カップヌードルそうめんでソーメンチャンプルーを作ってみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この夏、日清から「カップヌードルそうめん」なる商品が発売された。これ炒めたらソーメンチャンプルーになるんじゃないだろうか。

先日、カップヌードルでおなじみの日清から「カップヌードルライト そうめん」なる商品が発売されました。皆さんはもう食べましたか?


麺が完全にそうめんだ。

で、まぁ流行り物なのでちょっと食べてみようと思って実際に食べてみたんですが、インスタント食品だと侮ることなかれ。これが普通にうまいのです。あっさりとした和風出汁で麺にも結構コシがあって手軽にそうめんを楽しむことができます。

…なんか記事広告みたいな出だしになってしましましたが、このカップヌードルそうめんを食べてみて思ったんです。

「これ炒めたらソーメンチャンプルーになるんじゃないか」と。

 

炒めてみよう

というわけで、カップヌードルそうめんからソーメンチャンプルーを作ってみたいと思います。

フォークで
蓋に穴を開ける

まずはお湯を注いだカップヌードルそうめんの蓋にフォークで穴を開けていきます。

そしてそこからスープを捨てます。カップ焼きそばのジェット湯切りの要領ですね。余談ですが、カップ焼きそばにありがちなお湯を切ってる時に蓋が開いてキッチンシンクに麺がこぼれてしまうという悲劇ですが、この湯切り穴が付くようになってからぐっと減ったと思います。考えた人すごい。

完全にスープを捨てました。

あとは油を引いたフライパンでそうめんを炒めていきます。ソーメンチャンプルーを作るときはそうめんが絡みがちなんですが、油を多めに入れるのがそうめんがダマにならないコツらしいですよ。

さっと炒めたら、ソーメンチャンプルーの完成です。味付けはスープの味があるので特に何も入れませんでした。お湯を入れてから3-4分で完成。超お手軽です。

 

プットゥルーにもしてみよう

なんかあまりに簡単にできてしまったので、別の調理法も試してみましょう。ソーメンチャンプルーという呼び名ですがこの名称が定着したのは割と近年で、もともとは「ソーメンタシヤー」とか「ソーメンプットゥルー」と呼ばれていたようです。

「タシヤー」は炭水化物を炒めた料理の呼称、「プットゥルー」は糊状のものがフツフツと沸騰する様をあらわす呼称ということでプットゥルーが名前につく料理は芋のデンプンを炒めた「ウムクジプットゥルー」などがあります。

ということで、

お湯で戻していないカップヌードルそうめんをフライパンに直にあけて

そこに水を加えて火にかけて、プットゥルーさせてみる、という方法も試してみます。

全然麺が戻らなくて、ちょっと焦りましたが

こちらも見た目はそれっぽくなりました。スープを捨てたやつより色が濃いですね。これは麺がスープを完全に吸ってるからだと思われます。というわけでプットゥルー版も完成です。

 

カップヌードルそうめんチャンプルーはうまいのか

さて、とりあえず料理が出そろいました。

右がカップヌードルそうめんを炒めたやつ、上がプットゥルーしたやつ、左は近所のスーパーで買ってきたソーメンチャンプルーです。

早速味見をしてみましょう。まずは炒めたカップヌードルそうめんチャンプルーから。


これ…うまいぞ

…うん。これめっちゃうまいわ。

そんなに期待してなかったんですが、ほのかな和風スープの出汁と生姜の味がマッチしてめちゃめちゃうまいソーメンチャンプルーが出来上がりました。具に鶏肉が入ってるんですがそちらも味のアクセントになっています。もう、こう沖縄県民はカップヌードルそうめんを炒めて食べた方がいいんじゃないのかってくらいのうまさなんですが、いかんせん写真の顔が全然美味しそうじゃなくて恐縮です。


塩辛い

一方、フライパンの中で戻したプットゥルー版。これは塩辛すぎでした。作る段階でスープを減らせればよかったんですが麺と一緒に粉末スープも入っているカップヌードルだと調整は難しそうです。また、水が少なかったのか麺が戻ってないところと戻ってるところでちょっとムラがありました。これはあまりオススメできなそう。


こっちがうまい

なんか炒めたやつが割と美味しくて盛り上がってしまったんですが、本家ソーメンチャンプルーとも味を比べてみます。こうして食べ比べてみるとソーメンチャンプルーってツナとニラとかシンプルな具で、味付けも若干の塩やしょうゆというものが多い気がします。

一方カップヌードルそうめんを炒めたやつは出汁がきいてるので普通のソーメンチャンプルーよりも一段階上を行っている気がします。これは好みの問題なのかもしれませんが、断然カップヌードルそうめんを炒めた奴の方がうまいという結論になりました。

 

図らずも成功してしまった

miooonにも好評
事務所のみんなにも好評

というわけで、「カップヌードルそうめんを炒めたらソーメンチャンプルーになるんじゃないか」という本日の企画、もっとどうしようもないオチになるんだろうなぁと予想してたんですが普通にこれオススメです。下手なソーメンチャンプルーよりうまい奴ができますので皆さんも是非お試し下さいませ!

…なんか僕の記事って大体失敗することが多いので、酷い結果を期待していた方は申し訳ありません。

まぁ、これを機に日清さんはカップヌードルそうめんに湯切り機能を付けた「カップヌードルそうめんチャンプルー」を作れば沖縄ではバカウケすると思うので是非とも実現をお願いしたい所存でございます。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ