2013.02.27

探検!ぬちしぬじガマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ぬちしぬじガマという場所をご存知でしょうか?本島中部にある鍾乳洞を探検してきました。

みなさんはぬちしぬじガマという洞窟(鍾乳洞)をご存知でしょうか。
場所は本島中部のうるま市石川。

戦時中は約300名の人が、このガマの中に逃げ込みひっそりと過ごし、亡くなった方は1人もいなかったそうです。また、ぬちしぬじガマの中で2人の赤ちゃんが生まれたことも。
もっと昔には、今帰仁の按司が戦で敗れ、ぬちしぬじガマで命を凌いだ話もあるんだとか。

ということから、ぬちしぬじガマは、「ぬち=命・しぬじ=凌いだ」という意。

2度も命を救ったぬちしぬじガマは、ある種のパワースポットでもあるのです!(って書いてあった)

nuchishinujigama_01.jpg
ぬちしぬじガマ管理事務所

ぬちしぬじガマに入るには、管理事務所で受付をしてから。
ガマがある場所は私有地。地権者の方が運営・維持管理しています。

nuchishinujigama_02.jpg
レンタルのサンダルはサイズが豊富
nuchishinujigama_03.jpg
LEDライト

料金は、ガイド付きのコースは3000円。ガイドなしのコースは1000円。
サンダルと懐中電灯(LEDライト)が貸してもらえます。
 

nuchishinujigama_04.jpg
修学旅行生も受け入れているのでベンチも多い
nuchishinujigama_05.jpg
手作りトレーニングジム。バーベル重そう

沖縄県内の人よりも、県外からのお客さんの方が多いそう。地元の人以外はあまり知らないんだとか。
また、県外からの修学旅行生が訪れて、ガマの中で当時の様子を再現し体験していくそうです。

nuchishinujigama_60.jpg
トイレがなんとも

nuchishinujigama_57.jpg
男子トイレはとても自然。臭いは皆無。不思議。
nuchishinujigama_58.jpg
手を洗うのは貯水タンクで

靴をサンダル(クロックス風な)に履き替え、裾をひざ下まで捲り上げて準備万端。

出発

nuchishinujigama_07.jpg
LEDライト
nuchishinujigama_06.jpg

「危険生物がいるかもしれないから、そのときのために棒。杖代わりにもなるからね☆」とのこと。
「ガマの中には危険生物はいないから大丈夫。」

nuchishinujigama_08.jpg
入口までは歩いて2,3分
nuchishinujigama_09.jpg
案内板があるので迷うことはない

nuchishinujigama_56.jpg
探検に適さない服装だが問題ないです

ぬちしぬじガマ入り口に到着。探検の始まりです。

拝む場所でもある

大きく開いたぬちしぬじガマの入り口。

以前、DEEokinawaの記事で【探検】本当の玉泉洞というのがありました。
玉泉洞の洞窟探検はかなり過酷そうだったのですが、ぬちしぬじガマは水の中に入らなくても大丈夫です(膝くらいまでは浸かるけど)。

nuchishinujigama_10.jpg

nuchishinujigama_11.jpg

近所の人が拝みにくるそうです。

nuchishinujigama_12.jpg

はしごを登った先は、外の光が届かない真っ暗な世界。電灯などの設備は一切ありません。
LEDライトだけが頼りです。

nuchishinujigama_13.jpg

大人一人が屈んでやっと通れる道を進んでいきます。

nuchishinujigama_14.jpg

nuchishinujigama_16.jpg

ところどころに架けられた木板の橋。

nuchishinujigama_17.jpg

狭い道を進んで行くと階段が。

湧き水がひんやり気持ちいい

nuchishinujigama_20.jpg
この穴の先は行き止まりな気がする

階段を降りると湧き水が川になって流れています。振り返ると奥に続く穴がありますが、進むのはコチラではなく正面。

nuchishinujigama_21.jpg

川の深さは深い所でひざ下くらい。ひんやりと気持ちいい。

nuchishinujigama_23.jpg
所々に順路の標識

基本的に一本道なので迷うことはありません。

nuchishinujigama_24.jpg

橋の下には湧き水の川。結構な勢いで流れている。

nuchishinujigama_25.jpg

紅白の鍾乳石

入り口からゆっくり歩くこと約10分。最初に現れたのが紅白の鍾乳石と呼ばれるものです。

nuchishinujigama_27.jpg
紅い鍾乳石

nuchishinujigama_26.jpg
白い鍾乳石

同じ鍾乳石でも、紅と白でこんなにも形(丸み?)が違うものなのですね。

nuchishinujigama_29.jpg

ライオン岩

紅白の鍾乳石を通り過ぎ、川の中をチャプチャプと歩いて行くと、次の岩が現れます。

nuchishinujigama_30.jpg

nuchishinujigama_31.jpg
何か書いてある

nuchishinujigama_32.jpg

「5m通り過ぎてふり返って見て下さい。ライオンに見えます」ライオン?

nuchishinujigama_38.jpg
言われてみればライオンかも。一番明るいところが前足っぽい

ラ、ライオンだー!

岩に座っているライオンに見えなくもない。

黄金岩

ライオン岩を通り過ぎて、しばらく進むと左側に現れたのは「黄金岩」。

nuchishinujigama_40.jpg

「触れると黄金に恵まれる」黄金に恵まれる。

nuchishinujigama_39.jpg

撫で回しておきました。

キラキラ石

黄金岩を通りすぎて現れたのは「キラキラ石」。

nuchishinujigama_43.jpg
抱きつきたい

「触れると金運が高まる」金運が高まる。金運が高まる。

かなり長い時間この岩の前に留まって触っていたので金運UP間違いなし。

nuchishinujigama_42.jpg
なんともキレイでした

写真だとあまりキラキラしていませんが、実際はかなりキラついています。

脳ミソ岩

キラキラ岩に後ろ髪を引かれながら進んで現れたのは「脳ミソ岩」。

nuchishinujigama_44.jpg

「触ると頭が良くなる」頭が良くなる。

nuchishinujigama_45.jpg
脳っぽいといわれれば

こちらも撫でておきました。これで確定申告の計算も大丈夫...!

 

広い所では高さ

nuchishinujigama_46.jpg
中央付近、イカっぽくないですかね

イカっぽい鍾乳石。

nuchishinujigama_47.jpg

ガマの中のあちらこちらに、大きくはありませんが立派な鍾乳石がつららのようにたくさんある。

光が見えた

案内板のとおりに進むと出口が見えてきました。
入り口からゆっくり歩いて30分くらいでしょうか。

nuchishinujigama_49.jpg
下から見る光がキレイですよ

急な斜面に手すりと階段が設置されています。

nuchishinujigama_50.jpg
ちょっとガタついてるけど

nuchishinujigama_52.jpg

外に出ると木陰が気持ちいい。

nuchishinujigama_53.jpg

出口には水道があって、手や足を洗うことができます。

nuchishinujigama_54.jpg

管理事務所までの帰り道も案内板の通り進めば大丈夫。

もう一度行きたい

ガイド付きのコースは大人1名3000円。
詳しい説明や、様々な体験もできるコース。

ガイドなしのコースは大人1名1000円。
棒とLEDライトとサンダルを借りて、ただ通り抜けるコース。

ナイトツアーもあるみたいですよ。
参加費は、貴重な戦跡を整備・維持するための費用として利用されます。

歩道が整備された鍾乳洞では物足りない方は探検してみては。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ