2010.12.20

中味汁(中身汁)ならぬ外味汁(外身汁)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
沖縄には豚のモツを使った「中身汁」という料理がある。お正月や祝いの席などで食べられているおめでたい料理だ。中身汁があるのになぜ外身汁は無いのか?無いものは作ってしまえっ!ということで料理してみた。

中味汁(中身汁)は、鰹節で出汁をとり、豚の臓とこんにゃく、椎茸などを入れたすまし汁っぽい食べ物。
豚もつ汁とも言えるだろうか。臭みを丁寧に取った豚もつは、あっさりしていて美味しい。
沖縄そば屋では「中味そば」を出す店もある。

この中味汁、祝いの席で食されることが多い。
お正月にはお雑煮の代わりに中味汁を出す家庭も多いのでは?

sotomi01.jpg
レトルトでも売ってる。

祝いの席...

...なんてタイミングがいいのでしょうか。
先週末、ライブドアさんから一通のメールがDEE宛に届いたのです。

でぃーおきなわ 様

この度は日本ブログメディア新人賞にご応募いただき、誠にありがとうございます。
この度、貴ブログが一次選考を通過し、9つのノミネートブログに選定されました。

blog_award_top.jpg

!!!

ななななんと!DEE okinawaがライブドア主催の「日本ブログメディア新人賞」最終9つのブログにノミネートとの知らせ!

応募総数は自薦他薦含めて1729ブログ。

有名ブログの中にDEEの名前がっ...!
DEE okinawaも開設して早4ヶ月。編集部全員がヒーヒー言いながらも楽しみながらやってきた甲斐がありました。
ノミネートされただけでも嬉しいです!できれば優勝して賞金も欲しいよねっ!

なお、新人賞受賞者発表日は2011年1月12日から15日の予定です。
発表まではこちら(日本ブログメディア新人賞)から応援ツイートをよろしくお願いします!

 

...っとここで今日の記事は終わりにしてもいいような気がしますが、せっかく料理したので続きをば。

ここから本題

外身といえる部位はどこだろう。
チラガー、ミミガー、テビチ、三枚肉くらいでしょうか。
鳴き声以外は食べられると言われている豚肉。探せば他にも外身がありそうだけどやめておきます。

インパクトが大事だろ!と思い、生チラガー(豚の顔)1枚買ってきてドドーンと写真を載せたかったのですが無理でした。ごめんなさい。
あんなに大きいの食べきれないし、調理する自信がなかったのです。なんか怖いし。
今度DEE編集部が勢揃いした祝いの席で作ろうかと思います(例えば日本ブログメディア新人賞を受賞したりとか)

で、用意したのはこちら。

sotomi02.jpg
ミミガー、チラガー、こんにゃく。

ボイルされたミミガー、パウチされた味付けチラガー、きりこんにゃく。あと椎茸も。
もう少し外身を入れたい。三枚肉を入れようと思ったが脂っこくなりそうで無し。
テビチだとテビチ汁になってしまいそうで嫌だ。と考えながら精肉コーナーを物色していたら良さげな肉が。

sotomi03.jpg
骨なし足テビチ。

あらこれ便利。
テビチに見えないし、外身なのか微妙だけど、テビチって表記されてるので採用。

レッツクッキング!

まずは味付けチラガーについた味を落とすという、味付けチラガーを買った意味を無くすことから始める。
だってスライスされたチラガーってなかなか売ってないのですもの。
今回は実験的に作るのでそんなに大量に作れない。作りたくない。3、4日も外身汁なんて....

sotomi04.jpg
椎茸っぽいけどチラガー。

とりあえずお湯をかけてみた。
味を無くすといっても、これだけ色が付いてたらお湯をかけるだけでは完全に味は無くならない。
茹でるのもなんだか違う気がする。
ちょっとくらい味が付いてたほうが美味しいと思うので、これくらいにしておこう。

sotomi06.jpg
骨なし足テビチを一口サイズに。

これらをダシ汁で茹でるだけ。

sotomi08.jpg
カツオだしと椎茸の戻し汁。

sotomi10.jpg
ミミガーイン!
sotomi11.jpg
チラガーイン!
sotomi12.jpg
足テビチイン!
sotomi13.jpg
グツグツ...

----------------------調理終了----------------------

えっと、これだけです
すごい調理が面倒で、写真も大量にアップしないと!って思っていたのですが終わってしまった。
材料買出し→出汁の準備→食材を切る→鍋で煮る→終了。

生チラガーや生ミミガーを買ってきても下準備だけに時間がかかっただけかも(絵的には面白くなっただろうけど

完成したのがコチラ。

外身汁(外味汁)

sotomi14.jpg
普通の汁物。

うまい!
これは美味しい!ミミガーのコリコリした食感がよく合う!
普通のテビチを入れなかったのは正解だった。
味付けチラガーもいい感じ。生チラガーから作ったら味が染み込まず、もう少し薄い味になっていたかも。

味が想像できなかったので少量しか作らなかった。
晩ご飯これだけじゃ足りない!

食材も余ってるしお腹も満たされないのでもう一品作りましょう。

外身つくね汁

残ってる材料を使ってつくねを作る。
骨なし足テビチをミンチにして、細かく刻んだ味付けチラガーを入れて、コリコリ食感を出すようにミミガーも刻んで入れる。

sotomi05.jpg
足テビチとミミガーを混ぜあわせる。
sotomi07.jpg
あーたたたたたたたたたたたたっ!!
sotomi09.jpg
片栗粉、溶き卵、生姜、塩コショウを入れる。
sotomi16.jpg
つくねイン!

1分くらい茹でたら完成。

えっと、これだけですよ、ええ。

外身つくね汁

sotomi17.jpg
見た目は普通のつくね汁

美味しくないはずが無いじゃない。

うまい!
生姜とミミガーがいいアクセント。
これならミミガー嫌いな人にも食べさせられるかも!

まとめ

チラガーを探すのが大変だったが、なんとか美味しく作ることができた。
精肉店でスライスされたチラガーやミミガーを買ってくれば簡単に作ることができる。
なにより中身汁と違って下準備が楽である。モツの臭みを取るのは大変ですからね。

祝いの席や来年のお正月の料理に困ったら外身汁を作ってみてはいかがでしょうか。

それにしても中身なのか中味なのか、外身なのか外味なのかややこしい。

------材料------
何mlとか何グラムとかありませぬ。完全目分量で。

ボイルされたミミガー
味付けチラガー
骨なし足テビチ
こんにゃく
椎茸
ネギ

カツオだし
昆布だし
椎茸の戻し汁
醤油
塩こしょう

生姜
片栗粉
少々のチャレンジ精神
←これ一番大事

月間ベストワースト受付中

関連する記事

フォローしたらいいことあるかもよ

DEEokinawaの新着記事や裏話、面白写真などが毎日届くかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ