宜野座バーガーを全制覇の旅に出る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
宜野座村でハンバーガーを使って村おこしをする「宜野座バーガー」というものがあるらしい。というわけで「宜野座バーガー」全制覇を目指すべく、宜野座村へ行ってきた。

ハンバーガーで村おこし「宜野座バーガー」

ginoza_image_60.jpg

先日、名護市で開かれていた「第27回 やんばるの産業まつり」に行ってきたのですが、そこでこんなビラを見つけました。

ginoza_image_68.jpg

「宜野座バーガー」なんと!宜野座村ではハンバーガーを使って村おこしを図っているようです。宜野座村にあるカフェやレストランで宜野座村産の食材を使ったオリジナルのハンバーガーを作って販売しているということで、これは面白そう。「テキサスバーガーに対抗してつくるヤンバルバーガー」でハンバーガーを作り、「宜野座村の魅力を再発見してみる」でぼんやりとした宜野座の紹介しかできなかった私はそんなわけで宜野座村に足を運んだのでありました。

 

1日目

食べ歩きの旅開始。一件目は宜野座村の物産センター「未来ぎのざ」にある「豚我」に。

ginoza_image_62.jpg
いつもの未来ぎのざ。結構よく行くスポット。
ginoza_image_65.jpg
しかし豚我は初めて。お店も始めて知った。

宜野座バーガーNo.1 「豚我バーガー」

ginoza_image_66.jpg

豚我バーガーはビラによれば「宜野座産じゃがめん入りバーガー」。「じゃがめん」といえばDEEでヤンバルバーガー作った時も、じゃがめんをはさんでました。豚肉は自家生産している豚肉を使用らしいです。これは期待できそう!

ginoza_image_67.jpg

…しかし、じゃがめん入ってなかった(後から気づいたのだけど450円のバーガーと500円のバーガーがあって、500円の方にはいっていたのかも)。結構大きめのバンズにレタスとトマト、下の肉は豚肉を甘辛いたれで炒めたもの。このちょっと甘辛いタレとマヨネーズがよくあって食が進みます!これで450円はかなりお得だと思いました。すでにちょっとお腹がいっぱいです。

お次は宜野座村にあるタラソ・テラピー施設「かんなタラソ」。

ginoza_image_1.jpg
なんかすごい門構え
ginoza_image_2.jpg
シーサーも気合い充分

前に宜野座村の魅力を紹介みたいな記事を書いて「かんなタラソもありますよ!」って指摘を頂いていたのですが、あんまり高級感のある場所に行ったことがないので気後れして紹介できませんでした。こういうところにすっと入れる大人になりたいと思います。

ginoza_image_3.jpg

で、おそるおそる入ったのですが、「かんなタラソ」ではイベントでは宜野座バーガーを出しているが、通常時はレストランでは販売していないとのこと。そのまま出るのもなんだったので、ランチを食べてきました。写真は「海海丼」。海ぶどうとさっと油通しされたサーモンの丼です。

と、この日はこれでお腹がいっぱいに。無理に食べてもいいこと無いので次につなぎます。

 

2日目

この日はランチライムを狙って「炭火屋てんぷす」へ

ginoza_image_14.jpg
閑散としてるように見えるけどまわりは貸別荘
ginoza_image_18.jpg
結構迷ったけどお店見つけた

宜野座村の海側に貸別荘地帯があるのですが、その中に「炭火家てんぷす」があります。

宜野座バーガーNo.2 「てんぷす炭火焼き紅豚バーガー」

ginoza_image_51.jpg

ここのハンバーガーはビラによれば肉に宜野座村産の「紅豚」、野菜は無農薬で育てたベビーリーフ、バンズも手作りなのだとか。お値段はポテトとドリンクがついて700円。味はなによりバンズにどっしりと挟まれたハンバーガーがうまい!ハンバーグの下にデミグラスソースが挟まれていてハンバーガーの味を引き立てます。

幸先がよい滑り出しで次は宜野座村のリゾートホテル「カンナリゾートヴィラ沖縄」へ

ginoza_image_690.jpg
オサレな門構え!
ginoza_image_22.jpg
中もオサレ!

カンナリゾートヴィラ沖縄にも初めて入ったのですが(破れたジーンズと島草履で)、めちゃめちゃ高級そうでした。すごくおしゃれな感じで挙動不審な感じでレストランへ。

宜野座バーガーNo.3 「AGUMOバーガー」

ginoza_image_21.jpg

カンナリゾートヴィラ沖縄のハンバーガーはアグー肉のハンバーグにもずくが入っています。

ginoza_image_20.jpg

かなりどっしりした感じでアグーのハンバーグがおいしかったです。上のもずくはあんまり存在感がなかったのですが、正統派できちんとしたハンバーガーという感じ。ホテルなのでレストランではナイフとフォークがでてきましたが、とりあえず手で食べました。

最後は宜野座村のカフェ「cafe ASYL(カフェアジール)」へ

ginoza_image_59.jpg
看板見つけた
ginoza_image_58.jpg
あれ?開いてない?

と、行ったのですが、残念ながらお休みでした。ホームページを見ると不定休とのことだったので、残念ながら次の機会で。

 

残りは産業まつりで

というわけでビラには5つあった宜野座バーガーのうち3種類は現地で食べられたわけですが、あと2種類どうしよう…。

ginoza_image_5.jpg

と思ったら産業まつりで宜野座バーガー全品が出品されてました(今までの苦労はいったい…)。売り子のお兄さんに話をきいたところ休みだった「cafe ASYL(カフェアジール)」も「かんなタラソ」と同じようにイベントの時に限ってハンバーガーを売っているようです。

というわけ残り二つを食べてみましょう!

 

宜野座バーガーNo.4 「グルクンバーガー(かんなタラソ)」

ginoza_image_6.jpg

これ買ってきて気づいたのですがビラにはかんなタラソは「紅豚しゃぶしゃぶ入りバーガー」って書いてありました。どうやらしゃぶしゃぶ入りのものとグルクンのものが二種類ある模様。

ginoza_image_7.jpg

中身はグルクンのフライと上には野菜のマリネ状のものが。フライの下にはハンダマがしいてありました。グルクンフライと野菜の相性がよく、さっぱり食べられる一品に仕上がっています。こうなるともう一方の「紅豚しゃぶしゃぶ入りバーガー」も気になります。買えば良かった…っ!

宜野座バーガーNo.5 「フーチバーガー(cafe ASYL)」

ginoza_image_10.jpg

最後は「cafe ASYL(カフェアジール)」のフーチバーガー。バンズの上にフーチバーが乗ってます。

ginoza_image_11.jpg

中は野菜がたっぷり。野菜の間に挟まれているのは鰹節とこしょうのオリーブ漬けだそうです。そしてなにより特徴的なのは挟まれているハンバーグは肉不使用。豆腐と豆を使ったものなのだとか。

ginoza_image_12.jpg

ちょっとびっくりしたのですが、本気でこのフーチバーガーおいしかったです。肉を使っていないのに食べ応えもあってハンバーグ部分もしっかりと味がついていて、もちろん他のハンバーガーもおいしかったのですが、私的にはフーチバーガーが一押しでした。

 

ハンバーガーの村、宜野座を応援しよう

ginoza_image_4.jpg

そんなわけで宜野座バーガーを食べてみるという記事でした。宜野座バーガーはまだ現地では買えないものがあったり、案内があんまり無かったりなんですがこういう村おこしも素敵だなぁと思いました。なによりハンバーガーがどれもすごくおいしかったです。

最後に宜野座バーガーを販売している各所のホームページを一覧にしておきますので興味のある方は是非宜野座バーガーを食べに宜野座村まで足を伸ばしてみてください!

豚我
炭火家てんぷす
カンナリゾートヴィラ

(下二件は通常は宜野座バーガーを販売していないみたい)
かんなタラソ
cafe ASYL(カフェアジール)

また、イベントでも宜野座バーガーを販売しているようですのでDEEでなにか情報があったらお伝えしますね!

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ