2012.03.21

Web業界人が本気でろくろを回す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Web業界の人はインタビュー時にろくろを回しているという話がある。沖縄にAppBankさんが来ていたので実際にやってもらった。

みなさんは最近ネットで話題になっている

「Web業界の人はインタビュー時にいつもろくろを回している」

という話をご存知でしょうか?

詳しくはまとめサイトをご覧頂きたいのですが、簡単にいうとこういう感じです。

web業界について語るやんばるたろう氏

エアーろくろ

DEEokinawaの今後の展望について語るmiooon氏

エアーろくろ

つい話に熱が入っちゃうとエアーろくろをしてしまうという話なのですが、
インタビュー時に本当にろくろを回すとどんな風になるのか?
今回はこれを検証してみたいと思います。
 

AppBankさん

インタビューさせて頂くのは、たまたま沖縄に来られていたAppBankさん。
AppBankさんといえば、ライブドア主催「日本ブログメディア新人賞」で大賞に輝いたメディア。
DEEokinawaは特別賞という名の実質2位だったので、憎い!100万円!キー!!お会いできて光栄です。

AppBankの社長、村井智建さん。
テレビ朝日系「お願い!ランキング」やTBS系「革命×テレビ」に出演されているので、お顔を見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。


インタビューの前に、まずは粘土を捏ねていただきます。
 

ろくろを回してもらいながらのインタビュー

それではろくろを回しつつインタビューの開始です。


やる気満々の村井氏

—なぜ沖縄に?

沖縄に来たのは10日ぐらい前です。
遊びというか、花粉から逃げるために来ました。
滞在中はほぼホテルで仕事をしています。


ろくろを回しながらインタビューに答える村井氏

基本的にAppBankはどこでも仕事ができるので、それこそ大阪だったりサンフランシスコだったりで仕事をするのはしょっちゅうなんですよ。
沖縄はネット環境も申し分ないし、日本語も通じるし、めしも旨いし、とても快適ですね。
あと暖かくてびっくりしました。
今日もTシャツですし!


沖縄は快適です、と村井氏

あ、でも沖縄の人はみなさん長袖ですよね。

(沖縄で暮らすと寒さに弱くなるんです)

あはは!
着いて2日めに喫茶店かなにかの看板で
「また寒くなってきましたね。風邪やインフルエンザに気をつけましょう!」
というのを見て、イヤイヤイヤ、それはないだろうと思いました(笑)

あ、ちょっと待って!
一回軌道修正したい。


曲がりかけた粘土を先生に直してもらう村井氏


会社も粘土もいろんな人に支えられてこそだねと語る村井氏
 

AppBankというサイトについて

—AppBankサイトの運営について教えていただけますか?

AppBank」は日本最大の iPhone/iPad アプリ・アクセサリをおすすめするサイトです。
数多くのiPhone/ iPad アプリ・関連アクセサリの中から実際にいくつもの製品を選び、動画や多くの画像を用いて読者と一緒に楽しみを伝えていくメディアです。

サイトの運営は2008年の10月からです。日本でiPhoneが発売されたのが2008年の7月なのでちょうど3ヶ月目からやってます。


最近のお気に入りアプリはパズル&ドラゴンズだそう

—AppBankをはじめようと思ったきっかけは?

私は元々は携帯のコンテンツビジネスをやっていて、ずっと新しい仕事をしたいなーと思ってました。
2008年の7月にiPhoneが発売されて、そのときは興味本位で2台目の携帯としてちょっと買ってみるかなと。
あと徹夜の行列に並んでみたかった、というのもあります。


iPhoneが初アップル製品なんです、と村井氏

徹夜で並んで朝7時に買って触った瞬間に「これはヤバいものが来たな」と思ったんです。
ずっと携帯サービスを関わってたけど、iPhoneはインターネットそのものじゃないですか。
パソコンでもなく携帯でもなく、インターネットそのものだと!


当時を思い出し、思わずろくろから手を離してしまう村井氏

気になることをポケットから出して1秒とか2秒とかで調べられることとか、信じられないですよね。
これはもう従来の関わり方ではなくて、自分の人生的にまったく新しい関わり方をしたいなって思って。
ずっとなんかないかなーって言ってたんです。

最初、私たちはiPhoneアプリを作りたかったんですが、私はアプリは作れないので、ともかくいろんなアプリで遊んでたんです。
で、せっかく遊んでるんだからなんか感想でも書こうかなと。そして自分たちが将来的にアプリを作った際にちょっとでも宣伝できる場があればいいんじゃない?ってドメインをとったのがappbank.net

AppBankはアップルが開発した携帯をソフトバンクが販売したから「アップル+ソフトバンク」の略なんです。なので最初はアプリケーションに特化しようと思ってなくて付けた名前なのに、始めて1週間ぐらいで自然と今の形になっていった。ある意味ラッキーでしたね。いい名前をつけちゃったなーと。
AppBankは毎日アプリ紹介だけをがっつりやったという最初のサイトです。


今では世界一、アプリが売れるレビューサイトに
 

今後の展開は?

この先2年間ぐらいはやることが決まっています。
9月にiPhone5が出るじゃないですか。
そのときiPhoneはドコモを含めた3キャリアが扱う体制になると思い込んでいるんです。


ろくろ回しは遂に形を作る段階に

AppBankは今はメディア事業(サイトの運営)だけじゃなく、
・ストア事業(iPhoneケースなど周辺機器を販売するお店)
・ゲームアプリ事業(アプリの開発)
があって、iPhone5が出る前に、ストア事業としては、大阪の出店と札幌の出店をやりたいなと。
欲を言えば東京都内にもう1店舗もやりたいですね。


最終段階のふちを薄くする方法を習う村井氏

—AppBankストアの沖縄の出店はないんですか?

それは今回本当にいろんな人に言われて!(笑)
なので今回偶然沖縄に来たわけですが、話次第ではありえるかもしれませんね。
いつもこんな感じで出店の話って進むので(笑)

—楽しみにしています!


小指を立てながら語る村井氏

なので、この先2年はメディアとしてAppBankサイト、リアルなグッズ展開でAppBankストア、そしてアプリのゲームでAppBankGamesの3つで頑張るぞ!という感じですね。
いやー、忙しいですね。
ろくろも回さないといけないしね!(笑)


完成!
 

インタビューを受けながらろくろを回すと

ということで、iPhoneやWebにまったく興味のない方には、一部チンプンカンプンな内容も含まれていたかもしれませんが、最後に有益な情報をご紹介させていただきます。

インタビューを受けながらろくろを回すとどうなるのか?

結果は

右肩上がりに広がった、未来に希望がもてそうな器ができる!

にょーん
 

ろくろカット写真が欲しい方はアバーン陶芸教室さんへ

今回の唐突なインタビュー撮影依頼に快くご協力いただいたのは、那覇市の沖映通りにあるアバーン陶芸教室さん。


定額で通い放題の陶芸教室や、初心者でも安心して出来る体験講座をやっておられます。

Web業界用ろくろ写真撮影コースもつくろうかな、とおっしゃっていたので気になる方は是非問い合わせてみてください。


教室で販売されていたイヤホンジャック。サーターアンダーギー!

最後に。
今回村井さんともうひとかた、AppBankのNextCEOであるトシズムさんもろくろ回しを体験されたのですが、その手つきを見て先生が一言。

「Web業界の人はろくろ回しの才能がある!」

半信半疑ですが、Web業界の人は今の仕事で食べられなくなっても陶芸家への道があるのかもしれません。

アバーン陶芸教室

〒900-0013
沖縄県那覇市牧志2丁目17-2
TEL:098-988-3105
http://www.avurn.jp
Blog:http://avurn.ti-da.net/
Twitter:https://twitter.com/#!/avurn
facebook:https://www.facebook.com/avurn

月間ベストワースト受付中

関連する記事

フォローしたらいいことあるかもよ

DEEokinawaの新着記事や裏話、面白写真などが毎日届くかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ