2021.03.04

アンデスのゴーヤー「アチョクチャ」でゴーヤーチャンプルーを作る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アンデスのゴーヤーと呼ばれる「アチョクチャ」がファーマーズマーケットに出ていた。アンデスのゴーヤーでゴーヤーチャンプルーを作ったらどんな味になるのか

数年前からちょこちょことファーマーズマーケットで見る野菜「アチョクチャ」。
(アンデスのゴーヤー)という補足が気になっておりました。

しかしゴーヤーと言いながら、見た目はあのゴーヤーならではの粒々がありません。
色もきみどり色できれいです。

レシピもありました。肉詰めがいいらしいです。

普通のゴーヤーとアンデスのゴーヤー。

袋から取り出してみました。なんか丸っこくてかわいい。

切ってみるとたしかに中のワタやタネのつき方がゴーヤーとそっくりです。

苦いかもしれないので恐る恐る生のまま食べてみると..あ、きゅうり!

そう、昔記事でやりましたがゴーヤーの苦いところって粒々のところなんですよね。
アチョクチャは少し皮が硬いものの、目をつぶって食べたら絶対きゅうりだと勘違いする、そんな味でした。
全部ウリ科の植物だし。

最初のやつはタネも柔らかくてそのまま全部食べられましたが、他はわりとタネは硬くなっていたので、ワタと一緒にタネも取って食べるのが良さそうです。
そこはゴーヤー寄り。

 

ゴーヤーチャンプルーを作った

ゴーヤーと一緒にゴーヤーチャンプルーを作ってみました。

生で食べたときから知ってたけど、全然苦くない。
でも歯応えはいいし、健康にも良い食材らしいのでゴーヤー嫌いの人にはアンデスゴーヤーチャンプルーの方が好まれそうです。

ということでアンデスのゴーヤー「アチョクチャ」でした。
見つけたらぜひ食べてみてください。

DEEEXPO'22開催決定!

関連する記事

フォローしたらいいことあるかもよ

DEEokinawaの新着記事や裏話、面白写真などが毎日届くかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ