2010.11.09

【勝手にカミガカリ】2日目(悪魔の子編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大変だー!悪魔が出たよー。という感じの勝手にカミガカリ2日目です。

今週は【勝手にカミガカリ】と題し、完全に乗っかった形でお送りする1週間。DEEおきなわ編集部による「かみわざ?」をお楽しみください。

2日目です。
昨日と同様、制作時間が短いので途中デージなことになってしまいますが、暖かく見守って頂ければ幸いです。

KAMI・GAKARIと私

2010年の KAMI・GAKARI は「Dress Up 〜ドレスアップ〜」というテーマで、デザイナーさんの創造性で商品を含めた企業そのものをドレスアップするというパッケージデザイン展でした。
6日間で終わってしまったのが本当にもったいないほど、どの作品も素晴らしく「出展作家さんは全員神!」と思ったほど。
(好評につき与那原の雑貨屋さん Yuna で展示を予定、という情報も出て来ているので、行けなかった人は Yunaのブログ をチェックしてみてください)

で、ですね。今回DEEおきなわで「勝手にカミガカリ」をすることになりまして、私は思ったのです。
公開できるほどのものを作るの?この短期間で!?と。非常にネガティブな感じなんですが。
だって見たのは神の作品ですもの。あんなステキな作品作れねーよ!

なので、今回の私はネガティブ一直線で反抗的になろうと思います。

神が "貰って嬉しくなるような" (嬉しいというか、たぶん部屋に飾るレベル)作品なら、
私は "貰ってすごく嫌になるような" パッケージを作ろうと思います。

アイデアノート:もらったら嫌なパッケージ

・くさい
・痛い
・重すぎる
・汚い(カピカピのお米とかついてる)
・お金のにおいがする(包装紙が請求書で出来てるとか)
・なまぬるい
・ベトベと、ぬるぬる
・どこから開けるかわからない
・ペンキ塗りたて
開けるのをためらう

お、これか!

ということで、

・猫型パッケージ
・開け口はお腹
・お腹を割って商品を取り出す

というグロテスクなアイデアを採用することに。残酷すぎるか。

試作品と準備のようす

試作品です。
kamigakari02.jpg

KAMI・GAKARI で行われた pokke104 さんの紙ぬいぐるみのワークショップを元に考えてみました。
これはなんなんだ?カエル?いえ、猫です。

とりあえず段ボールいっぱいに新聞紙をちぎります。
kamigakari02-3.jpg

制作開始

飼い猫が近くにいないので、モデルにされるフェレットくん。
kamigakari02-2.jpg

関節が動くようにしたい!
kamigakari02-4.jpg
設計図が意味不明。

お腹にはお肉を入れられるように保冷バッグを仕込みました。
kamigakari02-5.jpg

kamigakari02-6.jpg
関節が動くようになりました。
kamigakari02-7.jpg
よっ、と。

頭を付けてみました。
kamigakari02-8.jpg
どうもこんにちは。

猫にしていく

猫は私の愛猫キクちゃんがモデルです。今までフェレットを見てたくせに。

キクちゃん。
kamigakari02-25.jpg

キクちゃんを撮影し、毛の部分をプリントアウトして先ほどの紙ぬいぐるみに貼っていくことに。
kamigakari02-10.jpg
顔が平面って違うよね。
顔は球体なので、そのまま貼るとしわが出来て顔の判別がつかないのです。

そこでパーツパーツに切って貼ってみました。
kamigakari02-13.jpg

怖い。あなたキクちゃんなの?

とりあえずなでてみる。
kamigakari02-14.jpg
ゴロゴロゴロ

引き続き足にも写真を貼ります。
kamigakari02-12.jpg

実はここまでで4時間かかってます。
もうしんどい。はやく終わりたい。

そんなとき、作っている愛猫を見るのです。
ホッとしたいがために。少しでも癒されたいがために。

でも目の前にいるのはコイツ。
kamigakari02-15.jpg
見るのが恐ろしい

作り込むほどに恐ろしさが増す不思議。
でもいつか、きっと最後には、愛くるしくなってるよね?ね??

尻尾も作ってみました。
kamigakari02-18.jpg
体の上にあるフサフサしたものが尻尾。
何これ・・。

kamigakari02-17.jpg
ああ、お母さん疲れた。・・・もう見たくない。アンタうちの子じゃない。
そんな心境です。

私は考えていました。
これまで本業はWebデザイナーとしてそれなりにデザインの仕事もしてきました。
で、今回アイデアはグロテスクだったけど、本体は頑張ってそれなりにかわいい猫を作ろうと思ってたのです。そのギャップが面白いかな、と。

kamigakari02-16.jpg
なのにあなたグロテスクなアイデアとのギャップがないじゃない。
こんなものを作ってしまって、その上公開してしまって、私デザインの仕事なくなりませんか?

ちょっとでもかわいくしよう!

派手めな耳を付けてみました。
kamigakari02-19.jpg
・・・もう何も言うまい。

完成!

机の上に何かいるぞー!
kamigakari02-21.jpg

別の猫に怪しまれる。
kamigakari02-22.jpg

後ろ姿。
kamigakari02-23.jpg
お腹を割るというアイデアは難しそうだったので断念して、お尻からお肉を取り出せるようにしました。
実際お肉が半分生まれそうな写真も撮ってみましたが、あまりにも凄い絵だったので自己責任でお願いします。
【ここから見られます】

kamigakari02-24.jpg
あたしはお肉を入れるパッケージだよ。
手足の関節も動くんだよ。すごいでしょう!

凄くない。むしろ怖い。

うごうご。
kamigakari02-20.jpg

思うこと

これってパッケージ?

作ってはみたものの、これからどうこの子を保管しておいたらいいかわかりません。
ゴミに出したら近所が騒がしくなりそうです。困りました。

以上、勝手にカミガカリ2日目を終わります。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ