ZOZOSUITの柄はジンベイザメなんじゃないか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
着て写真を撮るだけで体の採寸ができる「ZOZOSUIT」。あの特長的な水玉模様は完全にジンベイザメのそれなのではないだろうか。ということは、ZOZOSUITでジンベイザメになれる...?

未来の採寸のカタチ、ZOZOSUIT

ファッションECの「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイが開発した採寸ボディースーツ「ZOZOSUIT」。

ぱっと見は水玉模様のタイツなのですが、これを着て専用のアプリで写真を撮ることで全身の採寸ができてしまうという優れものです。ZOZOSUIT自体は無料で入手できるというインパクトも相まってかなり話題になりました。

とりあえず無料でもらえるならば、と注文したZOZOSUITが手元に届き、実際に採寸してみてその手軽さに驚いたりしたのですが、僕はひとつ気になることがあるのです。

この水玉模様、


完全に一致

ジンベイザメみたいだなぁ、と。

ZOZOSUITでジンベイザメになりきる

というわけで、皆さんこんにちは。やんばるたろうです。私事で恐縮ですが、6月22日に娘が誕生しまして二児の父になりました。これから、ふと思いついた「ZOZOSUIT=ジンベイザメ」を検証したいと思います。本日は勢いだけの記事ですが、こういう記事は娘が物心つく前に済ませておくに限ります。

まずは皆さん。上の写真をご覧下さい。これがZOZOSUITを着た中年男性です。こうやって普通に立っていると全然ジンベイザメ感が無いのですが、この模様は完全にジンベイザメなんじゃないかと思っています。まずはポーズを変えてみましょう。

ポーズを変えることで一気にジンベイザメっぽく…!

 

オーケー。

皆さん落ち着いて下さい。まだ特集は始まったばかりです。

ポーズを変えたことで、500メートルくらい先から薄目で見たら「ひょっとしたらジンベイ…?」くらいにはなったと思います。ここから寄せていきましょう。

まずはジンベイザメについて検索して、ここからの道のりを考えてみます。


Google画像検索「ジンベイザメ」の結果

ジンベイザメと見比べて見ると色の違いは目をつぶるとして、肩のフォルムあたりはジンベイザメの頭としてなかなかいい線いってるんじゃないでしょうか。

つまり人間の頭部分が不要。

そこで用意したのは白いビニール袋。


前衛芸術みたいになった

これを被ることで、人間の頭部分を後ろの白い壁と同化させて消し去ろうという試みです。関係無いけど闇金ウシジマ君でこんな風に監禁されてる人が居た気がします。

よし。さっきのポーズを取ってみましょう。

 

いかがでしょうか。

そんなに頭が壁と同化してないので、違和感しかないと思いますが、薄目で頭は無視して見てみてください。なんとなく似てきたのでは…?

困惑している読者の皆様の顔がなんとなく思い浮かびますが、この特集ずっとこの調子で続きます。

続いてジンベイザメに必要な要素を考えた時に必要なもの。それはヒレじゃないでしょうか。

というわけで厚紙を切り出してヒレを作ります。

ヒレです。尾びれ、背びれ、手の部分のヒレを作りました。

これでぐっとジンベイザメに近づいたハズです。ではいざ…!

 

ごめんなさい。

遠くなりました。ゴールがどこかは分かりませんが、現在地から1kmくらいは遠くに離れた気がします。

なんとなく背びれの大きさが違う気がするので再度大きさを調整。位置も変えてみます。

だんだん自分が何をしてるのか分からなくなって来ました。

が、ビニール袋の頭を意識から消すと、そこそこジンベイ感が出てきている気もします。これはあと一息なんじゃないでしょうか。

 

ZOZOSUITはジンベイザメなのか

これ以上打つ手が無くなってきたので、そろそろ細かい所を詰めて行きましょう。

まずは足。裸足が見えていると違和感があるので、ZOZOSUITの下に黒いタイツをはきました。

これ黒い靴下で良かったんですが、事務所に大量に黒いタイツがあったのでそれを使いました。黒いタイツが沢山ある職場ってなんか嫌ですよね。

続いて、ジンベイザメといえば美ら海水族館のジンベイザメにはいつもコバンザメが付いています。以前記事で紹介したジンベイザメの変形ロボが手元にあったのでこれでコバンザメを代用します。

あとは被っている袋に空気穴を開けました。空気穴の無い状態で何度もポーズを取っているとものすごく息苦しくなるからです。空気は大事。

最後は目。分かりやすい目があったほうがジンベイザメ感が出るのではないかと思います。100鈞の発泡スチロールのボールを使用(過去にこの記事で使った余り)。

さあ、いよいよクライマックスです。皆さん。見てください。

ZOZOSUITは

ジンベイザメに…

 

な…る?

すみません。割といい線行ってると思うんですが、判断は皆さんにお任せしたいと思います。とりあえずやりきったので僕は満足です。

 

とりあえず腹筋と背筋が疲れました

というわけで「ZOZOSUIT=ジンベイザメ」を検証してみたわけですが、なんだかぼんやりとした結果に終わってしまいました。いや、これではっきりと似てなかったらもっと困ったことになったんですけど。


ピントがズレてたらそれなりにジンベイザメに見える

この記事を書いている7月3日、ZOZOSUITの採寸を利用したオーダーメイドスーツがZOZOTOWNで発売されることが発表されたということで、まだまだZOZOSUITまわりはホットな話題が多いようです。そんな折、ちょっとだけこの記事の事を思い出して頂ければ幸いです。

「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの前沢社長といえば、123億円でバスキアの絵画を落札したことでも有名ですが、DEEokinawaも1億円くらいで買ってくれないでしょうか。社長、お待ちしております。

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ