2011.05.17

ポークでポークを作ってみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ポーク缶を見てふと思いついたことがある。ポーク缶製造業のみなさまは是非この記事を読んでDEEにご連絡ください。

沖縄のポーク缶消費量は日本一。スーパーに行けば、様々なポーク缶がずらりと並ぶ。
ポーク缶とけばホーメルのスパムが有名だが、チューリップのポークランチョンミートもポピュラー。 
どちらも、沖縄土産としても知名度は高い商品だ。

食堂の定番メニューにも「ポーク卵」(ポークとたまご焼きがおかずの定食)や、ポーク卵おにぎりなどもあり、沖縄で、「ポーク」といったら豚肉ではなく、まず缶詰が脳裏に浮かぶ人が多いのではないだろうか。

ポーク。
ポーク=豚肉。
豚肉=豚ちゃん

うんちくを並べたわりには、単純な発想ではあるが、ポークでポークを作ってみよう。
豚はピッグだろう!というツッコミは受け付けません。

家にあるポーク缶を出してきた。

朝ごはんに、ポーク、卵、トーストで食べようと、買っておいたチューリップのスパム缶を出してきた。

pork03.jpg

プラスチック容器の新しい商品である。
これをポークにしてみよう。

3Dの削り出しをするわけなので、ここはまずは下準備。

図面を描いて印刷して、アルミ箔に写して型紙をとる。

pork01.jpg pork02.jpg

やるからには本気です。

ポーク登場。
油がすごいぞ…
pork04.jpg

型紙をはって側面からのカッティング。
まずは大雑把にカットしていく。
pork07.jpg

pork06.jpg


続いてトップからのカッティング
pork08.jpg

手が脂でべとべとなので、撮影するたびに、手を綺麗にするのが超めんどい。


面取りをしてみた。
なんとなくピッグ、いやポーク。
pork09.jpg

ここからは手で細かいところを削り取っていく。
一応少しでも脂を固めようと冷蔵庫で冷やしてから使い始めたのだが、このころになると
脂も解け始めてかなり手もナイフも悲惨な状態になってきた。

だいぶ、ポーク、いやピッグ(脂べとべとでどっちでもいい。)ぽくなってきた。pork10.jpg

後とは耳としっぽだな。

pork11.jpg
うお!耳としっぽをつけたらかわいい!
自画自賛モード!

それではポークで作ったポーク。お披露目。

pork15.jpg

pork16.jpg

pork17.jpg

結論

ポークでかわいいポークができた。
これは、商品化したらお土産にいいのでないだろうか?ポーク缶製造業のみなさまに是非検討していただきたい!

削られたポーク達。

pork20.jpg


白菜と中華風の味つけで炒めて、私のおひるごはんのおかずになりました。pork21.jpg

ポークのポークはまだ冷蔵庫に眠っています。
可哀そうで焼けません。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ