集落が美術館に変身!大城スージグヮー美術館

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
北中城村の大城(おおぐすく)集落で行われる「大城スージグヮー美術館」に行ってきた。

結構前に「作品名は何でShow」という特集で取り上げましたが、沖縄県北中城村大城(おおぐすく)集落には通りや公園など至る所に彫刻やシーサーが飾られて何だか凄いことになっています。

そしてこの大城集落は『沖縄、ふるさと百選』『日本の歩きたくなる道500選』『平成の名水百選』『住まいのまちなみ賞』など数々の賞を総ナメにしているのだとか。

そんな大城集落で1年に一回行われるのが「大城スージグヮー美術館」という企画です。これは集落を美術館に見立てて、歩きながら集落各所の民家のお庭を散策できるというもの(「スージグヮー」は細い路地みたいな意味)。

というわけで本日は2012年の11月10日、11日に行われた「第10回大城スージグヮー美術館」の様子をお届けしたいと思います。

 

スタート地点は公民館

取材に行った11月11日はあいにくの曇り空。まずは大城公民館を目指します。

壁面シーサー
路傍のシーサー

大城集落周辺の道は本当に至る所にシーサーだったり、色々なもの(何だかよくわかんないオブジェとか焼き物とか)があちらこちらにあります。

受付。声をかけると会場の地図をもらえます。今年のオススメはかなり昔の古民家とのこと。

地図を頼りに歩いてみることにします。

 

スージグヮー美術館スポット巡り

まぁ「地図を頼りに」といっても私は割と深刻な方向音痴なのですが

所々に補足で案内板も設置されているので大体迷わずに済みました。

で、肝心のスポットはどんな感じかというと本当に民家。一般のお宅がこの日だけ特別に庭を展示場として開放しているのです。

花咲か爺さんの庭その1
蘭っぽい植物

各スポット、植物だったりシーサーだったりいろんなものに気合いが入ってます。

『洋ランと観葉植物のある庭』
温室がスゴイ!
『シーサーのある庭』
こちらの庭は各種シーサーが勢揃い
『写真の家』
ここはガレージで写真展

今年のスポットは全部で14箇所で全てを紹介はできませんが、どの場所もスージグヮー美術館にかける情熱がスゴイ。きっとずっと準備してきたのだろうなぁと思わせるラインナップです。

こんなお詫び文章も。これもなんかすごいなぁと思いました。

 

普通に道を歩いても楽しい大城集落

先にも言いましたが、大城集落には各所に色々なものが設置されています(日常的に)。

なんか俳句みたいなもの。後ろの塀には陶器のツボが。

シーサーが塀を守りすぎ。

こちらの家にも沢山シーサーが。

こちらは集落のカー(湧水)。大城集落は各所にカーがあるのですが、どれもきちんと整備されています。このあたりはスージグヮー美術館じゃなくても日常的にあるものなので、気になった人はぜひ歩いてみてください。

そして今回はスージグヮー美術館に関西大学の学生さんが関わっており

集落の色々な場所にQRコードが設置。

QRコードを読むと、その場所にまつわる情報を見ることができます。

こちらは関西大学の学生さん出典のパネル展。大城の今と昔の写真などを見ることができます。

こんな感じでスポットスポットを歩いている間にも色々なものがあって本当に歩くのが楽しくなってきます。

 

今年のオススメ古民家を見てみよう

折角なので最後に「今年の目玉」と受付で熱く語られた古民家を紹介しておきます。

こちらが古民家。中は改装されていて、一般の方が住まわれているよう。

古民家の裏手には豚小屋跡が。石を積まれて作られてます。

そしてこちらが井戸。セメントでは無くて井戸の周りも一枚の岩を切り出してできているようです。

こうやって家の周りに土を盛って囲っている家はもう大城集落でもここしか無いのだそうです。

 

まちあるき楽しい!

他にも国指定の重要文化財「中村家」(北中城の高速の標識に書いてありますよね)付近でやちむん市をやっていたり、すぐ近くの荻堂という場所ではひまわりまつりだったり、本当に書くことが尽きないのですが、とりとめが無くなってしまいそうなのでこの辺で終わりにしたいと思います。

「スージグヮー美術館」自体はずっと前から聞いたことがあって、ようやく今回参加できたのですが、これは本当に素敵な試みだと思います。結構多くの人が参加していたので、全然知らない人と「これすごいっすね!」みたいな話ができたり、スポットになってる民家の方にお茶をご馳走になったり、まちあるきがもっと楽しくなるイベントです。

多分来年も11月くらいに開催なのではないかと思うので是非是非皆さん足を運んでみてください。待てないという方は普段の大城集落を歩いてみるのもいいかもしれません。「日本の歩きたくなる道」は伊達じゃないですよ!

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ