2014.03.14

イカ釣り大会に参加してきた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イカを釣ってみたい。そう思い続けて数年。イカ釣り大会があるというので参加してきた。

イカ釣り。それはなんと甘美な言葉でしょうか。
護岸から竿を振り、大海原から光るイカを釣り上げるロマンチックな体験。

多くの釣りが釣り針にエサをつけて魚を釣り上げるのに対して、イカは餌木(エギ)と呼ばれる小魚やエビに見える擬餌と釣り針を一体にした漁具を使います。つまりイカ釣りは餌木と釣り竿だけ車に乗せていたら気が向いたときに気が向いた場所でできるのです。


エギ

と、いっぱしにイカ釣りについて書いてみましたが、これまでわたしは何度かイカ釣りをしたことはあるのですが、全戦全敗。竿は振るけれどイカには無視されっぱなしの状態です。イカって本当に釣れるのかしら・・・そもそもなにかを間違っているのじゃないか・・・そう思いながら長年過ごしてきたのです。

そんなとき知人から沖縄最大級のイカ釣り大会、沖縄烏賊師の祭典『烏賊人(いかんちゅ)ぱーりー』が開催されると聞きました。
沖縄のイカ釣り達人たちが集まる大会に行けば、こんなわたしにだってイカを釣り上げられるんじゃ!そんな淡い期待を込めて参戦してきました。

烏賊人ぱーりー

烏賊人ぱーりーは今回で6回目の開催。
沖縄最大級というだけあり、朝から190名のイカ釣りに魅せられた人たちが集まりました。


朝8時に平安座漁港集合


女性や子供の参加も多いです

協賛企業も多く、大きなイカを釣り上げたら商品があるようです。

また女性は参加費無料にも関わらず、参加賞としてエギと塩せんべいをいただきました。

会場内に飾られているイカ拓が大きすぎてビビります。


大きすぎてこんなのが揚がってきたら怖いと思う

烏賊人ぱーりーのルールは簡単。
・朝9時〜午後2時までの制限時間内にイカを釣る
・釣り場は海中道路から離島の陸からのみ。本島ではダメ。また水に入ってはダメ
・釣って生体反応があるうちにネームタグと一緒に写した写真を本部に送る
・2時半までに本部に持ち帰って検量をすること

では張り切って釣りにいきましょう!

初心者講習会を受ける

と、走って釣りに行きたいところですが、まずは初心者講習会を受けたいと思います。


エギングとはイカ釣りのこと

講師のちえりさん。「熱血!釣り塾」というテレビ番組に出演している沖縄の釣り女王です。

まずは竿を振って、糸を出すけどたるませないこと。ピンと糸にテンションをかけていたら海の底にエギが着いたら糸が緩むでしょう。
そしたら糸と竿をまっすぐになるようにしてから2、3度シャクリます。シャクルっていうのは竿を上下に動かしてエギを浮上させるのね。
エギの頭が上を向いているときはイカは攻撃してこないから(エギを食べにくるのではなく攻撃して抱きついてきたところを釣るらしいです)、なるべくエギを平行かちょっと下を向くぐらいにしておくのがコツ。
慣れたら沖縄の海は珊瑚が多くて根がかりするから、底に着く前にシャクルぐらいがいいわ。

みたいなことを何度も竿を振ったりしながら教えてもらいました。
わかったような気がしましたが、わたしが竿を振ると苦笑いをするちえり先生。
そして写真を見たら、わかったような顔もできてなくて申し訳なくなりました。


ごめんなさい。

私が講習に苦戦する横で、大会第1号のイカが釣り上げられます。

釣り上げたのは5年生の女の子。
初竿振りでイカが釣れたそうです。

イカはたしかにいる。
それもすぐ見えるところにいる。


護岸から見える範囲で何匹もイカが泳いでいるのです

もしや、入れ喰い状態なのか!?
しかしちえり先生は言います。

最近のイカは賢くなっている。通称「スレイカ(すれているイカ)」。
だからイカ釣り人が多い本島周辺ではイカは釣りにくくなっているのよ。
エギの色を変えたり、シャクリ方を変えたり、イカ釣りはイカ対人間のゲームのようなのよ。

本部前のこの場所はイカはいますが、人もいっぱいいます。
それも達人レベルがたくさん。


スレイカ増産中

ここでは釣れない。
そう判断したわたしは、ちえり先生にお礼を行って場所を変えることにしました。

イカは釣れるのか

10時〜14時までの4時間。
場所を変え、シャクリ方を変え(た気になって)、イカ釣りをしてみました。

その結果。


海から揚がってくるのはエギだけ

釣れませんでした。

釣れませんでした!

大会はどうだったのか

今回参加者は190名。
そして釣れたイカは、アオリイカ20杯、クブシミ3杯、シガヤータコ4杯、外道でヤガラ1本だったそうです。

タコやヤガラも釣れていますが、イカだけだと23杯
天候が悪かったのも影響していると思いますが、達人たちを前にしてイカ釣りどんだけ難しいんだ!

しかしその中でも結果を出された方はすごいですね。


1位の人のイカは1.72kg

最初の女の子はちびっこ賞を獲得していました。

イカスミ習字をしてみよう

さて、大会はここまでなんですが・・・このまま終わっては烏賊ん気がします。

話は変わりますが、以前DEEokinawaでイカスミ汁で書き初めをしたことがあり、その結果はなんというか灰色でした。

本当のイカスミだったらどんな結果だったのか。
イカスミをもらって書いてみることにしました。

ということで。

本物のイカスミで習字をしたら真っ黒でした。でも生臭さは否めなかったです。

烏賊人ぱーりーさんありがとうございました。
ちなみにエギンガーとはイカを釣る人のことらしいです。

いつか今回の教えを胸に、立派なエギンガーとしてイカを釣りたいと思います。

【取材協力】烏賊人ぱーりーさん、やんばる釣り日記さん

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ