2017.12.01

石敢當の高さからマジムンの身長を慮る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マジムンの身長っていったいどのぐらいなのだろう。壺屋やちむん通りの石敢當の高さを計測することで割り出してみた。

壺屋の路地で石敢當ハンティング

沖縄の住宅外壁や路地などに、マジムン(魔物)除けとして設置されている石敢當(いしがんとう)。
その形状から、本土の人間が表札と勘違いし「沖縄には石敢當さんという名字の人が多いね」と言ったという笑い話もあります。
元々は中国伝来のものだと言われており、道を直進する性質のあるマジムンに対して丁字路や三叉路に設置しておけば、石敢當に当たったマジムンは砕け散るというなかなかマジムンにとっては物騒なシロモノとなっています。

さてそんな石敢當について。
今回は設置されている高さに注目してみたいと思いますが、わりと地面からの高さがバラバラな印象なのです。
目的から考えると、石敢當の高さはマジムンの中心である心臓のあたりに設定するのがベターなはず。
(まあマジムンに心臓があるのかどうかは分かりませんが)

ということは。ということはですよ?
特定のエリアに設置された石敢當の地面からの高さを測って平均を出せば、その地域に出現するマジムンの身長を慮(おもんばか)ることが出来るのではないか。そう考えついたわけです。大丈夫、正気です。ブラウザ閉じないで。

今回は石敢當がたくさんありそう、かつ歩いていて楽しそう、ということで、那覇市壺屋にあるやちむん通り周辺で実地調査を敢行しました。

ishiganto01.jpg

 

妖怪・巻き尺女、現る

市場通り商店街側からスタート。
視界斜め下に目を光らせつつ、ずんずん歩を進めていきます。

ishiganto02.jpg

と、南窯(ふぇーぬかま)を少し過ぎたあたりで第一石敢當を発見。

ishiganto03.jpg
どこにあるか分かるかな?「壺屋焼シーサー」と書かれた白い縦書き看板の下あたりにあるよ

改めて注意して探してみると、電柱に隠れていたり壁の色に溶け込んだりと、案外わかりづらいものも多いです。
そんなときにはさきほどの、石敢當は丁字路や三叉路の突き当りに設置する、という点を意識してみると見えてきたりします。

ishiganto04.jpg

というわけでさっそく高さを計測していきましょう。

ishiganto05.jpg
今から妖怪・巻き尺女と化します

ishiganto07.jpg

記念すべき一発目の石敢當の高さは88.5cmでした
この調子でどんどんサンプルをとってきましょう。
 

ひたすらサンプル採取

発見!
すかさず計測!68cm、と。
発見!
すかさず計測!40cm、と。

ishiganto07.jpg
はっけ...いや、住所表示やん

たまに紛れているトラップに気をつけつつ、観光客やお店の人に怪しまれつつ、消して折れない強い心で次々とメジャーを繰り出します。

66cm
58cm

ishiganto15.jpg

そうこうしているうちにやちむん通りの反対側、国道330号線までたどり着きました。
まだまだサンプルが足りないのでここで折り返して、こんどは裏通りも含めて歩いてみることにします。
以下、ひたすら石敢當の写真が続くので、もう石敢當はおなかいっぱいだよ!という方は読み飛ばしていただければと思います。

22.5cm(今回のサンプル最低地点)
77cm
表札に並列されている珍しいパターン
148.7cm(今回のサンプル最高地点)
93cm
すぐ横にはシーサーも埋め込まれていて鉄壁の守り
123cm
85cm
57.5cm
70cm
46cm
93cm
74.8cm
68.5cm

マジムンの身長やいかに

というわけで、壺屋やちむん通り+裏通りで合計17個のサンプルを採取できました。
いちばん多かったのはやはり大人のすね〜膝あたりの高さだったような印象ですが、地面からすぐに設置されているものもあれば、胸の高さほどのものもあり、わりと自由に設置されている印象でした。
さてそれでは、お待ちかねの結果発表です。
壺屋やちむん通りを徘徊しているマジムンの身長はおよそ・・・・・・
(ドラムロール)
75cm!!!
・・・・・・。
だからなに?って感じですよね。私もそう思います。
マジムンに近しい例として『妖怪ウォッチ』のキャラクターを参考にしてみると、
・コマさん 身長75cm
・ブシニャン 身長76cm
あたりが近いようです。知らんけど。
これから忘年会シーズンなので、飲みの席で「壺屋のマジムンの身長知ってる?」と友人に披露してみてはいかがでしょうか。1分ぐらいは間が持つかもしれません。
今回を「壺屋編」としていろんな地域でマジムンの身長を割り出してみようと考えていましたが、たぶん、もう、やらないと思います。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ