど間違いなく沖縄そばを食べている感覚です。そして丼になっている胚芽パンがふわっと柔らかく、ほんのり甘くて美味しいんです。これはパン好きとしても嬉しい!

沖縄そばが食べたい...でもパンも食べたい...そんなわがままな欲求を満たしてくれる、うるマルシェの沖縄ソバのパン。見た目もめちゃくちゃかわいいので激烈おすすめです。
そして、パートさんが考えた地産地消シリーズの他のパンもいくつか買ってみたのですが、どれも美味しかったので、記事を書き終えた今、また買いに行きたい衝動に駆られています...。
野菜だけじゃない、うるマルシェ。近所にほしい!

月間ベストワースト受付中

関連する記事

フォローしたらいいことあるかもよ

DEEokinawaの新着記事や裏話、面白写真などが毎日届くかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ