【スナック母子家庭速報】ランチはじめました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DEEokinawaでかつて取材をさせて頂いたあのスナック「母子家庭」がランチを始めたらしい。早速足を運んでみた。


皆さんは「スナック母子家庭の謎にせまる」という記事を覚えていらっしゃるでしょうか。そう、那覇市の三原にある誰もが気になっていたあのスナック「母子家庭」のママにインタビューしたあの記事です。

1回目の取材後にめでたく15周年を迎えた模様。右は15周年記念ボトル。
ゆいレールで行ったDEEの周年祭でも景品を提供頂いた。
普通に飲みに行った時の写真
いつもありがとうございます

それからスナック母子家庭にはDEE本をつくるために再度取材にうかがったり、普通に飲みに行ったりと割とDEEスタッフの中では行きつけになっていたのですが、そんなある日のことスナック「母子家庭」のママ、みつえママから

「今度は昼もやるから来てねー」

と衝撃的な発表が。一体どういう事なのでしょうか?真相を解明すべく、昼の母子家庭にお邪魔してきました。

 

10月1日。昼の母子家庭ランチ

そして2012年の10月1日。この日はランチスタートの日。

ぷに汁定食350円!

「ぷに汁」…なんだか可愛い響きですが、「ぷに」は八重山の言葉で「骨」のこと。つまり「ぷに汁」は沖縄本島でいう「ソーキ汁」に相当する料理です。11:00から15:00まではランチタイムでこの「ぷに汁定食」をこれからは出していくそうです。

 

とりあえずお祝いの花束を
昼の母子家庭

この日は噂を聞いた人でかなり盛況。席についてしばらくすると「ぷに汁定食」が出てきました。


ぷに汁定食(ソーキ汁、ご飯、キャベツ、半熟卵)

価格設定をどこかで間違えてる気がする…っ!

ソーキ。普通にでかい。
あのキャベツ

最初の取材の時にキャベツの千切りがものすごく細いことについて取り上げてますが、あの後キャベツは「千切りしすぎて手が痛い」という理由で最近おつまみから姿を消しており寂しい想いをしていました。ランチを始めるにあたってキャベツの千切りが復活。この日は朝6時くらいから千切りしてたらしいです。そして350円ながらご飯がおかわり自由。本当に大丈夫なんでしょうか?

ぷに汁は大きめのソーキと大根、昆布が入ったあっさりした味付けの汁物で、これと半熟卵をかけた卵ご飯の相性も抜群です。ご飯がどんどん進む!


ランチのために計算機を買ったらしいみつえママ

みつえママはそれまでスナックは1000円単位の料金設定だったのでランチが始まり細かいおつりを渡すために計算機を買ったそうです。

そして、店内にはもう一つ変わった点が。

お店の人が増えてる。

この方は板前の山城さん。なんとスナック母子家庭は昼はランチ、夜は小料理屋(山城さんが料理をつくる)としてリニューアルするために店内を改装中なのだそうです。

 

みつえママにインタビュー

なぜランチを始めたのか、そしてなぜスナックから小料理屋になるのか。お話を聞いてみました。

――どうしてまたランチを始めたんですか?

私の感謝の気持ちだよ。一人で15年お店をやってきて、男の子どもを3名育てて上げたさね。だからいつも来てくれるお客さんに私が一人で体も壊さずやってこれたという感謝の気持ちを込めて。儲けはあんまり考えてないよ。

スナックから小料理屋になるのだけど、どうしてもスナックのイメージが大きいから、この「ぷに汁」でお店の中に入ってきてもらって、イメージチェンジしたのをわかってもらいたかったというのもあるね。

 

――板前の山城さんとの関係は?

恋愛関係はないよ(笑)。恋愛関係だと母子家庭じゃなくなるさ。10年来のお客さん。私はもともと店を閉めるつもりだったわけ。15年の目標も達成したし、子どもも自立したから。それとこのお店の立ち退きの話があったもんだから、こっち(山城さん)にお店閉めるつもりだけどやらんねー?って言って誘ったわけさ。

だけど母子家庭の免許があと五年あるから。それをそのまま使って、中はいいように改装してやってもらったらいいさねーって言って、いずれは店あげるからよーって。そのあとは自分の店の名前にしたらいいさねーって言って。そうしないと来ないよ。こんな腕のいい板前さんが。

(山城さん曰く、「ママには指一本触れていません」とのこと。)

 

――ランチは毎日やってるんですか?

とりあえず毎日やってるよ。今まではスナックで気になってるけどお店に入れない人もいたみたいだけど、昼にランチに来てもらってお店の雰囲気を見てもらってから夜も来て欲しいね。

観光客にも是非食べてもらいたいんだけど。辺戸岬の観光の帰りにとか(笑)。

 

というわけで、母子家庭のぷに汁ランチは毎日11:00-15:00。これまで勇気が無くて母子家庭のドアを開けられなかった方も、行きたいけどスナックはちょっと…と思っていた方も是非是非足を運んでみてください!

 

後日、小料理を始めた母子家庭からレポートします


(スナック母子家庭 → 居酒屋母子家庭)

ランチの始まった母子家庭。現在、夜は小料理屋としてリニューアル中なのですが、台風やらで大工さんがなかなか来なくてまだ完全にリニューアルできていない模様。

夜は刺身や寿司、その他料理などを山城さんが作ってみつえママがお酒と話という体制になるそうなので、改装が終わったらまた様子をレポートしようと思います!お楽しみに!

 

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ