おきなわのもの、なんでもホットサンドにしてしまえ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ハンバーガーをワッフルメーカーで挟んで焼くとうまいという記事を見かけたのだが、同様に沖縄のものをホットサンドメーカーに挟んだらうまいんじゃないか

ホットサンドが好きだ。

ただのサンドイッチをホットサンドメーカーに挟んで焼き上げるだけで、なぜホットサンドはあんなに美味しいのでしょうか。とろり、とパンからあふれ出すチーズもカリッと焼けたパンの香りも食感も全てが完璧な食べものだと僕は思っています。


我が家の話題を一瞬さらったホットサンドメーカー。長らく冷蔵庫の上に置かれていた。

そんなホットサンドにも一つだけ難があるとしたら作るのがめんどくさくなって作らなくなることだと思っています。ホットサンドメーカーを購入して、ホットサンドに舌鼓を打ち、その後ホットサンドメーカーを台所にしまい込んで二度と使わない…そんな経験をお持ちの方もいらっしゃると思います(僕だけ?)。

そんな僕ですが、最近【2分で完成】マクドナルドのハンバーガーをワッフル焼きした『マッフル』が革命的にウマい / アメリカ人「こんなの食べたことない」 | ロケットニュース24という記事を読みました。これ、ホットサンドメーカーでも同じことができるのではないでしょうか。

というわけで、沖縄を代表する食べものをいくつか用意してきました。これをホットサンドメーカーに挟んで焼くことで全く新しい食べものが生まれるのではないでしょうか。期待に胸が膨らみます。

いざホットサンド

冒頭でホットサンドのおいしさについて語りましたが、他に語ることもないのでさっそく準備したものを順々にホットサンドメーカーに挟んで試してみたいと思います。

ちなみに今回用意したホットサンドメーカーですが、ムーミンのキャラクターが焼け目につくというメルヒェンな感じのものになっています。急にムーミンのキャラクターが出てきますが混乱の無きようお願いします。ではいきましょう。

 

ゴーヤーバーガー

まずは沖縄のファーストフードジェフのゴーヤーバーガー。

卵とじされたゴーヤー、チーズが挟まれています。マヨネーズソースは若干甘めでEGGOマヨネーズっぽい味わいです。

ホットサンドメーカーは3分余熱。焼き上げも3分でタイマー設定します。

さて、どんな風になったかというと…。

結構ちゃんと焼けてる!

パンが押しつぶされてカリカリに。中身はこんな感じになっています。これはものすごく美味しくなっている気がします。

どれどれ…?

普通。

なんだろう。嫌いな味でないし、まずくなっているわけじゃないのですが、そこまでの感動がないというか劇的に美味しくなっている感じでは無さそうです。ゴーヤーバーガーの上位メニューにさらにポークが挟まれた「ぬーやるバーガー」があるのですが、肉的なものが入っていたほうが美味しく仕上がりそうです。

 

ポークたまごおにぎり

続いてはポークたまごおにぎり。沖縄のおにぎりといえば油味噌かじゅーしぃかポークたまごの三択じゃないでしょうか。これはファミマのポークたまご+シーチキンマヨネーズがはいったもの。

レッツホットサンド!

3分焼いたのですが、全然見た目に変わりがなかったので6分加熱しました。

表面に焼き色がつき、ご飯が焼きおにぎりみたいになりました。では味を確かめてみましょう。

たいして変わらない。

ポークたまごおにぎり自体がそんなに高さがないので、もっとぎゅっと焼かないと美味しく仕上がらない気がします。期待したほどの変化もなく、企画の今後を憂う顔になりました。

 

のまんじゅう

続いては沖縄3大まんじゅうのひとつ、「のまんじゅう」。最近はスーパーなどで似ようなやつをみますが、ちゃんと首里の儀保にある店舗にて購入してきました。

焼き上がりがこちらです。ちゃんと焼き色がつきました。うまそう。

うん。うまくなってる気がするんですよ。でもそこまで感動がない…。

 

こんぺん

だんだん企画に暗雲が立ちこめてきました。続いてはこんぺん。ピーナッツ餡が入ったお菓子でお盆や清明では仏壇周辺でよく見かけます。

正直あまり期待してなかったのですが、模様だけはものすごくくっきりつきました。

味は平たいこんぺんです。

 

ゼブラパン

ホットサンドメーカーに挟めば何もかもがおいしくなる…40年間そう信じて生きてきましたがこれまでの結果を見て自信を喪失しつつあります。

続いてはオキコを代表するピーナッツクリームパンのゼブラパン。

黒糖の層もあって、地層みたいな断面が見えます。

さすがに全部は入らないので半分に切ったものを挟みます。

焼き上がり。すごくぺっちゃんこになりました。

さて、味の方はというと…

…!

めちゃめちゃうまくなってる!!!

外側のパンはさっくり。そしてピーナッツクリームが焼けることによってカリカリになっていて食感にアクセントを加えています。これこれ!こういうのが結果に欲しかったのです。

これはみんなにお勧めしたいし、これだけを売るパーラーとか作っても全然やっていけるんじゃ無いかと思います。

 

塩せんべい

最後は事務所にあった塩せんべい。ちょっと前にmycoが1年分当てたやつのお裾分けです。

高さがないとホットサンドにならないと思い、3枚重ねにしてみましたが、

ホットサンドメーカーが閉まらず2枚が限界。しかもバキバキに割れます。

ちょっと目についたので試して見ただけだったのですが、塩せんべいがサックサクに!皆さん塩せんべいはサクサクしたものだと思ってると思いますが、熱することによりさらにサクサクになってこれまためちゃめちゃうまくなってます。サクサクの塩せんべいのうまいこと!

まぁ、冷静に考えたらホットサンドメーカーというよりもオーブントースターとかで熱したほうがいいと思いますけど。

 

正解はゼブラパンでした

というわけで、沖縄の色々なものをホットサンドメーカーに挟むという企画でしたが、正直やる前はホットサンドメーカーってもっと万能なものだと思っていました。挟んだものはなんでもおいしく仕上がる魔法の機械なのだと。

本命のゴーヤーバーガーがそこまで感動が無くて、微妙な雲ゆきになりましたが、そこでゼブラパン。正解はゼブラパンにありました。

この感動を皆さんに伝えたいのですが、讃える言葉が見つからないのでとりあえずみんなやってみて!としか言えません。やってみて!まじで!うまいから!

月間ベストワースト受付中

関連する記事

フォローしたらいいことあるかもよ

DEEokinawaの新着記事や裏話、面白写真などが毎日届くかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright©DEEokinawa All Rights Reserved.
このウェブサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。すべての著作権はDEEokinawaに帰属します。

ページのトップへ